初心者向け!革靴を履き下ろす際にやるべきたった1つのこと。

その革靴履く前に!

本格靴を購入すると1足につき数万円以上の費用がかかってきます。

もちろんほとんどの方はポンポンとはその費用は出せず、色々な情報を調べてみたり、実際に履き比べたり、寝る前に想像してみたり、と色々なことを行為を行って購入に至っていると思います。

そして、そんな様々なストーリーを経て、いざ新しい相棒が手に入ったとき。やっぱりすぐに足を入れて外に行きたくなるというのは仕方ありません。

だけどちょっと待ってください。たった1つのことだけやってみてください。

革靴を履き下ろす前にやるべきたった1つのこと

革靴を履き下ろす前にやるべきたった1つのことをやらなかった革靴

これは私がこれからオススメする”革靴を履き下ろす前にやるべきたった1つのこと”をやらなかったチャーチのコンサルです。

革靴を履き下ろす前にやるべきたった1つのことをやった革靴

そしてこちらは”革靴を履き下ろす前にやるべきたった1つのこと”をやったチャーチのチェットウインドです。

何が違うかお分かりいただけたましたか?

念のため、別の写真も。

革靴を履き下ろす前にやるべきたった1つのことをやらなかった革靴【別角度】

革靴を履き下ろす前にやるべきたった1つのことをやった革靴【別角度】

もうお分かりいただけだと思います。

そう、たった1つのことをやっていない革靴には革が割れたようなシワが入ってしまっているのです。反対にたった1つのことをやった革靴には足の形に沿った綺麗なシワが入っているのがこれまでの画像で確認できます。


革が割れたようなシワがなぜ悪いのか。

理由は単純明快で革が割れたようなシワが入る事=革靴の寿命が縮まってしまうからです。このシワは革自体が硬い状態で屈曲の動きが入ったことで生じます。革靴は製造される際に釣り込みと呼ばれる作業で革を引っ張りながら整形していくため、屈曲の動きの影響はより強く働くことになります。そしてこのシワが入ってしまうと長年の屈曲運動に耐えれなくなったとき、そこから革は割れてしまいます。

ではどうすればいいのでしょうか。答えはとっても単純なんです。

・・・

革靴を履き下ろす前に必ずシュプリームクリームを塗る!

履き下ろす前の革靴の屈曲部のみに(親指と小指の付け根を結ぶライン)シュプリームクリームを塗りたくります。

屈曲部に革が割れたようなシワが入ることを防ぐには、屈曲部にシワが形成される際に極めて柔らかい状態にしてしまえばいいんです。

デリケートクリームでも良いですがシュプリームクリームがオススメです。理由はその成分。デリケートクリームで有効なのは革を柔らかくする作用があるラノリンだけですが、シュプリームクリームはラノリンに加えてシダーウッドオイルが配合されているため、めちゃくちゃ浸透力が高いんです。

実際に履き下ろす前の革靴で実践。

とはいうものの、こんな1夫婦の趣味ブログですから信憑性にかけますよね。そこで先日ついに届いたChurch’s Diplomat Walnuts Nevada Calfを使って実演してみたいと思います。

屈曲部分(親指と小指の付け根を結ぶライン)にシュプリームクリームを塗ります。

塗って5分待ち塗って5分待ちを4-5回繰り返します。

ボールジョイント部にも忘れずに。

※決して靴紐部分やキャップ部分には塗らないことをオススメします。今後の通常のお手入れの範囲でまったく問題ありません。屈曲部分を柔らかくすることが目的なのです。

こちらが5ラウンド分のコロニル シュプリームクリームを塗り終わったディプロマットです。

実証実験スタート

踵を上げました。屈曲部分に注目してみてください。

踵を戻しました。シワの入った部分がありますが、革が割れたようなシワは一切入っていないのが確認できますね。

革が割れたようなシワ

念のため、横からの図も。やはり革が割れたようなシワは入っていません。成功です!

ニュートラルカラーのクリームを塗りたくっているので一部白くなります。ブラッシングで落としておきます。

これでこの素晴らしい靴ともさらに長く一緒に過ごせることになりそうです。

これまで革が割れたようなシワがなぜか入っていた人

ぜひ次回の新しい革靴をおろす際に試してみてはいかがでしょうか。

※もちろん自己責任でお願いいたします!

履きおろし前のケアをしたブラックカーフ

ブラックカーフでもしっかりと効果があるのか。という点は誰もが気になる点だと思います。

ということでプレメンテをしっかり行ったチャーチのコンサルの画像を友人から送ってもらったのでご紹介。ご覧の通り、割れたような皺は入らず細かい皺となっています。

やはり革靴のプレメンテは大事ですね♪

今回使ったコロニル シュプリームクリームはこちら。

革靴の履き下ろし関連記事はこちらから!

スエード靴を履き下ろす前のプレメンテ手順。(履く前のお手入れ)
先日、ついに手に入れたスエードチャッカブーツ。 悩みに悩んで私が選んだのは高品質な靴作りで有名な英国靴の超老舗Crockett&...
J.M Weston ゴルフをコロニル1909シュプリームクリームでプレケア【皺入れ】
まさか人生でゴルフの2回目のプレケアをやることになるとは思ってもいませんでした。 むしろここまで本格靴にハマることになろうとは...

