江戸屋スエードブラシは最高に使いやすかった

憧れの手植えブラシ江戸屋

スエード素材の靴。雨や雪に強いといわれ、主に秋冬を中心に我々を楽しませてくれるちょっとだけ遊び心が入ったアイテム。初めて履いたときは大人の階段を一段昇った気になったものです。(2-3か月前の話ですが)

実は前々からこのスエード靴のメンテナンスにあたり、「何かが足りないなあ」という気持ちがありました。

一般的にスエード靴のお手入れ道具は下記の4パターンに分かれます。

1.クレープブラシ(ゴムブラシ)

画像出典:saphir-jp.com

2.一般的なスエード用金属ブラシ

画像出典:saphir-jp.com

3.豚毛ブラシ

画像出典:amazon.co.jp

4.固形クリーナー

画像出典:amazon.co.jp

私自身は1.生ゴムクレープブラシと3.豚毛ブラシ、4.固形クリーナーの3つを持っていましたが、毎日の簡単なケアという意味では意外と使いやすいものがないなあというのが率直な感想でした。

というのも、クレープブラシはどちらかというと汚れ落としの側面が強く、毛並みを整えるといった意味では力不足。豚毛ブラシは確かに革には優しく毛並みも整いますがあまりホコリが取れない。固形クリーナーに至っては完全に汚れ落とし用です。

そうなるとやはり毛並みを整えつつ、ホコリもしっかりと掻き出してくれるブラシがほしいのですが、購入時にチャーチからは「金属ブラシは革に強すぎるからやめた方が良い」というアドバイスを受けたのもあり、いまいち金属ブラシには目を向けることもなくただ日々が過ぎていきました。

【旅行記】ロンドンのジャーミンストリート。その3(チャーチでブーツ購入編)

そんなある日、いつも通り革靴関連の情報を目当てにネットサーフィンをしていると私のニーズにピッタリな商品を見つけました。しかも在庫数は残り1つ・・・。こういう展開にとことん弱い私はまた妻に相談する前に購入ボタンを押してしまうのでありました・・・。

最高のスエードブラシ、「江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用」

古き良き〇江マーク付きの紙袋でやってきました。

紙袋の中にはさらに白いビニール袋

江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用

さあ、ついにやってきました!日本が誇る江戸屋のスエード専用ブラシ。

江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用

極上の文字とともに、手植えならではの釘目が光ります。

江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用

手植えされた極細の金属線(燐青銅)

江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用

金属にしては柔らかい手触りながらしっかりとしたコシも持っています

江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用

極めて細い金属線を密に手植えしているため、角度によってまったく異なる光沢となります

江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用

これなら革に優しいながら、しっかりと汚れを掻き出してくれそうです

江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用

持ち手には嬉しいひも通し用の穴が開いています。


「江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用」でチャーチのスエードブーツをケア

Church’s ketsby suede boots 80G

豚毛ブラシでケアしていたものの、ほこりが取り切れていない私のチャーチケッツビー

Church’s ketsby suede boots 80G

トゥ部分もなかなかの状態です

Church’s ketsby suede boots 80G

さっそく江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用でブラッシングです!

Church’s ketsby suede boots 80G

右半分がブラッシング後です。これすごくないですか?毛並みが一面に揃い、ホコリのひとつも残っていません。

Church’s ketsby suede boots 80G

右足側もブラッシングしていきましょう

Church’s ketsby suede boots 80G

金属ブラシというと、どうにもスエードの毛を”削り取っていく”イメージですが、この江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用は豚毛ブラッシングと同じ感覚で”ブラッシング”していくことができます。

Church’s ketsby suede boots 80G

フィニッシュ!課題となっていたスエード面を整えること、そしてホコリを掻き出すことを一気に解決することができました!

妻も江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用を使いました

私がブログ記事用の写真をせこせこと撮っていると妻が興味を示してきました。江戸屋 手植え靴ブラシ スエード用のあまりの効果に自分のシューズにもブラッシングしたい!とのこと・・・笑

ということでもう1足分のビフォーアフターをご覧ください

Church’s jodier 35

これはチャーチのアウトレットで見つけたタッセル付きスエードローファーです。

ブラックスエードなので、なかなかほこりが目立っていました。

Church’s jodier 35

妻もブラッシング!

Church’s jodier 35

どちらがブラッシング前なのか一発でわかりますよね(笑)

江戸屋スエードブラシのおかげでより安心してスエードライフを送ることが出来そうです。

こんなにも素晴らしいブラシを生産していながらも職人不足で様々なブラシが生産停止となっている江戸屋。なんとか技術を若い世代に継承いただき、ブラシの生産に活気が戻ればいいなと勝手ながらに願っています。