ユーロスターのスタンダードプレミアに乗ってみた【一等車の乗車レビュー】

前回まではユーロスターのWEB予約方法、そしてロンドンセントパンクラス駅での乗り方までを解説しました。

今回はいよいよ車内の模様をお伝えします。


ユーロスターに乗り込む

ユーロスターに乗ったらまずはコーチ(号車)が正しいが確認します。eチケットに記載のあるコーチ№とユーロスターの入り口ドア付近にある画面の番号を照合しましょう。

スタンダード(2等車)

スタンダード席が設定されているコーチ4(4号車)はこんな感じです。日本の列車のような狭さを感じます。大型キャリーバッグを置くことができるキャリー置き場も少な目です。

スタンダードプレミア(1等車)

スタンダードプレミアのコーチ3(3号車)、思った以上に広い!車内に設置された座席数が少ないのが広さの理由ですね。

スーツケース置き場もほぼほぼ人数分といったところ。海外用のスーツケースも楽々置くことができました!これは結構安心POINTじゃないでしょうか。

予約していた席にたどり着きました!2人用の座席は日本では珍しい向かい合うタイプなんです。さて、座席番号を確認します。

WEB上で確認していた座席シートです。75番と71番。

座席番号は窓の上に記載されているのでそこを確認すればOKです。間違いなくこの席のようですね。次は気になる席のギミックを確認してみました。

拡張できるテーブル

列車に乗った直後は収納されているテーブルですが・・・。

引き出し口を引けば1.8倍くらいの広さに!これでiPadや食事などをするスペースを作ることができます。

USB充電口、コンセント

USB等のコンセント口は座席によって変わるのですが、このタイプの場合は〇部分にありました!電源コンセントもあるようですが、ちょっと電圧が不安定という情報もあったので事前に充電がしっかりできているなら積極的に利用しなくても良いかもしれませんね。

ユーロスターの座席バリエーション

せっかくなので他の座席も軽くチェックしてみました。日本の列車とは異なり、座席のバリエーションがとても豊富でした。

4人掛けシート

こちらは四人掛けシート。シートは回転させることができないので思いっきり相席な感じになることもありますね。

1人掛けシート

こちらは非常口近くの一人用シートです。一人旅ならこういった席もありですね。ただここは後ろ向きなので酔いやすい人にはオススメできません。

ボックス席

こちらは完全にパーソナルスペースを確保できるボックス席。こちらもまさかの後ろ向き。ヨーロッパでは進行方向と反対側に座る方がスタンダードなんでしょうか。(笑)

ユーロスターのトイレ

トイレ前もとても落ち着きのある空間です。TIMEなどの雑誌も読み放題です。(もちろん英語版です!)こちらで電話をしている人もいました。

ユーロスターのトイレはこんな感じです。かなり清潔感がありますし、広いです。ドアの開閉だけではロックがかからないので注意です。私は一度開けられてしまいました(笑)

無料WIFI

ユーロスターでは無料WIFIを使用することができます。こういうちょっとしたサービスが嬉しいですね。

速度もまあまあ早いのでレンタルWIFIの通信料を節約したい人はガンガン活用してはいかがでしょうか。

ロンドンパリ間の様子

セントパンクラス駅を出発

7時過ぎ、予定をちょっと過ぎてユーロスターが動き始めました。

イギリス南部

イギリス南部の畑地帯。日本とは何かレイアウトが違うような感じがして。

そんなちょっとした気づきも嬉しいひと時。

あまり列車には詳しくないのですが、e320という割と新しめの車両タイプらしく走行音は極めて滑らか。あまり音は大きくありませんが、ここち良い列車の揺れで瞼も少し重くなります。

ユーロトンネルに入る

景色を楽しめるのもつかの間。

あっという間に長い長い英仏海峡トンネルに入ります。暗い。(笑)

スタンダードプレミアの食事(軽食)

トンネルに入ったらすぐに朝食タイムです。

今回は朝の便だったので、とっても朝食らしいミールが出てきました。机の引き出しを引っ張って机を大きくして準備完了です。今回のメニューはこちらでした。

  • クロワッサン
  • ゴマパン
  • デニッシュ
  • ヨーグルト
  • ベリージャム
  • オレンジジュース
  • コーヒー/紅茶

※ちなみに時間帯によってメニュー内容は異なるようです。

デニッシュをサーブしてもらうときに、コーヒーの中に落とされてしまいました!「ごめん、もう1個あげるね!」と言われ、、、結局パンが4つに。ちょっと多すぎるぞ!(笑)

ちなみにスタンダード(2等車)だと飲み物も軽食も自分で購入する必要があるそうです。

フランス北部

ユーロトンネルを抜け、食事を取り終えて目を開くとついにフランスに!プライベートライアンで見たような畑地帯が広がっています。

パリ北駅に到着!

ようやくパリ北駅につきました!

我々がユーロスターを利用したのは5月中旬だったのですが、思った以上に寒い!500km近く移動するので気温も天気もそれなりに変わってしまいます。季節の変わり目などは両方の天気予報をチェックしておくと良いと思います。

時差に注意!

ちなみにイギリスとフランスは時差が一時間あります。

なので7時に出発し、9時過ぎにフランスに着いたと思ったら、10時になっていた!という状況です。移動初日にランチの予定を入れる場合はちょっと遅めにする方が良いかもしれませんね。仮にフランスの12時にランチ予定を入れていると体内時計的には11時に昼ご飯を食べることになってしまう訳です。

まとめ

ということで全3回に渡るユーロスター記事もこれにて〆です。

私が旅に出るときにあったら良いなあと思った視点でまとめてみました!

ユーロスターを利用する方に少しでも役立ったら幸いです。

ユーロスターのWEB予約方法を解説【ロンドンパリ間を鉄道で】
パリとロンドンを繋ぐユーロスター。 どちらかの国を旅行中に1日だけ遊びに行くなんてことも今や現実な今日この頃。 パリからロンドン...
ユーロスターの乗り方を写真付きで解説【実際のチェックインの様子も】
イギリスロンドンとフランスパリを繋ぐユーロスター。 前回はwebサイトからの予約方法をご紹介しました。 今回は実際に乗車...