革靴の磨き方はこちらをご覧ください。

革靴の磨き方・お手入れ方法(全工程解説写真付き!)
革靴のお手入れ、磨き方はどうすればいいのか。 色々なやり方がウェブ上にすでに溢れていますが、今回は自分自身の手法の振り返りも含めて全行...

コメント

  1. アサツ ヒサオキ より:

    先日、チャーチのシャノンを購入しました。
    ブログでシャノンを履き下ろす前に、チャーチのチューブ型靴クリームを塗り込みが紹介されていましたが、このブログで紹介されているコロニクルのシュプリームクリームを塗り込むのと、どちらが良いでしょうか?
    一旦、チャーチのチューブ型クリームを塗ったのですが、屈曲部分にはシュプリームクリームの方が革が割れたようなシワが入らないのであれば、屈曲分にはシュプリームクリームを塗ろうと考えています。
    シャノンに、一目惚れで、大切に履き込んで行きたいので、教えてください。
    よろしくお願いします。

    • miura_h miura_h より:

      アサツ ヒサオキ様

      コメントありがとうございます!
      そしてシャノンのご購入おめでとうございます!デザイン、品質ともに長く履ける最高の一足ですよね!

      さて、シャノンに採用されているポリッシュドバインダーカーフ(=ガラスレザー)は樹脂加工されているため、水分が大変入りづらいことで有名です。
      現時点での私の意見としては、コロニルのシュプリームクリームは樹脂加工がされていないレザーに特に効果を発揮すると考えています。
      反対にシャノンのような樹脂加工がされているガラスレザーではそもそも水分が浸透しずらいため、ある程度の油分さえ入っていればどのクリームでも変わりないんじゃないかなあとも考えています。
      そうなるとどの程度の油分がベストなのか?となりますが、この場合は靴の製造元が販売している純正クリームが選択として間違い無いと思います。
      ※チャーチの店員さんからも純正クリームで栄養が入るというお話を伺ったこともあります!

      また、割れたような皺については、新品の樹脂加工されたガラスレザーではそもそも入らないと考えています。なぜならチャーチのガラスレザーの靴を5足程度所有してますが一つもこのタイプの皺は入っていないですし、仮にもし発生したのであればそれは樹脂面のひび割れなので、そうなると樹脂自体の劣化が原因と考えられることから新品ではまず発生しないのかなあと。
      代わりにミミズ腫れのような皺が入ることがありますが、これは製造直後のモデルでも発生したため革の乾燥が原因というよりも個体差の可能性か、あるいは急な屈曲が原因かもしれません。
      妻が持っているシャノンなどは皺が入らないように少しずつ少しずつ履いていたためかカーフのような細かい皺が入っていますが、私はいきなり実践投入したためかミミズ腫れのような皺がそこそこ入っています。クリームは結構入れてたんですけどね(泣)

      ということで結論としては
      ・チャーチ純正クリームのままで問題ないと思います。
      ・履き始めは急に屈曲させないように徐々に馴染ませることをお勧めします。
      というのが私の意見となります。

      長々と書いてしまいましたが、実は近いうちにポリッシュドバインダーカーフの浸透に関する記事を書こうと思っていますので、もしまた訪問されることがあったら是非チェックしてみてくださいね!

  2. アサツ ヒサオキ より:

    早速、教えていただきまして、ありがとうございます!!
    丁寧に解説頂いたので、迷いが解消されました。
    これから、アドバイスに従い、徐々に履き込んで、自分の足に馴染むキレイな靴に仕上げていきたいと思います。
    近々、予定されているポリッシュトバインダーカーフの記事もお待ちしております。

  3. チャーチ好き より:

    おっしゃっている内容はごもっともだと思います!しかしチャーチのボックスカーフとネバダカーブでは硬さが違うため、参考になりづらいです。同じ素材で比べないとですが、そんなリスクは背負えないですよね〜

    • miura_h miura_h より:

      チャーチ好き様

      コメントおよびご賛同いただきありがとうございます!

      ご指摘の点についてですが、ご存知の通り一言でカーフと言っても様々な鞣し方のものがある中で網羅性を持った検証報告は個人ブログではなかなか難しいところです。(泣)

      とは言うもののブラックカーフの靴で比較写真があるとよりわかりやすくなるのはおっしゃる通りで、またいつか同様の靴を購入することがあれば写真を追加したいところです。
      何年後かに見に来ていただくとひょっこりと写真が追加になっているかもしれません。(笑)

  4. Mっさん より:

    こんばんは。先日カドガンを履き下ろす前に、御指南どおりシュプリームクリームを塗りたくりました。
    効果覿面、ほんとに履き皺がゆるやか!
    ここまで差が出るなんて。
    ウィリアムIIブーツも同様に準備して、デビューを待っております。
    ありがとうございます。

    年明けロンドンで一泊なのですが、ジャーミンstで何か買ってしまいそうで怖いです。

    • miura_h miura_h より:

      Mっさん様

      お久しぶりです!シュプリーム作戦が無事に成功して私も嬉しいです。
      ウィリアムIIブーツはこの季節大活躍しそうですね~。
      個人的にここ最近ドレスブーツ熱が高まっているので羨ましい限りです。

      ロンドンで一泊ですか!それは良い意味で不味いですね(笑)
      ジャーミンstといえば靴とは離れてしまいますが、FLORIS(香水店)を是非お勧めしたいです。ジョンロブの隣にあるのですがエレガントな香水はもちろん、素晴らしい接客が忘れられないお店です。(もちろん何か買ってしまう確率も上がります)