関連コンテンツの表示が崩れた時の対処法【アドセンス】

ブログを運営している人なら誰もが導入しているグーグルアドセンスの関連コンテンツ。

先日、何となく自分のブログを眺めているとちょっとしたことに気が付きました。

 


関連コンテンツの表示が崩れている!

 

・・・おや?

Googleアドセンスの関連コンテンツの表示がちょっとおかしいぞ。

通常8つ表示されるバナーが4つだけしか表示されていない上に、左下にはなぜか欠けたバナーが表示されており、明らかに表示が崩れています。

 

これはちょっと参ったなあと思い、ウェブ上で情報を探すものの特に解決に結びつく情報を見つけることが出来ず。

モバイルサイトも同様の現象に

もしやと思いモバイルサイトを見てみるとこちらもおかしなことになっていました。

通常13行表示されている関連コンテンツが6行しか表示されておらず、残りの部分は不自然な空白表示になっていました。

 

原因について考える

ウェブ関係のトラブルは”何かをしない限り発生しない”が原則です。

機械とは異なり、経年劣化はあり得ません。

なので、ソフトウェアのバージョンアップだったり、サイトのレイアウト変更などを行ってない限り発生しないはずです。

しかし今回はいずれも思い当たる節がありません。

うーん・・・。

 


HTTPS化

と思ったら1つだけ該当しそうな要因がありました。

それは今月初旬に行ったHTTPS化です。

HTTPS化とは?

まずは実際の例をご覧ください。

  • https化前 http://miura-na-hibi.com/
  • https化後 https://miura-na-hibi.com/

このhttpの後にsがついたものがHTTPS化したウェブサイトになります。

ざっくりと解説するとhttpと頭に付いている場合は「miura-na-hibi.comの情報をブラウザに表示してね!」という指示文になるのですが、これがhttpsになると「miura-na-hibi.comの情報を暗号化してからブラウザに表示してね!」という指示文になります。

これによって第三者に情報を抜き出されたりするリスクが非常に減る訳です。

さらに今GoogleはサイトのHTTPS化を強力に推進しており、かつ諸々の事情でコストをかけずHTTPS化できるタイミングがあったことからHTTPS化に踏み切ったわけでした。

ということで今回該当するのはHTTPS化かなあと。

 


Googleに問い合わせ

とはいうものの、アドセンスではサイトをhttp以降で登録するので管理画面を眺めたところでhttps化に関わる設定項目はありません。

*登録はmiura-na-hibi.comで行われているため。

 

ということで、自己解決は諦めてアドセンスの問い合わせ画面からグーグルに問い合わせをしました。

 


無事に治りました。

3~4日後、、、

無事に直っていました!

*毎日見ている訳ではないので正確な日数はわからず

ということで、関連コンテンツの表示が崩れた場合は、アドセンス管理画面からGoogleに直接問い合わせると直るかもしれませんよ。

 

(終わり)

ワードプレス関連記事はこちら。

画像を自動圧縮するWORDPRESSのプラグイン【Wordpress初心者】
Wordpressにアップロードした画像を縮小したい! wordpress初心者がWordpressを使っているとまず間違いなくこうなります。 初めて自分でドメインを取得して、レンタルサーバーを借りて、ブログで記事を描く。こ...
【Wordpress初心者】勝手にコメント欄に記事タイトルが書き込まれるときの対処方法
お、コメントいただいた。やったー!あれ、なんだこのコメントは。 wordpress初心者が陥りがちな罠の一つです。 こんな感じでコメント欄に他の記事のタイトルが投稿されます。 これはスパムなの?だけどスパム対策プラグインは入れ...
タイトルとURLをコピーしました