HARIO V60珈琲王は口コミ通りの良質なコーヒーメーカーだった!【実際に使った評価とレビュー】

世の中には色々なコーヒーメーカーが発売されており、オシャレだったり、安価だったり、はたまた専用ポーションを使って気軽にプロの味を楽しめたりとその選択肢はほぼ無限大ということもあり、選ぶとなると意外に難しいのがこのコーヒーメーカーというジャンルだと思います。

今回、我々ミウラ家で愛用しているコーヒーメーカーを両親にプレゼントしたところ、とても喜んでもらえたのでちょっとご紹介してみることにしました!


HARIO V60珈琲王とは

コーヒー器具で超有名な”HARIO”が販売するコーヒーメーカーで、インターネット上の口コミ評価は超高い本格コーヒーメーカーの定番中の定番です。

Hario社について

Hario社は元々は日本で理化学用品を製造する耐熱ガラスメーカーでした。

創業時は耐熱ガラスと理化学用品のみを生業としていたのですが、あるとき自分たちのノウハウを生かしたコーヒーサイフォンを制作販売したところ、あまりの性能の高さに評判が評判を呼び、今ではコーヒーのみならず紅茶用品までも製造する日本が誇る一流の総合耐熱ガラスメーカーなんです。

V60ドリッパー(V60 ハンドドリップ)

Hario社が世界的に有名になったのはこの”V60ドリッパー”の存在があったからと言っても過言ではありません。

円錐型のドリッパーの内部は上から見ると大きな渦巻のようにリブが形成されており、このリブが熱が逃げるのを防ぎ、注いだお湯が円錐の頂点に向かって流れるためコーヒー豆から余すことなく均等に美味しく、そしてネルドリップに近い形でコーヒーを抽出できるのです。

材質も様々なものが用意されており、中の様子がわかりやすい透明プラスチックから陶器、金属など、その優れたデザインにより2007年度グッドデザイン賞も受賞しているほど。

極めて優れたデザイン、そして卓越した機能性、適正な価格。この3つが揃ったことでHario社のV60ドリッパーは世界中で愛用される逸品となったのです。

http://www.fortyweightcoffee.com/brewtools/hario-v60-dripper

https://www.portcityroasters.com.au/new-products/hario-v60-dripper-1-cup

https://www.kronotrop.com.tr/en/shop/equipments/hario-v60-dripper

V60珈琲王について

このHario社の超ヒット商品でもあるV60ドリッパーが標準装備されたコーヒーメーカーで、最も手軽に世界基準のコーヒーを楽しめるのがV60珈琲王なんです。

新世代の蒸らし機能

ハリオV60珈琲王は2~5杯のコーヒーを作ることに最適化されたコーヒーメーカーです。

驚くべきはこの蒸らし機能。

通常ハンドドリップは蒸らしの時間や温度などをしっかりやろうとするとかなりの手間暇がかかってしまうものですが、このコーヒーメーカーは2~5杯までの最適な値がすべてプログラムされているのでボタン1つでHARIO社がV60ドリッパーに最適と考える蒸らしを自動的にスタートしてくれるのです。

高温抽出機能により限りなくネルドリップに近い味わい

おいしいコーヒーを抽出するには適正な温度管理は欠かせません。

V60コーヒーメーカーはHARIO社が導き出した珈琲にとっての最高の温度93℃で珈琲を抽出してくれます。そしてその温度のV60ドリッパーが組み合わさった結果、とっても美味しいコーヒーが自宅で簡単に楽しめるというわけなんです。

HARIO 珈琲王V60コーヒーメーカーを買ってみた!

ということで、早速実家にて使用した際の様子ともにご紹介していきます。

内容物

内容物はこの9つです。

  • V60珈琲王×1
  • V60透過ドリッパー×1
  • ドリッパー受け×1
  • V60コーヒーサーバー×1
  • V60計量スプーン×1
  • V60用ペーパーフィルター×40
  • 取扱説明書×1


初めて使う時は洗浄運転をしてから!

