Huluで最高にお腹が減る番組ハンバーガーファイト


海外のリアリティショーほど楽しい番組は無い!

実は前々からHuluファンの私ですが、激アツのリアリティ番組を発見してしまったのでご紹介させてください。

その名もグレイト・ハンバーガー 史上最高の激うまバトル

画像出典:http://www.hulu.jp/the-next-great-burger

グレイト・ハンバーガー 史上最高の激うまバトルとは?

アメリカ東海岸を舞台に全米からあらゆるバックボーンを持つ料理人が各々のシグネイチャーバーガーを持ち寄りそのアツい想いをバーガーに入魂しその味を競う料理バトル番組です。アメリカンリアリティー番組らしく至る所でエレキギターの効果音が入るところがたまりません。笑

ルールは非常にシンプルです。毎回3人のバーガーマスターがバトラーとして登場します。ジャッジは二人、コメディアンのオーウェンとシェフのJJジョンソンです。JJジョンソンはエスクァイア誌のベストレストランにも選ばれた著名人。まずは各々2つずつ自慢のバーガーを作りジャッジに試食してもらいます。その審査基準は大きくに分かれます。病み付き度、創造性、調理の正確さです。

エスクァイア:http://www.mensclub.jp/esquire/recommend/esq16_0315g/

ジャッジは本当にバーガーを愛しており、バトラーが作ったバーガーに舌鼓を打ちながら褒め称え時に厳しくアドバイスを送ります。ただどう考えても第四の評価基準「チーズの溶け具合」が入っているのがアメリカらしくて面白いですね。何かとチーズが溶けているだの溶けていないだのというキーワードが聞こえてきます。笑

要所要所でバトラー達のインタビューが入り、彼らのリアルな思いを聞くことができます。隣のバトラーを徹底的に批判したり、悔しいながらコッソリ褒めたりと。ただ面白いのが決して失敗を失敗だと表現しないところですね。自信がない様子は絶対的に許されない欧米社会特有の空気感を感じます。

そしてそこから一人だけが脱落し、二回戦がはじまります。二回戦では会場にいる観客約60人前のバーガーを作り、食べてもらいます。そして観客は好みのバーガーの方にコースターを投票します。最終的に勝者は観客が決めるガチなスタイルなんです。

バーガーに使われるパティはバトラーによって様々なのも特徴です。神戸牛100パーセントの人もいれば、牛ぶた合挽きであったり、リブロースを使ったりと各々がベストだと思うパティをその場で調理します。面白いのがほとんどのパティが150−180gもあること。マクドナルドのパティ4枚分はありますね。笑 また具材の量もすごい。大抵はその分厚いパティに4−5種類の具材が入ります。見た目的には絶対一口で食べれないのにアメリカ人たちは包み紙も使わないで器用に食べていきます。きっと上手い掴み方があるんでしょう。

バトラー達のバックボーンも本当に多種多様でレストラン経営者やフードトラッカー、ハリケーンで店が流されて再起を狙う男や留学によって得たイタリアンテイストを押し出す女性や、いたって普通のチーズバーガーを進化させたという男。なんでもかんでもテキーラかけちゃう女性もいればはたまた自宅でヨウツベを見ながら最高にバーガーを追い求めているパパなど、本当に様々な人たちが多いです。


食べたくなってしまうビーフなバーガー

そんな彼らを眺めているとやっぱりバーガーが食べたくなります。あまりの刺激の強さに近所の本格バーガーショップHOTBOXで番組に登場しそうなバーガーを注文してしまいました。(もちろん大満足)

あまりにハンバーガーが食べたくなったので函館の名店Hotboxでテイクアウト

分厚いビーフパティをダブル、チーズにパインにベーコンをトッピングした最強バーガーです(笑)

Hotpepper:BURGERSHOP HOTBOX


Huluで視聴URLはこちら

Huluでは全6話が絶賛放送中です。バーガー好きな方は是非一度視聴してみてはいかがでしょう。

URLはこちら:http://www.hulu.jp/the-next-great-burger

(終わり)

おすすめ記事

おすすめ記事

この記事をシェアする