デリケートクリームで汚れ落とし。2大デリクリのコロニルとモゥブレィを比較。

革靴の汚れ落としと言えばモゥブレィのステインリムーバーが定番として有名ですが、靴磨きにハマり、ステインリムーバーのみで汚れを落としているとアッパーの色自体が抜けてしまったりと多少効果が強すぎるシーンに出くわします。

もちろんレザーローションを使う手もありますが、汚れ落とし効果もそこそこありながらも、油分やろう分がかなり多めに入っていることもあり(もともとはレザーバッグ用からスタートとしたケアグッズのため)他の靴クリームとの併用を考えた際は扱いが難しい場合もあります。

レザーバームローションの使い方は汚れ落としで決まり!?
サフィールノワール レザーバームローションといえば、オールデンの聖地ラコタハウスで汚れ落としとして販売されているのが有名ではないでしょうか。...

そんなときに役立つのがデリケートクリームを使った汚れ落としです。

迷ったらデリケートクリームと呼ばれるくらいの汎用性が売りのこのアイテム。そのポイントはろう分や油分を限りなく抑えてあり、とりあえず失敗はしない点にあります。

※デリケートクリームで失敗するようなレザー商品は素人ではケアできないと思います。

2大デリケートクリーム

M.Mowbray and Collonil Delicate Cream

左が大定番モゥブレィのデリケートクリーム。

そして右がデリケートクリームなのに”汚れ落とし”を売りにしているコロニルのものです。

さて、早速2つのデリケートクリームを比較してみます。

キャッチコピーの違い

まずはキャッチコピー。

モゥブレィは”皮革の生命である潤い、ツヤ、柔らかさを与えます。

コロニルは”デリケートな仕上げのスムースレザー製品表面の風合いを維持しながら汚れを落とします。

成分の違い

モゥブレィはラノリン、油脂、有機溶剤

コロニルはろう、有機溶剤、界面活性剤

決定的な違いはラノリンと界面活性剤の違いでしょう。

ラノリンは羊の汗腺から取れる動物性ワックスで皮革に柔軟性と光沢を与えます。

界面活性剤はその名の通り、汚れを浮かせて落とします。

同じデリケートクリームと言えどすでに成分が異なることがわかりました。

クリームを比較

M.Mowbray and Collonil Delicate Cream

まずは香り。

モゥブレィはほとんど無臭。

コロニルにはふんわりと爽やかな香りを感じます。

次にクリームの質感。

モゥブレィはとにかく粘度が弱く、トロッとした感触が特徴的。

撮影している間にも垂れてきます。

コロニルは反対にかなり粘度が強く、どちらかという生クリームに近い固さです。

ゆるいデンプン糊に近いと思います。(笑)

汚れ落とし能力を比較する。

モゥブレィのデリケートクリームとコロニルのデリケートクリームの汚れ落とし能力を比較していきます。

手順は以下の3ステップとしました。

  1. デリケートクリームを靴全体にたっぷり塗り広げる。
  2. 2-3分待って生乾き状態にする。
  3. ネル生地で力を入れずにふき取る。

使ったネル生地

デリケートクリームを使った汚れ落とし実験に使うのはリーガル03CR。

事前にサフィールノワールのクレム1925の新色パリジャンブラウンで磨いておきました。

パリジャンブラウン(サフィールノワール)レビューと比較(クレム1925)
ヨーロッパのシューメーカーが絶大な信頼を置くサフィールノワール(Saphir noir)から待望の新色パリジャンブラウン(Parisian ...

モゥブレィ デリケートクリームで汚れ落とし

まずはデリケートクリームの大定番、モゥブレィのデリケートクリームです。

モゥブレィのデリケートクリームであまり汚れが落ちた記憶はありませんが・・・。(笑)

とりあえずモゥブレィの担当は左足です。

ちょっと多めにクリームを靴全体に塗り広げていきます。

2-3分待って生乾き状態になったらネル生地でふき取っていきます。

力を入れずに表面を素早くこする感じで行いました。

モゥブレィ デリケートクリームで汚れ落とし

左足を丸々ふき取り終わったのがこちら。

薄っすらとですが、クリームがネル生地に移っていますね。

コロニル デリケートクリームで汚れ落とし

次は大本命?のコロニルのデリケートクリームです。

キャッチコピーにわざわざ”汚れ落とし”の単語を入れるくらいですからその効果は相当期待が持てます。

先ほど同様に、靴全体に多めに塗り広げて、生乾きになるのを待ってからネル生地でふき取ります。

モゥブレィに比べて少し引っかかる感じがありますね。

コロニル デリケートクリームで汚れ落とし

結果はこちら。

写真上だとあまり濃く映っていませんが、実際にはかなりクリームが落ちました!

ちょっとビックリするほどです。(笑)

そしてもう1つの違いは光沢感でしょう。明らかにコロニルのほうがしっとりとマットなアッパーに仕上がりました。


結果を比較

さて、結果を揃ったので2大デリケートクリームの汚れ落とし効果を比較していきたいと思います。

デリケートクリーム本来の役割となる”効果が控えめの靴クリーム”としての性能も合わせて確認します。

※両足とも先ほどの写真からさらに乾拭きを行っています。

モゥブレィのデリケートクリーム

M.Mowbray Delicate Cream

まずはモゥブレィのデリケートクリーム。

シッカリとした艶に覆われています。透明なベールにかかったようなきれいな光沢感です。

やはりこれとりえず1個あれば安心なアイテム代表は強いですね。

コロニルのデリケートクリーム

Collonil Delicate Cream

次にコロニルのデリケートクリーム。

デリケートクリームの効果に汚れ落としの機能を追加したのがポイントのデリケートクリームです。

やはりラノリンが入っていない分、ツヤ感は弱めですが、まったく問題にならない範囲だと感じます。

汚れ落とし効果の比較 コロニルVSモゥブレィ

M.Mowbray and Collonil Delicate Cream

最後は汚れ落としの性能を比較します。

このように並べるとその結果は一目瞭然です。

左のコロニルのほうが明らかに前のクリームを取り除いています。

艶感についてはやはりモゥブレイに軍配が上がっているのが確認できますね。

デリケートクリーム対決まとめ

M.Mowbray and Collonil Delicate Cream

ということで、デリケートクリームを使った汚れ落としの勝敗はコロニルのデリケートクリームの勝利となりました!

モゥブレイのデリケートクリームでは汚れ落としについてはほとんど効果を確認できなかったため、汚れ落としを兼ねたデリケートクリームとして使うには能力不足と言わざる得ません。

しかし、そもそもデリケートクリームの用途を考えるとモゥブレイのデリケートクリームは圧倒的に優位となるため、自分が所有しているシューケアアイテムによって選ぶのが良いかもしれませんね。

とりあえず私はこの2大デリケートクリームを使って楽しんでみようと思っています!

デリケートクリームを色々な靴に使ってみた記事はこちら!

デリケートクリームの使い方【7種類の革靴をデリクリでお手入れ】
シューケアに困ったらデリケートクリーム。 革靴を手に入れた人なら一度は聞いたことがあるこのセリフ。 実際に数ある中で一番万能なシ...

コロニルの汚れ落としデリケートクリーム