CREP(クレップ)の防水スプレーならキャンバススニーカーでも安心!【油汚れも弾くプレミアムケア】

世の中には色々な防水スプレーがありますが、最近スニーカーショップなどでよく見かけるのがこちらのCREP(クレップ)の防水スプレーではないでしょうか。

ABCマートでアメダスなどの横に置かれ始めたこの防水スプレー。

キャッチーでどことなくアメリカを感じるオシャレなパッケージはどうしても目に入ってきてしまい、いつの間にか気になる存在に。

ちょうど良いタイミングで自宅で使っていた防水スプレーが無くなったのでさっそく購入してみました。

created by Rinker
Crep Protect (クレップ プロテクト)
¥2,200(2020/06/06 09:18:30時点 Amazon調べ-詳細)

クレップ(CREP)とは?

シューズクリーナー界に突如として現れたCREP。

創業は2012年で本社はアメリカではなく、あのイギリスロンドンです。

これまでまったく開拓されていなかった「プレミアムスニーカーケア」を売りにした製品群が特徴で、栄養ドリンク業界の革命児”RED BULL”と同様に、若者文化と数多くコラボレーション・サポートすることで徐々にそのシェアを拡大していきました。

有名なDJとのコラボレーションや、NBAとのパートナーシップ、さらにはニーカーシーンを代表するあのADIDASとのコラボなどなど…

クレップとアディダスのコラボ

出典:https://www.complex.com/sneakers/2019/12/crep-protect-adidas

今では、イギリスのサンデータイムス ファストトラック100では2位。

フィナンシャルタイムスではヨーロッパでもっとも急成長しているブランドにも選ばれています。

CREP PROTECT SPRAY

雨だけではなく、汚れも防御

そんなCREPが発売する防水スプレーは、雨や雪の防水だけではなく、シミの原因となる油汚れも弾く高性能さが売りです。

 

スムースレザー、スエード、キャンバス素材に使える!

クレッププロテクト防水スプレーは一般的なスニーカーに使用されるほとんどの素材をカバーしています。

CREP防水スプレーが使える素材

  • スムースレザー
  • スエード
  • ヌバック
  • キャンバス(布)

これだけの素材に使えれば基本的に困ることはありませんね!

ただし、プレミアムスニーカーで割と使われがちなエナメル素材はNGですので注意が必要です。

CREP防水スプレーが使えない素材

  • 爬虫類系皮革
  • エナメル
  • ガラスコーティング系
  • ポリウレタンコーティング
  • ビニールコーティング

キャンバス素材のスニーカーに使ってみた

さて、色々とパッケージや成分で効果を訴求していても実際に使ってみないと効果を計ることはできません。

タイミングよく、一番水が染み易いであろうキャンバス素材(麻や綿で織られた布素材)のスニーカーと一緒に購入してみました。

今回はこちらのスニーカーにクレップ防水スプレーを使って、その防水性能を検証してみたいと思います。

 

1.CREP防水スプレーを振る

見ての通り、外は冬。

大変に寒い中で検証しております。笑

クレッププロテクト防水スプレーをよく振ります。

ここは一般的な防水スプレーと同じですね。

2.スニーカーから20cm離してスプレーする

缶をよく振り終わったら、スニーカーから約20cm離してスプレーします。

噴射の強さは一般的なスプレーと同程度でとくに物足りなさを感じることはありませんが、強さ的にも20~30cm離さないと狭い範囲に集中して液がかかってしまうので注意!

(この画像はちょっと近いです。笑)

3.30分乾燥させる

スプレーをしたら30分程度乾燥させ、防水成分がスニーカー素材に定着するのを待ちます。

 

4.もう一度スプレーする

大切なプレミアムスニーカー用防水スプレーですから、クレップは万全を期すために2回スプレーすることを推奨しています。

そういえば、さっきはシュータン部分が靴ヒモ隠れていたな…と思いながら2回目をスプレー。

5.再度30分乾燥させて完成!

二度目のクレップ防水スプレーを噴射し、乾くのを待ちます。

とくにシミができたり、膜ができたりと見た目に主だった変化はありません。

 


クレッププロテクトの防水性はどうなのか?

さて、それではジョウロから水を垂らしてみましょう。

これで大雨に降られたときの防水性を検証することができます。

防水効果は絶大!

CREP PROTECT防水スプレーの撥水効果

おお~!めちゃくちゃはじきます!

まるでプラスチックの上に水をかけているかのような弾きぶりです。笑

ちなみに、そもそも新品のキャンバス地だから結構水を弾くんじゃないの?と思いの方もいると思います。

私も自分でテストしながらそう思いました。笑

 

クレッププロテクト防水スプレーを使わなかった場合

そんな訳でクレップ防水スプレーを使っていない方のスニーカーに水をかけたのがこちらです。

 

キャンバス地に水がガンガン染みこんでいきます。

いやこれスプレーしてなかったら大変なことになってしまったなと。

一方で、クレップ防水スプレーさえかけておけばキャンバススニーカーでも全然雨を気にしなくて良いこともわかりました。

これなら春先にちょっと天気が不安定なときでも安心してスニーカーを履けそうです。


CREP防水スプレーのまとめ

ということでキャンバス地のスニーカーにも効果特大のクレップ防水スプレー。

一般的に防水スプレーは雨に当たる都度使う必要があるものですから、

ちょうど買い替えのタイミングにある方は一度試してみてはいかがでしょう?

  • 通気性はそのままに水と油を弾く!
  • 1度スプレーすれば最大4週間効果あり
  • 一缶で12足使用可能!
  • あのADIDASともコラボしたほどの実力!
created by Rinker
Crep Protect (クレップ プロテクト)
¥2,200(2020/06/06 09:18:30時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました