Anatomica618 Original Jeansの洗濯縮みを検証する。【お酢でジーパンを洗う】

先日、アナトミカで購入した618オリジナルジーンズ。

人体に沿って作られたこのデニムは大変シルエットが良く、まさに大人向けデニムといったところ。

デニムを購入したときに一番気になるのは私もそうでしたが、

Anatomicaのデニムはどれほど縮むのか?」という点でしょう。

今回はアナトミカオリジナルのデニム洗濯方法で洗いながらその縮み加減を検証していきたいと思います。


洗う前の寸法

こちらは洗う前のAnatomica 618 Original Jeans W32です。

一般的なデニムは右綾と呼ばれる織り方でつくられた生地を使っていますが、こちらは反対の左綾。これにより面が平になったり、いわゆるヒゲなどの色落ちがしづらい特製があるそう。

骨盤あたりがピタピタなサイズを選んだため、すでに良いヒゲになりそうなシワが入っています。

Anatomica 618 Original Jeans 基本情報

メーカーAnatomica(アナトミカ)
製品名618 Original Jeans
価格26,000円+税
シルエットやや細身のストレート
サイズW32
ウェスト81.5cm
股上27.2cm
渡巾32.1cm
裾丈巾20.7cm

こちらがこのジーンズの基本情報となります。

ようするにちょっと良い大人のジーンズといったところでしょうか。

決して腰履きやピタピタで履くようなスタイルではありません。(笑)

 

洗う前のウェスト

洗う前のウエストサイズは約40cm。

片手の手のひらがなんとか入る程度です。

お尻はちょっとキツイです。(下半身デカめなんです)

 

洗う前のレングス

同じく洗う前のレングスは約72cmです。

履いたときのイメージは前回の「アナトミカの618オリジナルデニムを購入!【Anatomica 618 ORIGINAL JEANS】」をご参照くださいませ。

 

アナトミカのデニム洗濯方法はお酢を使う

さて、ここで洗いに入るのですが、一般的なデニムの洗い方とはちょっと違うのがアナトミカ流。

どういうことかというと、アナトミカではそもそもデニムの色落ちを推奨していません。(!)

なので如何に色落ちさせずデニムと暮らしていくか。そういうことなんですね。

その秘密は・・・?

 

すでにもう写真で画バレしていますが、お酢を使ってジーンズを洗います。

 

Anatomica流デニムの洗い方

  1. デニムを裏返す
  2. お風呂にお湯を張る(デニムが平に漬かる程度)
  3. お酢を入れる(大体0.2-0.5%程度)
  4. 30-40分ほど放置する
  5. ネットに入れて”すすぎ&脱水”のコースで脱水する
  6. 形を整えてから風通しの良い場所で乾かす

この方法はアナトミカプロデューサーのピエール・フルエニ氏が考案されたようで、お酢を使うことによって色落ちを防ぎながらデニムを洗うことができるようです。

私もさっそく真似て洗ってみました!

お酢はちょっと適当に入れましたが。(さっそく)

 


洗った直後の寸法

こちらがピエール・フルニエ式洗濯で洗ったアナトミカの618オリジナルジーンズです。

ようやく本題に戻ってきました。

脱水が終わったばかりなので結構重い!

さてさて、この段階で一体どの程度縮んでいるのでしょうか?

 

洗った直後のウェスト

まずはウェストは…。

ギャー!超絶縮んでる!

元々は約40cmだったのが38cm。ということで全体で約4cmも縮んだことになります。

これ、履けるのか…。

 

洗った直後のレングス

ウェストの縮み具合に悶絶しながらもレングスをチェックします。

あ、こちらはほとんど縮みなしです。

72cmが71cmになりました。(-1.0cm)

 


乾かした後の寸法

干し始めて約1日、ようやく乾いてきました。

ちなみに我が家には風通しの良い場所はここぐらいしかありません。

(どんなレイアウトだ)

 

気になるお酢の香りは?

冗談はさておき、こちらがお酢で洗い終わったジーンズです。

実際のところ、気になるお酢の香りは全然しません。

0.2-0.5%程度だとすすぎ脱水で全部落とせるみたいですね~。

 

乾いた後のウェスト(元に戻った!)

先ほど-4cmも縮んだウェスト。

なんとなんとデニムが乾くと元の寸法に戻っていました!

これが左織デニムのパワーなのでしょうか?とにかく履けるサイズに戻って良かった…。(笑)

 

乾いた後のレングス(1cm縮んだ)

気になるレングスは・・・。

こちらは洗濯直後のままとなりました。

なので未洗濯状態からー1cm縮んだことになりますね。なるほどなるほど。

ちなみに膝が出始めることでここからさらに数センチ縮むそうです。

 


洗ったデニムを履いて散歩してみる

天気もポカポカと良くなってきたので早速洗いを入れたアナトミカのデニムで散歩に出かけます。

試着した時や洗う前に比べてほとんど縮んだ感覚は感じませんね。

歩けば歩くほどジーパンが自分の脚の形に染まっていくのがわかって嬉しい。(笑)

 

アナトミカ618ジーンズの縮みまとめ

Anatomica 618 Original Jeans

ということで今回はフレンチデニムを代表するAnatomicaの618 Original Jeansの縮みを検証してみました!

乾燥機は?と思った方もいると思いますが、前述したようにリーバイスと違って乾燥機に入れる洗い方を推奨していないこともあり試していません。今後もピエール・フルニエ流のお酢洗いで育てていきたいと思います。

年単位になるとは思いますが、エイジングもそのうちご紹介できたらと考えています。

 

タイトルとURLをコピーしました