バブアー ビデイルSLとノーマルのサイズ比較【Barbour Bedale】

さて、先日から気になり始めたバブアーのオイルドジャケット”ビデイル(Bedale)“ですが、いよいよそのサイズ選びも佳境に入ってきました。

バブアー ビデイル(Barbour Bedale)が気になる。
ここ最近増すばかりの物欲。 以前はファッションにはほとんど興味が無かった僕ですがイギリスに行ったりフランスに行ったりと本場ヨーロッパの...

Barbour Bedale Normal & SL

!?

なぜビデイルが2着?

そう、あまりに悩み過ぎた結果、昨今話題となっている2サイズ買いを行って1着を返品するという2017年流行りの購買スタイルを選択するに至ってしまいました。(笑)

ただでさえ便利になったネット通販ですが、今は試着前提の売り方もあるんですねえ。

ネット通販黎明期からちょくちょく利用していた世代としてはかなり不思議な感覚です。

とはいうものの古い価値観に囚われているとあっという間にサービスに置いてかれてしまうこの時代。ガッチリ利用してやろうじゃありませんか。

ということで今回は2サイズと言いながら、2つの異なるビデイルを取り寄せてみました。

バブアーのビデイルには2パターンあり!

BarbourのBedaleは日本では2パターン販売されています。

ノーマルタイプとSL(スリム)タイプです。

バブアー ビデイル(ノーマルタイプ)サイズ36

まずは通常のBarbour Bedaleです。

イギリスの古き良き作業着といったシルエット。

アームホール、身幅ともにリラキシングなサイズ感ですがやや野暮ったく、この写真ではわかりませんが背中側は大きくゆとりがあります。

バブアー ビデイルSL(スリムタイプ)サイズ36

こちらがSL(スリム)タイプ。

日本人向けに完全新規に起こされたパターンはまさに現代風。

普通にカッコイイ。

が、ボディがかなりのAシルエットのため(胸周りが狭めでお腹周りが広め)

スリムな方ならベストですが私のようなスポーツ経験者で大胸筋が厚めの方だと前を閉じたときに胸が苦し目になってしまいます。

かといって1サイズ上げると縦長になってしまい、ちょっと変な感じに。

Barbour Bedale ノーマル34 VS スリム36

前回着用したのは両方サイズ36でしたが、明らかに着用時のサイズ感に差を感じたためバブアー公式サイトで寸法を確認したところ、やはり同サイズのノーマルはスリムの1サイズ大きめの寸法だったのです。

ということで、今回比較するのはバブアー ビデイル(ノーマル34)とビデイル(スリム36)です!

ほとんど変わらないノーマルタイプ34とスリムタイプ36

上がスリムタイプ、下がノーマルタイプのバブアー ビデイル。

早速重ねてみましたが、やはりというか予想通りというかほぼ同じ寸法です。

バブアーの寸法(公式サイトより)

