バブアー ビデイル(Barbour Bedale)が気になる。

ここ最近増すばかりの物欲。

以前はファッションにはほとんど興味が無かった僕ですがイギリスに行ったりフランスに行ったりと本場ヨーロッパの風に当たったこともあってか徐々にオシャレイズムに目覚めてきたようです。(笑)

ということで、今回気になっているのはブリティッシュトラッド好きなら一度は目にする”バブアー ビデイル オイルドジャケット”です。

はい、カッコいいー。

実はこのジャケットずーっと前から探していたのですが、

どこのブランドなのかどういった名前のジャケットなのか全然わからず困っていました。

 

・・・と思っていたら、ついに先日その素性が判明したのでした。

 


バブアー ビデイル オイルドジャケット

バブアーとは

バブアーは英国のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドで1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部で創業されました。

その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性や耐水性が極めて高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。

第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性により英国潜水艦の公式搭乗員服として採用されたという逸話があるそうです。
バブアーは真摯なものづくりとその品質が認められ、現在は3つのロイヤルワラントを保持しています。(エディンバラ公、エリザベス女王、ウェールズ皇太子)

近年では狩りや釣り、乗馬といった英国のアクティビティと密接にリンクすることでカントリー・ジェントルマンの装いを彩る英国を代表するアウトドアおよびライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築いています。

アウトドアユースだけではなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々にも絶大な人気を誇っていことも見逃せません。

ビデイルとは

バブアーブランドを代表するジャケットがこのBEDALE (ビデイル)です。

乗馬用コートのメインにラグランスリーブやサイドベンツ、ハンドウォーマー、袖口のリブなどのファンクショナブルなディテールが特徴の雨や雪に非常に強いワックスドジャケットです。

 

裏地は英国の伝統的なタータンチェック。さらに別売りのインナーで保温性を高めることもできます。

 

バブアー ビデイル SL

ということで、さっそく試着させてもらいました。

まずはビデイルSLです。着用サイズは36(日本サイズS) カラー:セージ

このビデイルSLは日本人向けにシルエットを調整したモデルです。

具体的にはアームホールをスリムにし、ボディも体にフィットするようにサイズ調整がされたものです。

日本で展開されているバブアーは基本的にこのタイプ。ビームスやアローズなどの別注品もこのビデイルSLのボディをベースに作られています。

胸板厚めの僕だとMサイズでこんな感じ。バランスが良いように見えますがちょっと胸周りがきついかな?

ビデイルSL サイズ36の寸法

  • 着丈  71.5cm
  • 身幅  102cm
  • ゆき丈 80cm

バブアー ビデイル(クラシック)

次に試着したサイズは36(日本サイズS) カラー:ブラック

こちらは極めてブリティッシュトラッドなクラシックスタイルのビデイル。

アームホールやボディもどちらかというとゆとりある造りとなっています。

このゆとりある造りがスリムな現代人には合わないため、ビデイルSLという新しいモデルが作られた訳ですが・・・。

胸板厚めでズングリした僕にはこちらがちょうど良いように思えます。

胸周りや腕周りも動かしやすく快適!

ただ見た目は少し大きめか?あるいはこれがバブアースタイルなのか。

いずれにしてもオイルドコットンは雨にも雪にも強いため、北の大地でも活躍してくれそうです。

ビデイル サイズ36の寸法

()はビデイルSLとの差です。

  • 着丈  73cm(+1.5cm)
  • 身幅  106cm(+4.0cm)
  • ゆき丈 82cm(+2.0cm)

だがしかし・・・

よーし、これは物欲に身を任せて購入だ!

と思ったら狙っていたグリーンボディに襟がブラウンコーデュロイの”セージカラー”が全国的に完売のようで諦めるざる得ない状況に。

以前からこういった傾向があるのですが、やっぱり僕は自分の欲しいものはなかなか衝動買い出来ない運命にあるようです。(笑)

 


やっぱり気になるバブアー

購入はできなかったものの、やっぱり気になるバブアー。

見れば見るほどシンプルにカッコイイ。

欲しい気持ちがどんどん高まってきています。笑

雨の日は撥水加工されたウインドブレーカーくらいしか持っていなかったので、こういった雨の日でも着れるトラディショナルなジャケットがワードローブに加わったらさぞ活躍することでしょう。いや、活躍させたい・・・。

バブアーには様々な魅力があります。

雨に強いオイルドコットン

バブアーのジャケットは一般的なコットンジャケットをオイルとワックスで撥水加工したとても耐久性と耐水性に優れたジャケットです。

オイルドジャケットと呼ばれるほどなので、触ってみると確かに手にオイルが付くような感触があり特に昔のモデルはかなりオイル感が強かったようですが、現行バージョンはとても軽いタッチのオイルに変更となっているため、そこまでオイル感は気にならないようです。

僕自身も現物を触りましたがほとんど気にならないレベルでした。

ワンちゃんとの散歩にもピッタリ。

雨にも傷にも強いため、犬の散歩や軽いトレッキングなどにもピッタリです。

夏や秋のキャンプでも活躍してくれそう。

スーツの上着としても!?

うーむ、これはカッコいいがちょっと上級者向けか?

と思いきや意外とスーツに合わせている人は多いみたいです。

僕が合わせるならセージではなくブラックかネイビーかなあ。

もし買うならビデイルジャケットの丈を眺めにしたビューフォートというモデルがあるのでそっちをチョイスすると思います。

 

街歩きのお供として

僕が一番やりたいのがこのスタイルといっても過言ではありません。

適当なデニムにブーツなどを合わせてバブアーを羽織って街に繰り出す。

多少の雨が降っても傘は差さずにこのままのロンドンスタイルなーんてシャレオツじゃないですか?(笑)

 


ロイヤルファミリーも愛用!

忘れていけないのがバブアーのロイヤルワラント。

流石にスリーロイヤルワラントは伊達じゃありません。

ダイアナ妃やウィリアム王子も普通に着用する由緒正しい素晴らしいジャケットとというところも、イギリスかぶれ真っ盛りの僕には高得点です!

 

バブアーのビデイルはこちらから!

ビデイルSL

ビデイル(ノーマル)

後日、実際に購入して比較してみました。

バブアー ビデイルSLとノーマルのサイズ比較【Barbour Bedale】
さて、先日から気になり始めたバブアーのオイルドジャケット"ビデイル(Bedale)"ですが、いよいよそのサイズ選びも佳境に入ってきました。 !? なぜビデイルが2着? そう、あまりに...
タイトルとURLをコピーしました