FALKE COOL KICKは史上最高のアンクルソックスだった。【ファルケの靴下サイズ選びも】

お気に入りのスニーカーを手に入れたら次に気になるのは合わせる靴下ではないでしょうか。

シンプルに白い靴下を合わせてみたり、ハッピーソックスのような派手目な靴下を合わせたりと色々と遊べるのが靴下の良いところ。

一方でスニーカー自体を主役にしたいときはアンクルソックスで間違いありません。

しかし、意外と難しいこのアンクルソックス選び。

今回はそんなアンクルソックスで機能性、履き心地ともに史上最高の一足を見つけたのでご紹介したいと思います。


FALKEとは

FALKEは1895年にドイツで生まれたソックスを中心としたアパレルメーカーです。

beamsやshipsなどの大手セレクトショップでソックス関連の取扱いが多いことからご存知の方も多いのではないでしょうか。

実はこのFALKE、プロダクトに対する品質管理という面では日本人と近しい指向のドイツが世界に誇るグローバルアパレルブランドなんです。

世界中から集められた繊維素材やデザイン、パタンナーの達人たちが100年以上ものノウハウを蓄積し、試行錯誤しながら世に送り出してきたプロダクトの数々はどれも定番品ながら極めて高い完成度を誇っています。

私自身もローファー用ソックスを沢山試した結果、今はFALKEのフットカバーを愛用していたりします。

関連記事

FALKEのインビジブルソックス購入レポート【脱げないフットカバー決定版】

FALKE COOL KICKS

そんなファルケが発売する最強アンクルソックスがこの「FALKE COOL KICKS」です。

この靴下、ただの靴下じゃありません。

・靴下にしては結構細かいサイズ展開(ユニセックス)

・蒸れを限りなく防ぐ通気性

・地面との接地面にとっても軽くてやわらかい素材を配置

・解剖学に基づいた左右対称のつくり

と、靴下にしてはやたら凝った機能がたんまり詰め込まれているんです。

 

解剖学に基づいた左右対称のつくり

靴下にはL(左)とR(右)の表記付き。プリントではなく、模様として編まれているので消えることはなさそうです。スニーカーだと運動などで使うことも多いので摩擦問題は無視できない要素ですから。

もうひとつ触れなければいけないのがソックスのボディが左右対称になっていること。なんと親指側が少し長めにつくられているんです。右で履いても左で履いても問題無いようにつくられているその辺のソックスとはちょっと次元が違いますねえ。

 

カカトをふんわりフィットさせるパーツ

カカトをふんわりフィットさせる独特なパーツが特徴的です。

ソックスを履くときに掴めそうですし、何より歩いている最中にカカトから脱げ無さそうです。ドイツ人が考えるこういうところ…好きです。(笑)


FALKEのサイズ感

さて、細かくサイズ展開されているソックスの唯一の問題点はどのサイズを選べいいのか?という点に限ると思います。

スニーカーサイズ?革靴のサイズ?それとも素足の実寸?

せっかくなら自分の足にジャストフィットな一足を求めたいもの。

ということで・・・私と妻で1足ずつ購入してみました。笑

1サイズの適合レンジが広いのでおそらく大丈夫だと思いますが、結果は果たして。

 

35-36サイズ

まずはミウラ妻用のEU35-36サイズ。(UK2.5~3.5、US3~4)を試してみます。

センチメートルに直すと21.5~22.5cmとなります。

クールキックス本体の長さは約21cmです。

 

素足実寸22.0cmのミウラ妻は履いた様子がこちらです。

型崩れもなく、まさにジャストサイズではないでしょうか。

ちなみにNikeなら22.5cm、ニューバランスなら23.0cm、アディダスなら22.5cmを愛用しています。

 

42-43サイズ

次は私用のEU42-43サイズです。(UK8~9 UK9~10)

先ほど同様にセンチメートルに直すと26.5-27.5cmとなります。

クールキックス本体の長さは約25cmです。

 

素足実寸26.7cmの幅広足なミウラが履いた様子がこちらです。

いつも履いている靴下はユニクロのフリーサイズ、ビジネスソックスなら11です。

Nikeは27.5cm、ニューバランスは27.5-28.0cm、アディダスは27.5cmが多いです。

適合サイズの一番下限ということもあり、ややリラックスした履き心地。

 

左右対称のCOOL KICKS

せっかく履いたので先ほど触れた「左右で専用のボディ」となっている様子をご紹介。

ブラックの方はちょっとわかりづらいですが、右側のグレーのソックスをよく見ると親指と一刺し指のつま先が長めに縫製されていることが確認できると思います。このおかげなのか足指全体が均一に触れている独特な感覚があるのがおもしろいところ。


FALKE COOL KICKの履き心地は?

西日が暑い・・・そんなときはファルケのクールキックスと共にスニーカーを履いて外に繰り出すしかない!(ただ履いて出かけたいだけ)

ということでさっそく新品のソックスを履いて外にお散歩しに行くことに。

 

「こんな履き心地良い靴下初めて!!」

西日に照らされるCOOL KICKSのミウラ夫婦の足元。

まず妻からの第一声が「こんな履き心地良い靴下初めてだわ!」

すごい興奮してる笑

ですが、その言葉に偽りは全くありません。私の第一印象としてもこの靴下はとても良い。

クールキックスの特徴の一つでもある「接地面に軽くて柔らかい素材を配置」というのがかなり効いています。

こういったスポーツタイプのソックスはホールド感とスニーカーとのフィット感を重視するあまりにぶ厚くてゴワゴワしてたり、ちょっと重さを感じたりするものですが、それらが一気に解決されてしまったというのが正直な気持ち。

 

注目していたカカト側のパーツも良い仕事をしていました。

花びらのように伸びたこのパーツによってカカトとアキレス腱の間がちょうどよく、そしてやわらかくフィットし、残念なアンクルソックスにありがちな歩いているうちにカカトからめくれてくる現象がまったく起きなかったのです。うーん、これはよいぞ!

結果、なんだか歩くのが楽しくなってきて予定距離を大幅にオーバーしてしまいました。(笑)

 


FALKE COOL KICKSのレビューまとめ

そんな訳で今回はドイツ生まれのスーパーアンクルソックス、FALKE COOK KICKのご紹介でした。

短パンに合わせてもよし、アンクルパンツに合わせてもよし、デニムに合わせてよしと一組あるだけでかなり使い勝手が良い靴下に一つになること間違いなし!ミウラは愛用していたユニクロのアンクルソックス(ユニクロではショートソックスですが)と入れ替えちゃいました。(笑)

普段革靴やサンダルばかり履く人にとっては不要なものですが、一足でもスニーカーを持っているのであれば、本当にオススメしたいアンクルソックスですので気になった方は是非ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました