チャーチをサフィールノワール クレム1925 バーガンディで磨く。

私がここ最近ガッチリハマっている靴クリーム。

それがサフィールノワール クレム1925(Saphir noir Creme 1925)です。

その使いやすさたるや凄まじく、色のバランス、クリームの伸びと香り、そして磨いた後の光沢とどれをとっても極めて素晴らしいクリームとしか言いようがありません。


最高の油性クリーム サフィールノワール クレム1925

Saphir noir Creme1925とは?

1925年のパリ万国博覧会にてサフィールがレザーケア製品の品質で金賞を受賞して以来、継続的な研究と皮革製品や靴業界における世界的なトップブランドとの密接な協力関係によりサフィール・ノワール(MEDAILLE D’OR)は「プロフェッショナル」のためのレザーケア用品としてつくられました。
最高品質のテレピン油やビーズワックス、カルナバワックス、ラノリン、ミンクオイル、ニートフットオイル、植物性油分などの天然原料を厳選し、極限までその配合比率を高めた調合はハイエンドクラスの皮革製品のケアに求められる品質と性能を完璧に満たしており、仕上げやメンテナンス用として世界的に有名なシューメーカーやレザー製品メーカーで採用されています。
また多くの有名ブランドの純正ケア用品のOEMもこのサフィール・ノワールの品質で供給されています。
すなわち、サフィール・ノワール(MEDAILLE D’OR)は高級シューケアブランド サフィール(SAPHIR)の中でも最高品質を誇るハイグレードラインであり、数あるシューケアブランドを代表する珠玉の逸品です。

引用元:http://saphir-jp.com/about/#about03

今回は前々からチャーチ純正クリームの色の微妙な違いが気になっていたチャーチのチェットウインド バーガンディネバダカーフ用にサフィールノワールクレム1925バーガンディを購入したので早速使ってみることにしました。

関連記事:Church’sチャーチのバーガンディクリームはすごい色だった。

チャーチ純正クリームの気になる点はただ一つ。

少々バーガンディにしてはオレンジがかっていること」です。

オレンジがかっているチャーチ公式クリーム(バーガンディ)

とはいえチャーチ純正クリームですから革にはいいのだろうと思って使い続けてきましたが、どうにもシワや革のつなぎ目に明るい色が目立ってきてとっても気になるのです。

そうなるとすぐに行動したくなるのが悲しい性か、気が付くとサフィールノワールクレム1925バーガンディをクリックしていたわけです。(笑)

サフィールノワールクレム1925

サフィールノワールクレム1925ですが、色々なサイトで紹介されているにも関わらず、ちょっと色見本が総じて弱い。ことバーガンディカラーの靴に関してはどの色味を選んでいいか私はさっぱり見当が付きませんでした。

バーガンディカラーの靴を持っていると悩ましい色が2色出てきます。

それが「エルメスレッド」と「バーガンディ」の2色です。

サフィールノワールクレム1925エルメスレッド

ブドウのような色というのが的確な表現かなあと思います。赤みが強い紫でも良いかもしれません。

サフィールノワールクレム1925バーガンディ

こちらはトーンが暗くなった紫。といったところでしょうか。この写真だけだと茶色か?と思ってしまう人もいるかもしれません。

サフィールノワールクレム1925バーガンディとエルメスレッドの比較

左からエルメスレッド、バーガンディ、タバコブラウンです。

タバコブラウンを入れることによってバーガンディが確かにトーンが落とした紫色であることを確認できるかと思います。

では実際にチャーチのバーガンディシューズに合う色はどちらなのでしょうか?


チャーチ ラナ(ポリッシュドバインダーカーフ バーガンディ)

チャーチが世界に誇るポリッシュドバインダーカーフのバーガンディにはエルメスレッドがピッタリ!

しかし、少し演出されている濃い色のところは明らかにバーガンディのほうが相性が良さそうです。

実際に磨いてみる。

サフィールノワールクレム1925をぬりぬり。クレム1925は塗り終わったところがわかりやすくて使いやすいですね。

ポリッシュドバインダーカーフは本当にクリーム不要なのか?

右足:クリーム塗布前です。見るからになかなか乾燥した状態です。

左足:クレム1925で磨いた後です。明らかに保湿され光沢も出ていますね。

やはりポリッシュドバインダーカーフでもしっかりクリームを入れて手入れすることは大事なことが再確認できました。

結局また妻の靴を私が磨いてしまいました。いつものことですが・・(笑)


チャーチ チェットウインド(ネバダカーフ バーガンディ)

チャーチのネバダカーフのバーガンディにはカラー通りのバーガンディがピッタリ!

色が褪色した部分にはエルメスレッドの色味が近いですが、それではチャーチ純正クリームを使うのと変わりがありません。

実際に磨いてみる。

さー!皺が明るい色で目立ってきたチェットウインドを磨くぞー!おー!

・・・

!?

なんじゃこりゃあ!

見たこともない擦り傷がありました。(涙)

でもこの程度なら私の経験上大丈夫です(なはず)

サフィールノワールクレム1925をヌリヌリ。

磨き上げるとこの通り!サフィールノワールクレム1925はBriftHでも補色のためにThe Creamと使い分けされているだけあって染色能力が極めて高いのです。(良かった・・・!)

サフィールノワールクレム1925で磨き終わったチャーチ チェットウインド ネバダバーガンディ。革自体から程よい光が出ているのが確認できますね。やはりこのクリーム、良いです!

チャーチ純正クリームを含めた色見本

せっかくなのでチャーチ純正クリームと合わせて色見本を作ってみました。

  • 左:クレム1925エルメスレッド
  • 中:チャーチ純正バーガンディ
  • 右:クレム1925バーガンディ


クレム1925 バーガンディのまとめ

ということで、チャーチをサフィールノワール クレム1925 バーガンディで磨く際は・・・

  • ポリッシュドバインダーカーフの場合 → サフィールノワールクレム1925エルメスレッド
  • ネバダカーフの場合 → サフィールノワールクレム1925バーガンディ

という使い分けが良さそうです。ただどういったクリームを使って靴を育てていくかはそれぞれのオーナーの楽しみ方ひとつだと思いますのであくまで参考程度にというところですね。