ロイヤルナショナルホテルは立地最高でロンドン旅行に超オススメ!

先日、ロンドン旅行で6泊8日の旅をビッシリ楽しんだ我々ミウラ夫婦。

その際に宿泊したロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)の立地が非常に良かったので、立地が最強な9つの理由とともに当ブログにてご紹介します。

まずはとりあえずGoogle mapを見てみましょう!

ロンドン中心部からやや北側にあるホテルです。が、

これだけだとどんな場所へのアクセスが良いかわかりませんよね。

いまからご紹介しますよー!

ロイヤルナショナルの詳細はこちら!


1.大英博物館まで徒歩10分程度

イギリスに行ったらやっぱり行きたい大英博物館。

入場料は無料ですし、世界的に貴重な展示物がたくさんあり、あまりの広大な建造物ということもあり1日では到底じっくりと全てを見ることはできません。

それも行くまでにバスやら地下鉄やら乗り継いでいくとなると滞在中に何度もいけませんよね。

でもロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)なら大丈夫。徒歩5分で着いちゃいます(笑)

2.最寄りのバス停はホテルの向かい

ロンドンにきたら1度は乗りたいダブルデッカーバス!

ダブルデッカーの2階席の最前列でロンドンの町並みを眺めながら移動。したいですよねえ。

ロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)ならその夢はすぐに叶います。

だって目の前にバス停がありますから(笑)


3.最寄りの地下鉄駅(ラッセルスクエア駅)まで徒歩3分程度

バスと違ってどこに行くにも渋滞とは無縁ですし、移動速度も速いので利用しない選択肢はありません。その駅もとっても近いです。買い物にいってホテルに荷物を置くのもサクッと出来ちゃう距離でした。

ロンドン旅行でもう一つかかせないのが地下鉄(チューブ)を使った移動。


4.最寄りの公園(ラッセルスクエア公園)は隣!

ラッセルスクエア駅が近いということはもちろんラッセルスクエア公園も近いということです。ちょっと観光に疲れたらパンとかコーヒーを持って素敵なブリティッシュパークで休憩なんてのもアリですね!


5.ノーサンプトン行きのユーストン駅までは徒歩10分程度

もちろん、靴好きにとってもロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)に死角はありません。

ロンドンからノーサンプトンに向かう唯一の列車が出ているユーストン駅。

そこまで徒歩10分です。しかも北に向かって1直線に歩くだけで着きます。(笑)

ノーサンプトンをしっかり楽しむには8~9時代の鉄道に乗車する必要がありますが、ロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)に泊まっていれば普段通り起床して向かうだけでOK。

関連記事:革靴の聖地ノーサンプトンで英国靴を購入する。

6.ホテル内にPUBが併設(LONDON PUB)

個人的にとっても良かったのがこれです。

ホテル内にレストランはもちろん色々ありますが、ちゃんとしたパブが併設されているのはとても助かりました。やっぱりロンドンにきたら1度はパブに行きたいものですが、旅疲れの中ちょっと遠いパブで飲もうもんならホテルまでの帰宅を考えるとちょっと面倒くさくなってしまう面もあると思います。

しかし、ロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)ならホテル内に本格パブ(LONDON PUB)があるため、日中観光して疲れてホテルへ戻る→ちょっと休憩してパブでエールを楽しむ→楽しみ終わったら自分の部屋に1分で戻って寝る。という凄まじいコンボが可能なんです。

夜には平日でも人で賑わう人気店で、もちろん料理も素晴らしいですし、ホブゴブリンなどのエールサーバーも常設されており言うことはありません。

関連記事:夫婦でロンドン旅行(1日目:ヒースロー空港到着編)

7.ホテルの向かいに24時間営業のコンビニあり!

ホテル暮らしをしているとちょっとしたものがほしくなることありますよね。

小さなお土産だったり、お菓子だったり飲み物だったり、ちょっとした食べ物もそうです。

大丈夫です。個人経営の24時間営業のコンビニが2件もあります。

私たちもよくそこでイギリス現地の飲み物を購入していました。

お土産用の紅茶セットやエリザベス女王のポストカードなんかもありましたよ。

8.現地スーパーマーケット(Waitrose)まで徒歩4分

海外旅行好きになると現地のスーパーマーケットが気になってくる方、多いんじゃないでしょうか。

なんとなんと、ロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)。Waitroseというスーパーマーケットまで徒歩4分です。(笑)私たちは大型のVOGAのミネラルウォーターや超美味なサラミ、お土産用の紅茶を買いました。とくに紅茶はオススメですね。Teapigsというブランドの紅茶だと日本で買うと15バッグ1000円程度ですがこちらだと500円程度で購入することができました。

