G-Shockのバンド交換した話。|替えベルトの純正とレプリカの違いは?

4.0

Gショックの耐久性はすごいですよね。

大抵のところから落としても壊れないですし、水の中で使っても全く問題なし。

バックライト付きなので暗いところやキャンプでも大活躍します。

普通に使っていれば電池も数年持ちますから、使いたいときにパッと手に取ってすぐに使える機動力も良い。

素材も新旧様々なものが使われており、従来のラバーやウレタン素材のみならず、ステンレスやチタン製のGショックも珍しくありません。

ここ最近はバリエーションも非常に豊富で、何よりカシオークに代表されるファッショナブルなモデルも沢山あり、まさに最強タフネスカジュアルウォッチと言えるでしょう。

そんなタフネスなGショックにも弱点があります…。

G-SHOCKのバンドが切れた

本体はスーパータフなGショック。

しかし、腕時計でもっとも酷使されるバンドはそこまでタフネスではありません。

Gショックを長く使った経験がある方ならこのショットで何が起きたかわかる人も多いと思います。笑

店舗での修理は不可

正解は?バンドのループが切れたのでした。

バンドという意味ではまだまだ使えるこの状態。

時計店や電機店にいって相談してみると「ループだけは販売していない。」とのこと。

どうやらこういったラバーバンドの部品は、単独では販売されないようなのです。

その後、別の時計のループを活用してみたりしましたが、当たり前に見た目が変。笑

ついに観念し、新しいGショック用ラバーバンドを購入することに決めたのでした。

替えベルトは純正バンドか否か。非純正バンドはすぐ切れる?

非純正ストラップはすぐ裂ける?!

Amazonで安いストラップを探していると気になるレビューがいくつかありました。

なんと「価格は安かったが、1か月から半年で交換したバンドが切れてしまった。」というもの。

恐らくは低品質なウレタン素材でコストカットしたものの、Gショックらしい使われ方に耐えれなかったのかな?と推測。

※安価なレプリカラバーバンドは1000円以下で購入できる。

個人的には一度交換したらまた数年はガシガシタフに使いたいので、高品質な純正ストラップを選択することにしました。

Gショックのストラップを交換する

ということで、いよいよDW-5600 G-SHOCKのウレタンバンドを交換していきたいと思います。

実際に交換する手順を写真付きで解説していきます。

Gショック ストラップ交換 替えベルト

1.純正ストラップを買う

今回購入したのはもちろんカシオ純正のバンド「CASIO REPLACEMENT BAND」

実売価格としては3000円前後。さすがに1000円を切るレプリカ社外品よりは高価格ですが、出先でいきなりバンドが切れたりするリスクを考え、私は純正を選びました。

ジーショック 純正ラバーバンド

Gショック用純正バンドを選ぶ際は、品番を必ずチェック!

カシオのGショック用純正バンドにはいくつか種類がありました。

どの製品にも必ず対応する製品番号が掲載されています。

お手持ちのGショックの品番が書かれているか、必ず確認しましょう!

私のDW-5600E、しっかり記載がありました。

DW-5600E 純正交換用ストラップ

2.専用工具でバネ棒を外す

腕時計のバンドには少し特殊な部品が使われています。

それが「バネ棒」と呼ばれるものです。

腕時計のバンドとほぼ同じ長さのステンレス製の棒で、両先端にバネが仕込まれた溝付きのピンがついています。

このバネ棒を支点にバンドと腕時計が繋がる構造になっています。

そのため、バネ棒を外す際は専用の工具が必要となります。

それが先端が二股に分かれた「バネ棒外し」という工具です。(そのまんま)

Gショックのバネ棒

この「バネ棒外し」を腕時計とバンドの間に滑り込ませ、ピンの溝にはめて押し込むことで、バネ棒の取り外しが可能となるわけなんです。

G-shock 純正バンド交換

created by Rinker
MKS[明工舎]
¥600(2022/07/06 00:25:40時点 Amazon調べ-詳細)

本体をクリーニング

Gショックからバンドを取り外したら、とりあえず本体を清掃することをオススメします。笑

ご想像の通り、水垢などが結構ついていますから。

このチャンスに除菌シートなどで普段見えないところまで拭き上げてしまいましょう!

Gショックをクリーニング

3.純正ストラップにバネ棒を入れる

Gショックから古くなったバンドを外し、本体を清掃したら、いよいよ新しいバンドを取り付けます。

ジーショック 純正交換用ウレタンバンド

バネ棒は元々ついていたのを利用します。

ここで注意が必要なことは、腕時計とバンドを接続する「バネ棒」は、元々使われていたのを利用しなければならないことです。

古いバンドはもういらない!といってゴミ箱に捨ててしまっていた場合は、バネ棒だけ回収してください。笑

バネ棒を新しい純正バンドに滑り込ませます。

バンドの穴のほうが直径が大きいため、スルっと入りますよ。

G-SHOCK 交換ストラップにバネ棒を入れる

4.Gショック本体にストラップを取り付ける

バネ棒を滑り込ませたラバーバンドをGショック本体に合わせたら、バネ棒の溝にバネ棒外しの先端を引っかけ、バネ棒先端のピンを押し込みながら取り付けます。

上手く入るとこんな形にバンドが本体に収まります。

5.バネ棒がしっかりハマっているか確認する

とはいえこのバネ棒、慣れないうちはしっかりとハマっていないのにハマった!と勘違いしがちなパーツでもあります。

下記画像が良い例。

バンド自体は腕時計本体にハマりましたが、バネ棒先端のピンが腕時計本体にハマっていないケース。

これは付けている最中にバンドがジーショック本体から外れてしまう可能性が高いので大変危険です。(まあGショックなら外れて落ちたとしても壊れ無さそうですが)

バネ棒が本体にパチリとハマるとこんな感じになります。

腕時計本体にバンドを取り付けたら、軽く引っ張るなどして外れないかチェックしましょう。

6.完成!

新しいウレタンバンドを無事にGショックに取り付けることができました。

このG-shock(DW5600-E)は先日、電池交換も行いましたので、また年単位で活躍してくれるでしょう!

 

 

 

製造国はインドネシアからタイ製へ

ちなみにカシオ純正交換用ラバーバンドの製造はタイ製でした。

オリジナルはインドネシア製。

見た目はほぼ一緒ですが、金具の厚さとかは微妙に異なりました。

もちろん気になるほどではないですけどね。

Gショック用 純正交換用バンドのまとめ

CASIO REPLACEMENT BAND Review

ということで本ブログ記事では、G-SHOCKの純正交換用ウレタンバンド「CASIO REPLACEMENT BAND」を使ったバンド交換の様子をご紹介しました。

やはり皮膚に触れ続けるパーツということもあり、新しいバンドの付け心地は非常にGOOD!

1年に1回取り替えても良いかもしれません。笑

  • レプリカと純正バンドの違いは耐久性!
  • バンド交換の際は、バネ棒外しが必須
  • 交換用バンドを購入するときは対象製品が確認すること

愛用のGショックが加水分解し始めた方、安価なレプリカバンドとカシオ純正バンドで悩んでいる方などなど、お役に立てれば幸いです。

created by Rinker
MKS[明工舎]
¥600(2022/07/06 00:25:40時点 Amazon調べ-詳細)

ブログ内を検索する!

タイトルとURLをコピーしました