デリケートクリームの使い方【7種類の革靴をデリクリでお手入れ】

シューケアに困ったらデリケートクリーム

革靴を手に入れた人なら一度は聞いたことがあるこのセリフ。

実際に数ある中で一番万能なシューケアアイテムがデリケートクリームです。

しかし、それって本当なの?と思う人も少なからずいると思います。

今回は久しぶりにデリケートクリームを新調したこともあり、私が持っている様々な素材の革靴達にデリケートクリームを実際に使ってみました。

シューケアの超定番モゥブレィ デリケートクリーム

今回使用するのはシューケアの超定番アイテム。

モゥブレィのデリケートクリームです。

デリケートクリームといったらモゥブレィ。モゥブレィといったらデリケートクリームと言っても過言ではありません。それほどまでにどこにでも売っている超超超定番商品です。

モゥブレィデリケートクリーム 外箱

モゥブレィデリケートクリームの外箱。

皮革用で栄養と潤いと柔軟効果を謳っています。

モゥブレィデリケートクリーム 注意事項

外箱の裏面。こちらには注意書きと成分表示の記載があります。

気になった行をいくつか抜粋しました。

  • スエード、ヌバックなどの起毛素材やエナメル、爬虫類皮革には使用できません。(てっきり爬虫類皮革にも使えると思っていたのですが勘違いをしていました)
  • 使用すると油分、水分が入るので皮革の色は必ず濃くなります。(水分が多いためでしょう)

デリケートクリームの成分

さてここでモゥブレィデリケートクリームの成分に注目してみます。

まずはラノリン。水分を留め、乾燥を防ぎ、そして光沢を与えます。

次に油脂。皮革に柔軟性(栄養)を与えます。

最後に有機溶剤。これは乳化剤ですね。水分と油分を1つにまとめています。

これらを大量の水分でまとめているのがデリケートクリームということになります。

シューケア成分についてまとめているので興味のある方はどうぞ!

靴クリームやシューケア用品の主成分5つをざっくり解説。
星の数ほど存在する靴クリームなどのシューケア用品。 色々なメーカーから多種多様なケア用品が販売されており、我々本格靴愛好家は店舗に訪れ...

モゥブレィ デリケートクリーム

箱から出したデリケートクリーム。

この透明感あふれるパッケージがデリケートクリーム感をさらに演出していますね!

モゥブレィ デリケートクリーム

他にシューケアアイテムに比べてとにかく水に近い存在のこのデリケートクリーム。

手触りは本当にトロッとした乳液のよう。匂いもほとんどありません。中身だけ他の瓶に入れ替えたら保湿クリームとしても通用してしまいそうです。(笑)

デリケートクリームの使い方と手順

デリケートクリームを革靴に使用するシーン

デリケートクリームを使用する機会は様々です。

パッと思いつく限りでは下記がありますね。

  • お手入れをさぼっていた革靴が乾燥しているとき。
  • ムラ染め等の繊細な素材の革靴を購入したがどのクリームを使えばいいかわからない時。
  • 雨に濡れた後。
  • 新品の革靴を履き下ろす前に。
  • 皮革に優しい汚れ落としとして。

デリケートクリームを使った靴のお手入れ

今回は”お手入れをさぼっていた革靴が乾燥しているとき。”や”ムラ染め等の繊細な素材の革靴を購入したがどのクリームを使えばいいかわからない時。“の手順です。

  1. 革靴のホコリをブラシなどで取り除く。
  2. 革靴全体にデリケートクリームを一気に塗りこむ。
  3. 2-3分後、ブラシで付けすぎたクリームを取り除く。
  4. 古いTシャツやネル生地で全体を力を入れずに磨き上げる。

この4ステップを様々な素材の革靴で実際に行いました。

1.黒のカーフレザーの革靴

まず一番手は誰もが持っている黒のカーフレザーの革靴です。

黒のストレートチップは社会人であれば1足持っていて決しては損しないアイテムということで所有率もだいぶ高めなのではないでしょうか。

私はチャーチのコンサルという靴を愛用しているのですが割と冠婚葬祭用に使用していることもあり、ご覧の通りちょっと乾燥気味になっています。とくにバンプ部分は気になるレベルです。

モゥブレィのデリケートクリームを塗ります。

ちょっと多めにつけて全体に塗り広げるのが私のやり方です。

※撮影のために指にしてますが、この後は手のひらで一気に靴全体になじませています。

磨き上げるとこの通り。

全体的に控えめな光沢が現れ、バンプ部分もスッカリと乾燥感がなくなりました。

2.明るい色のカーフレザーの革靴

次にデリケートクリームを使うのは明るい茶色の靴です。

雨に濡れればシミになりやすく、汚れがつけばこれまた目立ちやすい困ったやつですが、しっかりとコーディネートしたときのカッコ良さは勿論、経年と共に味わい深く変化する色合いも素敵なところがあります。

デリケートクリームを付けて全体に塗り広げていきます。

さて、ここでデリケートクリームの数少ない注意事項を思い出す方もいると思います。

”使用すると油分、水分が入るので皮革の色は必ず濃くなります。”

濃くなりました。しかも光沢もほとんど消えました・・・。

しかし、まったく気にすることはありません。

ネル生地で磨き上げればこの通り。素晴らしい光沢が戻りました。

3.シボ革の革靴

雨雪靴としても大活躍のシボ革の革靴。

基本的には油性クリームでケアするのがその性能を生かす点では間違いありません。

シボ革グレインレザーの靴のお手入れ(シボ革靴磨き)
シボ革の靴はどうやってお手入れすればいいのか。 悪天候や悪路でもガンガン履けるような使い方を想定されたカントリーシューズに良く用い...

しかし、アッパー上のクリームを入れ替えたい時や、雨雪に濡れすぎてしまった場合の1手としてデリケートクリームは全然アリです。

しっかりとデリケートクリームを塗りこみます。

シボ革の場合はシボの間にクリームが残ると色が残ってしまうのでしっかりとブラッシングをします。(無色クリームの場合は残り過ぎると白い線となりますよ)

そしてネル生地などで磨き上げたのがこちら。

サフィールノワール クレム1925とはいかないまでも中々の光沢を放っています。

4.ムラ染め(ミュージアムカーフなど)の革靴

私がデリケートクリームと出会ったのはリーガルのムラ染めシューズ05CRを手に入れた時でした。

右も左もわからない社会人1年生のときに、必死になって茶色のクリームとデリケートクリームの説明を店員さんから聞いていたものです。

その時購入した05CR、4-5年はデリケートクリームだけでお手入れしていたのですが、かなり良い塩梅に成長してくれました。最近はクレム1925なんかも使用していますが、底から光る光沢感はこいつがナンバー1ですね。

Johnlobb CITYIIとREGAL 05CRを比較する。
Johnlobb VS Regal 誰もが憧れるストレートチップjohnlobb CITY II。それとリーガルを比べるなんて!!と思う人...

ということで、ムラ染めの王者ミュージアムカーフを使ったこの靴にもデリケートクリームは最適の選択の1つです。

塗って磨きこんでいくとこの通り。

見事にムラ染めを生かしながら透明なベールに包まれたような光沢が生まれてきました。

光の当たり方では落ち着いた仕上がりとなります。

とにかくギラついていない光沢が良い点です。

5.パラブーツのリスレザーの革靴

モゥブレイ デリケートクリームの汎用性は留まることを知りません。

雨に強いドレスシューズとして有名なパラブーツのリスレザーにももちろん使用できます。

このパラブーツ ウィリアムはちょうど先日雨に降られたこともあり乾燥が進んでいます。

まさにグッドなタイミングです!

たっぷりと付けたデリケートクリームを靴全体に塗り広げていきます。

ちなみにデリケートクリームには多少の汚れ落とし効果があります。

油脂が入っているため油性の汚れを溶かす効果によるものだそうで。

パラブーツのリスレザーであっても全体的に鈍い光沢を放っています。

雨によって乾燥したアッパーもしっとりと潤ってくれました。

6.ガラスレザー(ポリッシュドバインダーなど)の革靴

さて、次に紹介するのはリーガルやチャーチでお馴染みのガラスレザーです。

自分の靴がガラスレザーかわからない場合は水を垂らしてみればすぐにわかります。

水が浸み込めばガラスレザーではありません。(笑)

チャーチのポリッシュドバインダーは本当に雨や雪に強いのか?
チャーチのポリッシュドバインダーカーフは雨や雪に強い? チャーチ独自の革素材、「ポリッシュドバインダーカーフ」本素材を使用した靴はほとんど...

ということはデリケートクリームはガラスレザーにあまり意味がないのでは?

まさにその通り。栄養や柔軟性といった意味ではあまり効果はありません。

しかし汚れ落としであったり、光沢はしっかりと与えることができるので、サッとケアを済ませたい場合の選択肢としてはアリだと思います。

7.オールデンのコードバンの靴

最後はケアが難しくて有名な革の宝石、コードバンです。

とにかく水分が厳禁と言われがちなのでデリケートクリームとの相性は悪いように思いますが、実際にはそこまでではありません。皺入れをする際などにバンプ部分に塗りこみまくって柔らかくする手法もあるくらいです。

水分多めのデリケートクリームをコードバンにガッチリ塗りこんでいきます。(笑)

磨き上げればこの通り。他の例と同様に鈍い光沢を放ってくれます。

ブラッシングの際はかならず馬毛ブラシを使ってくださいね。豚毛だと細かい傷がつく場合があります。

ちなみに雨雪に降られた場合はそれなりの手間がいるので要注意。

雪と雨で汚れたオールデン54332をシューケア
オールデンとコードバンは雪と雨が厳禁 オールデンに限らず コードバンを使用している靴は雪と雨が厳禁というのが靴大好き会の常識です。私もそう...

デリケートクリームを使った革靴お手入れのまとめ

M.Mowbray Delicate Cream

ということでデリケートクリームを全7素材の革靴に実際に使用してみました。

全ての靴をデリケートクリームでケアするのは少し大変でしたが(笑)

改めて”困ったらデリケートクリーム”を実際に体験することでそのシューケアアイテムとしてのレベルの高さに気が付く良い機会となりました。

この記事が靴好きの方の役に少しでも立つ事が出来ればと思います。

デリケートクリームを使った汚れ落としの記事

デリケートクリームで汚れ落とし。2大デリクリのコロニルとモゥブレィを比較。
革靴の汚れ落としと言えばモゥブレィのステインリムーバーが定番として有名ですが、靴磨きにハマり、ステインリムーバーのみで汚れを落としているとア...

デリケートクリームはこちらから!