スエード補色スプレーのカラーチャート【くすみや色落ちのお手入れ用の色見本】

スエードシューズを愛用していると必ずぶち当たるのがスエードスプレー問題だと思います。

買ったばかりのころは無色スエードスプレーを使っていれば何の問題もありません。

栄養が入って革は柔らかくなるし、防水効果も付いて言うことがありません。

スエード靴を履き下ろす前のプレメンテ手順。(履く前のお手入れ)
先日、ついに手に入れたスエードチャッカブーツ。 悩みに悩んで私が選んだのは高品質な靴作りで有名な英国靴の超老舗Crockett&...

しかし、その後スエードシューズは必ず色々な課題を我々に突き付けてきます。(笑)

ブラッシングにより毛が引っ張り出されてしまったり、ぶつけた部分や擦った部分、あるいは履きシワ部分の色が抜けてきたりと、スムースレザーとはまた違うトラブルです。

スエードの毛羽立ちを火で炙ってみた。【紙やすりの使い方も】
紳士靴の中でも意外とケアが難しいスエードシューズ。 毛羽立ってしまったスエードに頭を悩ませる方は少なくないと思います。 ...

そして一番頭を悩ますのが”スエードの補色”ではないでしょうか。

様々な色味が存在するブラウンカラーともなると、選択肢が多すぎてどれを選んで良いかわかりませんよね。凝り性の私は色々と試しているうちになかなかの数のスエード補色アイテムが揃ってしまいましたので今回ご紹介することにしました。

スエードスプレーカラーチャート

ということで6種類のスエード補色シューケアアイテムのカラーチャートがこちらです。

上から

  • サフィールノワール スペシャルスエードスプレー
  • コロニル ヌバックべロアスプレー
  • Famaco スエードカラーダイムリキッド

のダークブラウンとブラウンです。

サフィールノワール スペシャルスエードスプレー

サフィールノワールのスペシャルスエードスプレーは、フランスが世界に誇るシューケアブランド”サフィール”の最高級ライン”サフィールノワール”から販売されるスエードスプレーです。

私自身もスエードブーツのプレケアなどにニュートラルカラー(無色)を使用しており、その栄養効果には高い信頼を置いています。ふんだんに含まれたアーモンドオイルは必ずあなたのスエードブーツにしなやかさを与えてくれます。

ダークブラウン

サフィールノワール スペシャルスエードスプレーのダークブラウンカラーはやや赤みが入った濃茶となります。光りが当たっていないSNUFF SUEDEの色味にもっとも近いのではないでしょうか。

スエードスプレーを使った補色の仕方【サフィールノワール スペシャルスエードスプレー】
秋冬に限らず、雨の日でも大活躍なスエードシューズ。 その起毛素材は足にぬくもりを与え、スムースレザーよりも柔らかな履き心地で持...

ブラウン

サフィールノワール スペシャルスエードスプレーのブラウンはかなり赤味が強い明茶となります。漢字で表現するならばまさに赤茶。

少しレンガのような色合いが特徴です。

ダークブラウンとブラウンを比較

ダークブラウンとブラウンを並べてみました。

スプレー缶に貼られている色見本よりも一段明るい印象です。

コロニル ヌバックべロアスプレー

次にご紹介するのがドイツのコロニル社。こちらのシューケア用品も極めて品質が高いことで有名です。上級ラインとなる”1909シュプリーム”シリーズは、私は靴クリームもかなり愛用していますし、スエードスプレーもその優れたオールインワン性能は普段使いにピッタリです。

コロニル 1909防水スプレーの使い方とレビュー【シュプリームプロテクトスプレー】
革靴用の防水スプレーは色々な種類が出ていますが、ここ最近私が一番楽ちんだなあと感じているのがこのコロニル 1909シュプリームプロテ...

しかし残念ながら1909シュプリームシリーズではカラー付きのスエードスプレーを販売していないので、コロニルの場合は通常ラインのスエードスプレーを選ぶことになります。

とはいうものの、1909シュプリームのプロテクタースプレー同様にフッ化炭素樹脂が含まれているので防水性にも優れたナイスなアイテムであることに変わりはありません。

ダークブラウン

コロニルヌバックベロアスプレーのダークブラウンはやや黄色みかかった濃茶です。

表現としては焦げ茶が一番近いと思います。

サフィールノワールと比べてやや薄めです。

ブラウン

コロニルヌバックベロアスプレーのブラウンは・・・。

ほぼ黄色です。(笑)

正確にいうとオレンジとイエローの中間くらいでしょうか。

これにはビックリしましたが、スムースレザーはアッパーよりやや薄めのカラーを選ぶと失敗しないというポイントもありますからコロニル社の方向性としてはやや薄めの仕上げなのかもしれませんね。

ダークブラウンとブラウンを比較

ダークブラウンとブラウンを並べてみるとブラウンの黄色みが目立ちます。(笑)

色見本はあまり信用できませんね。

Famaco スエードカラーダイムリキッド

さて、最後にご紹介するのはフランスの老舗シューケアブランドFamaco社のスエードカラーダイムリキッドです。

これは唯一スプレータイプではないスエード補色アイテムで、スポンジ先端に補色リキッドをしみこませて直接スエードシューズに塗りこむタイプです。

スポット的な補色が出来るのが売りです。

防水性は無いため、使用後は防水スプレーをかけてあげる必要があります。

ダークブラウン

Famacoスエードカラーダイムリキッドのダークブラウンはとっても濃いです。

ダークブラウンというよりチョコブラウンに近いかもしれません。

ブラウン

ブラウンは反対にかなり明るめ。

色の傾向としてはサフィールノワールのブラウンとかなり近いレンガ色の赤茶です。

ダークブラウンとブラウンを比較

とにかくダークブラウンの濃さが目立ちます。

色見本にはかなり近い印象。

色別比較

ダークブラウン系

ダークブラウン系はシューケアブランドによってかなりアプローチが異なる結果となりました。

Famacoはチョコレートに近く、コロニルは黄色みがあり、サフィールノワールは赤味がかかったダークブラウンとなっています。

ブラウン系

ブラウン系はレッドかイエローかと言ったところ。

コロニルのイエローっぷりが目立ちます。(笑)

まとめ

ということで今回はスエードスプレーをはじめとするスエード補色のシューケアアイテムの実際のカラーのご紹介でした。

私は自分のスエードブーツのカラーを探し当たるまではだいぶかかりました・・・。スムースレザーとは異なり、あまりやり直しが効きづらいスエードの補色。

お手持ちのスエードアイテムの補色に少しでも役に立てば幸いです。