蟹の肩肉まで入ってる!北海道根室市生ずわいがにしゃぶ2kg【2017年ふるさと納税返礼品】

さてさてふるさと納税返礼品の第二段が届きました。

ふるさとチョイスを利用してからというもの、毎週何かが届きます(笑)

一気に申し込むものじゃないってことがよくわかってきた2品目です。

さあ、今回は一体どこの自治体だ!?

 


根室海鮮市場〈直送〉生ずわいがにしゃぶ2kg

もう見るからに海産物のパッケージだったのでわかってはいましたが根室市からの返礼品「生ズワイガニ2kg」でした♪

根室といえば海産物の街ですが、その中でも蟹については根室産は圧倒的に高い品質だということは道民にとって周知の事実だったりします。

 

カタログ等をよけるとこの迫力!

え、2kgの蟹って思ったより多い!?(笑)

手に持った感じもかなりのズッシリ感です。

 

北海道根室市からドドンと届いた蟹の3点セット!

これはどれを食べても美味しい部位です。しかも切り込みが入っているので調理も楽。

蟹鍋に、蟹しゃぶ、蟹の味噌汁、炊き込みご飯と想像が止まりません!

 

北海道 根室市について

蟹について触れていきたいところですが、やはり返礼品ですので自治体について触れない訳にはいきません!

私が今回寄付したのは同じ北の大地の都市となる根室市です。

 

 

上記画像より

北海道の東端、根室市。太平洋とオホーツク海の豊かな水産資源に恵まれ、北方漁業の基地としても発展してきました。中心部では都市機能も充実しています。

一方、ラムサール条約登録湿地となった「風蓮湖・春国岱」をはじめ、日本で観察できる野鳥の半数ともいわれる約3百種を観察できる「野鳥の楽園」でもあります。

暮らしに必要な都市機能や賑わい、ほかでは見られない雄大な自然。

根室市のどんな魅力に惹かれてこの地を訪ねるか、その選択肢はかなり豊富です。あなたらしい「旅」「楽しみ」、この街なら見つかるかもしれません。

是非とも、お送りいたしました品を通じて、根室市の魅力を身近に感じていただけたら幸いです。

 

根室市の場所

根室市といえば北海道にある日本最東端の市として有名です。

東端にある納沙布岬からは北方4島のうち歯舞諸島を目視することもできます。

北海道にある都市ですが、半島に位置することから海洋性気候に恵まれており冬期は北海道の中ではかなり雪が少ない街だそうです。

 

根室市の名物

なんといっても雲丹、秋刀魚、牡蠣、カニ(ズワイの他に花咲カニなども!)に代表される水産資源が一番ですが、私がおススメしたいのはレストランどりあんにあるエスカロップです。

エスカロップとはタケノコを混ぜたバターライスにトンカツを載せて特製のデミグラスソースをかけた料理で日本でもこの東端にある根室市でしか食べられないレアなガッツリ系ご当地グルメです。

20代のころ、会社の出張で7-8時間ほど車を走らせ辿り着いた根室。

そこで食べたこの味は未だに忘れることはありません。

http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/nmrgsdb/1grumet/1glnm-durian.htm

※根室振興局のウェブサイトで紹介されるほどの名物グルメです!

 

根室の不思議 根室車石


根室車石 (トリップアドバイザー提供)

根室にある花咲き灯台の断崖絶壁にある不思議な岩が根室車石です。

玄武岩の特性により長い年月をかけて車輪のような形状になっていったそうです。

ここまでの規模のものは世界でもなかなか無いこともあり、国の天然記念物に指定されています。

 

 


内容物を確認する

さて今回「根室海鮮市場〈直送〉生ずわいがにしゃぶ2kg」で送られてきた返送品は全部で3つの部位がありました。1つずつ確認してみます。

 

ズワイ蟹の爪!

まずはズワイガニの爪!

よく蟹フライで見かけるアレです。

爪先以外の殻は取り除かれており、そのままフライにしたり茹でるだけで食べることができそうです。

 

ズワイ蟹の足!

蟹といったらやっぱりこの足でしょう!

こちらも蟹の爪と同様に根本部分以外の殻は取り除かれており、そのまま焼いたり茹でたりとすぐに調理することができる形になっています。

 

ズワイ蟹の肩肉!

なかなか単体では見ることの少ない肩。

意外と肉が詰まっていて食べ応えがある部位です。

ほぐした身を蟹ご飯にしても良いですし、みそ汁に入れてもGOODですね!

 

大きさがすごい

何よりビックリしたのが大きさです。

私の指との比較しかないのですが、2kgという量なので小さめのものが大量なのかも?と思いきやなかなかの大物で嬉しい誤算です。

この重量感!

 


ズワイガニを食べてみた

今回のズワイ蟹は全て生なのでこちらで調理する必要があります。

ということで早速茹でてみたらこれがもうスゴイ!

溢れる蟹エキス!

蟹の爪はハサミの部分を可動方向と反対方向にちぎると綺麗に肉が取れるのですがそうすると蟹エキスが溢れて溢れてもう大変!スーパーなどで売っている蟹だとなかなかこうはいきません。

さすが産地直送!さすが根室市!

 

改めて3つの部位を確認

今回食べたのは真ん中にある蟹の爪ですが、他にも肩肉や足が残っています。

爪自体も半分近く残っており、当分蟹づくりな毎日が続きそう♪

 

春先にもブランド毛ガニの返礼品がスポットであるらしいので蟹関係は要注目ですね!

 

暮らし
この記事をシェアする
SNSで「ミウラな日々」をフォローする!

この記事も読まれています

この記事も読まれています

ミウラな日々
タイトルとURLをコピーしました