関連記事:夫婦でロンドン旅行(3日目:大英博物館とインド料理編)

9.ドーバーソールが食べれるレストランまで徒歩5分

イギリスにきたらちょっとグルメに興味がある人なら気にならざるを得ないのがドーバーソール(舌平目)ではないでしょうか。

大丈夫です。これも近くにあります。(笑)

徒歩5分のところにしっかりとしたシーフードレストラン「North Sea Fish Restaurant」があります。いわゆるお持ち帰りのtakeawayからそこそこ重厚感のある店内での食事まで楽しむことができますよ!

関連記事:夫婦でロンドン旅行(7日目:V&Aミュージアムと帰国編)

その他にも痒い所に手が届くポイントがたくさん!

宿泊料が比較的安い!

ロイヤルナショナルホテル(Royal National Hotel)は3つ星ホテルです。

ロンドン市内の3つ星ホテルはおおよそ一泊14000-16000円のレンジが多いですが、なんと11000-12000円程度で泊まることができ、非常にお得なホテルだと感じます。

もちろんヒルトンだったりシェラトン系のややラグジュアリー感を求める方には向いていないため、ご注意を。基本的には立地が最強さが売りの普通の大型ホテルです(笑)

バスタブがある!

これ結構重要です。

長旅のなかではどんなに楽しくても体力が限界近くになるときが必ずきます。

そんなときにお風呂で身体を癒せるかどうか、それが翌日以降の旅に間違いなく影響してきます。

ドライヤーが借りれる!

20ポンドのデポジットを現金で預ければ、ドライヤーを借りることができます。

デポジットなので基本的に何日借りても無料!すごくないですか?

日本からわざわざドライヤーをもってきてた妻がなんとも言えない表情をしていました。(笑)

Wifiはもちろん無料!

部屋の机の上にwifiパスワードが書いてある紙があるので到着してすぐに無料wifiを利用することができます。明日の行き先をgooglemapで確認したり、お店の予約時間を確認したり、無料wifiはいまや旅の必須オプションですよね。

コンセントはアダプタがあれば基本的には変圧器いらず

海外旅行で一番気になるのがコンセント問題じゃないでしょうか。

イギリスはプラグの形が日本とは異なるものの電圧は220-240Vなので日本で売っているほとんどの電化製品を利用することができます。とくに充電関係はほぼ大丈夫ではないでしょうか。(大抵100-240Vなので)数百円で購入できる変換プラグさえあれば変圧器は不要です。

created by Rinker
カシムラ
¥561 (2019/08/24 14:03:14時点 Amazon調べ-詳細)

荷物を預かってくれる!

ホテルをチェックアウトした後でも1ポンド程度で1つの荷物を預かってくれます。

最終日って結構荷物の扱い困るんですよね。でもロイヤルナショナルだったら大丈夫です。

遊ぶだけ遊んで荷物を引き取ったらブラックキャブを呼んでもらいパディントン駅に直行。

そしてヒースローエクスプレスに乗ればもう空港です!

※余談ですが空港までの交通機関として地下鉄を選択するのはとてもオススメしません。

滅茶苦茶に混みますし、ただでさえ疲れているのにさらにしんどい思いをすることになります。(しんどかった)

おまけ 各観光名所までの時間

せっかくなので観光名所までの時間をまとめてみました。

  • ビッグ・ベン(地下鉄:23分)
  • セントポール寺院(地下鉄:21分)
  • ナショナルギャラリー(地下鉄:14分)
  • ハロッズ(地下鉄:20分)
  • ピカデリーサーカス(地下鉄:10分)
  • クイーンズシアター”レ・ミゼラブル”(地下鉄:15分)
  • スカイガーデン(地下鉄:17分)
  • パディントン駅(ブラックキャブ:10分)
  • メリルボーン駅”ビスタービレッジ”(地下鉄:23分)

どうでしょう、ほとんどの場所に行くのに10-20分で着いてしまうんです!

我々も実際に泊まるまではここまで立地が良いとは思ってもいませんでした。(笑)

ロイヤルナショナルホテルの予約方法

世界最大の予約サイトExpediaのページURLを貼っておきましたので興味のある方はぜひ宿泊料金や他の口コミなどもあわせて検討されてみてはいかがでしょうか。

ロイヤルナショナルの予約はこちら!