すぐに使いたいコーヒーメーカーV60ですが、一番最初に洗浄運転をする必要があります。

といってもやり方はとっても簡単です。まずは水をタンクに入れます。

一番下の電源スイッチオン→5のボタンを押す→抽出開始ボタンを押す。これだけです!

コーヒーサーバーにお湯が貯まって音がなったら洗浄運転の終了の合図。

コーヒーサーバーのお湯を捨てて洗ったら、もう使うことができます!


Hario V60珈琲王の使い方

1.挽いたコーヒー豆をドリッパーに入れる。

洗ったばかりのV60ドリッパー。

渦を描くようなリブと大きな一つ穴が特徴的。

付属してきたドリップペーパーを入れます。(水滴が残っていた・・・)

付属品として40枚も入っていますし、ドリッパー自体も一般的な大きさですから無くなってもすぐに補充できますよ!

同じく付属品のV60軽量スプーンでコーヒーカップ分をすくってドリッパーに入れます。

※今回は3杯分なので3回入れました。

2.水を入れる。

V60コーヒーサーバーには2つのメモリが用意されています。

左側にあるカップの中に数字が書いてあるほうに目盛りを合わせて水を注ぎます。

今回は3杯分なのでカップの中にに3と書いてあるところが目印です。

V60珈琲王の水タンクに水を注ぎます。

本体上部の蓋をパカっと外すだけのすぐに注ぐことができます。

この手軽さが私のお気に入りポイントです(笑)

3.コーヒーサーバーとドリッパーをセットする。

次にコーヒーサーバーを本体にセットします。

コーヒーサーバーの上に挽いたコーヒー豆を入れたV60ドリッパーをセットしたら準備完了です。

4.設定ボタンを押す。

いよいよ珈琲の抽出を行います。

まずは本体下部にある大きな電源ボタンを押します。

電源が入るとオレンジ色に光るのでわかりやすいですよ。

次に用意したカップの数を同じ数字のボタンを押します。

※今回は3カップ用意したので3を押します。

最後に本体上部にある抽出開始ボタンを押すと抽出スタート!

5.少し待つと完成!

抽出開始ボタンを押すこと数分。

すぐに本体上部の抽出口から蒸気が出始めてきます。

非常に高温になるので触らないでくださいね。

珈琲が抽出完了しました。

10分もかからずに美味しいコーヒーが出来てしまうなんて!とっても手軽です。

6.みんなで珈琲を楽しむ。

珈琲が抽出されたらV60ドリッパーを付属のドリッパー受けに乗せて避けましょう。

※使い終わった珈琲豆は肥料や生ごみなどの匂い消しにも使えますよ!

珈琲をカップに注いで・・・。

家族団らんタイムのスタート!

コーヒー好きの母も大絶賛で良かったです♪

ミネラルウォーターを使っていないのにここまで良い味が出るのはスゴイ!とのことでした。

※普段、母は珈琲を淹れるときに必ずミネラルウォーターを使っています。


まとめ

私がブログを執筆するときの隠れた相棒でもあるHario V60コーヒーメーカー。

我が家ではその名の通り”コーヒー王”と呼ばれ、ほぼ毎日稼働しているタフな奴です。

このハリオV60コーヒーメーカーのスゴイところはこれだけの性能と品質を持ちながらもたった1万円弱で手に入ってしまうという価格もあります。

コーヒーメーカー高いしなあ…かといって安いの使っても美味しくないんだろうなあ…と思っていた方にはまさに朗報。

唯一の欠点は今まで何でも変わらないと思っていたコーヒー舌がインスタントコーヒーでは満足できなくなってきたことでしょうか。最近は色々なコーヒー豆を試すのも趣味の1つになってきています。(笑)

ぜひぜひ興味ある方はトライしてみてはいかがでしょうか。本当にオススメですよ!