ノーマル スリム
サイズ 34 36
着丈 73cm 74cm
バスト 102cm 100cm
裄丈 78cm 84cm
裾幅 53cm 53cm

こちらがバブアーのノーマルタイプとスリムタイプの寸法です。

着丈はスリムが+1cm

バストはノーマルが+2cm

裄丈は結構差があってスリムが+6cm

袖幅は同じです。

裾幅

袖幅は同じ寸法でしたが、明らかにノーマルタイプのほうが太い。

腕を入れたときの感覚も同様でした。

襟の大きさ

襟の大きさも違いがあります。

ノーマルタイプは大き目の襟。

SLタイプは今らしいやや小ぶりの襟に仕上がっています。

ポケットのロゴ

Babour Bedaleのノーマルタイプとスリムタイプでは細かいディテールが異なります。

ノーマルタイプには左ポケットに“Barbourロゴの刺繍”がありますが、スリムタイプではオミットされています。

ポケット位置

Barbour Bedale inside Normal Type

ポケットの位置も異なります。

ノーマルタイプでは右胸に内ポケットがありますが、、、

Barbour Bedale inside SL Type

日本専用規格のSLタイプでは左胸に内ポケットが設けられています。

ビデイルのタグの違いと見分け方

Barbour Bedale tag Normal Type

タグもノーマルタイプとスリムタイプでは異なります。

私も最初どっちがノーマルタイプでどっちがスリムタイプ(SL)かサッパリわかりませんでしたが、タグの見方さえ覚えれば簡単に見分けることができます。

ノーマルタイプはロイヤルワラント(タグ内にある3つの紋章)が縦並びです。

Barbour Bedale tag SL Type

一方で日本企画となるSLではロイヤルワラントは横並びです。

※真ん中のワラントが隠れてしまっています。

ビデイルの見分け方まとめ

  • ロイヤルワラントが縦並び → ノーマルタイプ
  • ロイヤルワラントが横並び → SLスリムタイプ


試着してみた

前面(前開け)

Babour Bedale (Normal) size34

まずはビデイル(ノーマルタイプ)です。

事前情報通りに袖丈は短めですが他はかなり個人的に好きなフィッティングです。

バサッと着られるギリギリの大きさで着丈もちょうど良く、大きな襟も良いアクセントです。

Babour Bedale (SL) size36

こちらがスリムのSLタイプ。

前開けスタイルの完成度は完全にSLタイプの方が上ですね。

カッコいい!インスタ映えもしそうです(笑)

着るときは少し窮屈気味に感じるところがあります。

前面(前閉じ)

Babour Bedale (Normal) size34 Front view

次に比較するのは前を閉じたときのシルエットです。

ノーマルタイプは身幅があるため胸板厚めの私にはかなり良い塩梅です。

袖丈についても腕時計やリブがチラリと見えるナイスな丈です。

上記画像の左の方の着こなしを目指していることもあり、ビデイルノーマルサイズ34はほぼ希望通りのシルエットと言っても過言ではありません。

Babour Bedale (SL) size36 Front view

そしてこちらがスリムなSLタイプ。

この画像ではかなりジャストフィットしている感じがあるのですが、やはり胸周りがやや窮屈です。着れないこともありませんがこれを長い時間着用するのは少し疲れそうです。

背面

Babour Bedale (Normal) size34 Back view

最大の問題点となるのが背面のシルエット。

ノーマルタイプは明らかに野暮ったい(笑)

Babour Bedale (SL) size36 Back view

スリムタイプだとこの通りスッキリな印象。

うーん、これはかなり悩ましいです。

横面

Babour Bedale (Normal) size34 Side view

最後は横からのシルエット。

こちらはノーマルタイプですが、スリムパンツを履くと少しゆとりが強調されますね。

またアームホールの大きさも注目です。

Babour Bedale (SL) size36 Side view

SLタイプ。

私の姿勢が悪いせいかあまりノーマルタイプと変わらない感じもしますが、やはり着用感は明らかに

ビデイルSLとビデイルノーマルの比較まとめ

サイズ感について

今回私が試着した結論としては

ビデイルSLサイズ36 ≒ ビデイル34

となりました。

シルエットについて

バブアービデイルを同じサイズ感で選ぶならば、

  • ビデイルSL = 着丈も袖丈も長めの細身シルエット(長方形なイメージ)
  • ビデイルノーマル = 着丈袖丈はやや短め、身幅は標準シルエット(正方形なイメージ)

といったシルエットの違いになるように感じました。

最終的に選んだのは・・・。

こちらです・・・!

ここまで読んで頂いた方ならすぐわかってしまいますね。(笑)

私が最終的に選んだのは当初から狙っていたノーマルタイプです。

縦並びのロイヤルワラントがその証拠!

早く下記画像のように着こなして街に繰り出したいものです。

バブアービデイル(Barbour Bedale) サイズ34着用図

Barbour Bedale size34

実際に着用してみました。目指したサイジングになって嬉しいです♪

※参考情報

身長173cm 胸板厚めのやや筋肉質です。

ビデイルSL

ビデイル(ノーマル)