函館Colz(コルツ)はオシャレで美味しい夜を過ごせる最高のレストラン!


函館では超有名なイタリアンレストランColz(コルツ)

今回、妻の誕生日に函館市民に大人気で予約が取れないことで有名なColz(コルツ)に行ってきました。予約が取れなくて有名だったはずですが、私が電話した日時がたまたま空いていたらしくすんなりと予約をすることができました。

落ち着いてくつろげる店内。(閉店間際に撮ったのでお客さんが写っていません)

厨房側からはシェフの方が忙しなく動いている姿がチラチラと見えます。事前に妻が誕生日なことを伝えるとコースのオススメやデザートについて、そしてアレルギーが無いかなどきめ細かい対応をしていただき、電話の時点で非常に期待が高まっていました。

コルツのディナーに舌鼓を打つ。

4種の肉のアンティパスト

左から豚肉を固めたもの、カモのハム、豚のタン、パテドカンパーニュ。パテドカンパーニュがとても奥行きがある味でした。

5種の魚のカルパッチョ

上からババカレイ、あいなめ、マガレイ、カジカ、はちがら。菊のソースが添えられています。白身魚の食べ比べといったところです。そして面白いのが味が濃いものとアッサリしたものが交互に配置されている点。これを食べると白身魚も明らかに味が違うことがわかります。個人的にはババガレイが白身魚なのに旨味が強く濃厚な味わいで気に入りました。

ジャガイモとマスカルポーネのムース

見た目通り、真ん中にうずらの卵が落とされています。ジャガイモの味がしっかりしており、ポタージュのような味わいでした。

かぶのスフレ

実は今回一番気に入ったのがこの料理です。白いところも緑のところもカブ味ですが、その裏に非常に美味しい出汁(ブイヨン?)が使われており、一口食べたときにその美味しさと食感に衝撃を受けました。おかわりしたいくらいでした笑

枝豆のラビオリ

このラビオリは2番目のお気に入り。Colz(コルツ)は出汁かブイヨンの使い方が極めてレベルが高いと言わざるえません。こちらも噛んだ瞬間に枝豆のペーストとともに非常に濃い旨味が口の中にあふれてきます。

たらのムニエル

濃厚な出汁をたくさん取ったあとは、魚の焼き物です。あっさりと仕上げてありこの時間帯では非常に食べやすい工夫がされているように思いました。

自家製パン

しっかりとした味わいのパンが2種。ただ個人的にはバターも付けてほしかったところ。レストランの温かいパンにバターをつけて食べるの好きなんですよね笑

牛肉のキャベツ添え バルサミコ酢と黒糖のソース

メインは牛肉のキャベツ添え。牛肉が美味しいのはもちろんですが、キャベツがこれまたとんでもなく美味かった!事前に味付けをしてグリルしていると思うのですが、その味付けとグリルならではの風味が素晴らしかったです。

椎茸のペペロンチーノ

パスタを出す直前に量を聞いてくれます。なかなかの枚数の皿を食べているので嬉しい配慮です。これは普通盛り。分厚い椎茸が柔らかく調理されています。ペペロンチーノ自体も通常のものに椎茸の風味が加わりさらに美味しく仕上がっています。ちょっと太目のパスタはアルデンテでよく味が浸み込んでいました。

黒豆を使ったデザート

最後のデザートは黒豆を煮込んだものに焼いたメレンゲが添えられていました。控えめな甘さが私の気分にピッタリでした。

食後のハーブティ

食後にコーヒーなどが頼めますが、ハーブティがオススメです。自家製ブレンドの5つのハーブティを直接匂いを嗅ぎながら選ぶことできます。

ホッとくつろぎの一杯

ローズヒップなどが入った美容向けのハーブティをチョイス。カモミールも入っているのでさらにリラックスできる素敵な一杯でした。


まとめ

ということで妻の誕生日を美味しいレストランで祝い、素晴らしい時間を過ごすことができました。しかもこれだけ食べて飲んで2万円もいってませんので料理のクオリティやサービスに対して、非常にリーズナブルだと感じました。ぜひ函館にきた際は寄ってみてはいかがでしょうか。美味しいですよ!

外部リンク:食べログ コルツ(Colz)

(終わり)

おすすめ記事

おすすめ記事

この記事をシェアする