【MTO完成】Church’s(チャーチ) Stratton(ストラットン)


人生初MTO第二段!

チャーチから届いた国際郵便

前回の記事で紹介した国際便

そう、あの大きさの段ボールにたった一足の靴だけが入っているわけがありません・・・。

実は人生初MTOでは2足注文していました。もう1足はどんな靴なのか?

その答えは意外なほどにシンプルなもので、、、黒のプレーントゥです。

魅力的なプレーントゥ

妻がシャノンを手に入れてからというものとっても気に入ってる様子。

それを見た私はとってもプレーントゥがほしくなっていました。笑

靴好きになると少し凝った靴に目が行きがちですが、やはり普段からハイセンスな妻。

シンプルなブラックシューズが持つ飽きない魅力にいち早く気づいていたようです。

妻がとっても気に入っているシャノン

サイズ感とラストについて

ただ問題なのはサイズ感、シャノンのメンズは通常103ラストと呼ばれるコンフォータブルなラストを使用しており、その履き心地というサイズ感はチャーチの大定番173ラストとは大きく異なります。

シャノン103ラスト

ストラットン173ラスト

今でこそ103ラストでは85Fがジャストサイズなのがわかっていますが、当時173ラストで4つのサイズを試してやっと80Gが適正とわかった私には新しいラストをまた試すのは中々難しく大変なのは明らかでした。

ということで、チャーチに相談した結果、173ラストで製作できるプレーントゥとして「Stratton(ストラットン)」の提案を受けたため、MTOするに至ったわけです。

いざチャーチのストラットンを開封!

チャーチ ストラットン

Church’s Stratton 173last

予想以上にチャーチの名作プレーントゥシャノンに非常に似た佇まい。雨雪靴として使用を想定したので素材はポリッシュドバインダーカーフを選択しました。

Church’s Stratton 173last

斜めから見るとシャノンとの違いが少しずつ見えてきます。まず一つ目はコバの張り出しが明らかに控えめなこと。二つ目は、、、

スキンステッチはオミット

Church’s Stratton 173last

そうこの羽根部分のステッチがスキンステッチではないのです。

画像出典:チャーチ公式サイト Church’s Shannon

画像の通り、シャノンは羽根部分がハンドスキンステッチで中に折り込まれています。

このハンドスキンステッチ、個人的には非常にツボだったので、当初173ラストでシャノンを依頼してみたのですがどうも木型が異なると制作も難しいらしく縫い付けタイプのストラットンとなった経緯があります。

(46ポンドも安くなるうえに、縫い付けの外羽根のほうが古典的なスタイルかつエレガント。そしてストラットン自体も非常に珍しいタイプだと言われたら変更しない理由がありませんでした。笑)

アウトソールはダイナイト

ダイナイトソール

Church’s Stratton 173last

ソールは堅牢性に非常に優れた英国産のダイナイトソール。この素晴らしくタフなソールのおかげで雪道雨道でもガンガン使用することができます。

Church’s Stratton 173last

ダブルソールなので非常に重厚な仕上がりとなっています。

この靴をオールソールするまでに一体何年かかるのだろうか・・・。

Church’s Stratton 173last 80G and Chetwynd 173last 80G

ヒール側のゴツさは同じ173last 80Gのチェットウインドと比べても一目瞭然です。

頼もしいストームウェルト

ストームウェルトのアップ

Church’s Stratton 173last

もちろんストームウェルトを採用し、ポリッシュドバインダーカーフとダイナイトソールの組み合わせにより、雨雪に非常に有効な耐性を持っています。(革靴の中では相当持っているはず)


シャノンとストラットンを比較する。

Church’s Stratton 173last

Church’s Shannon 103last

画像出典:British Made http://www.british-made.jp/fs/british/churchs/gd92

上から見るとStrattonはチャーチ定番Last173なのがよくわかります。

下の画像はシャノンの103Last。シャノンのほうがボールジョイント部からつま先にかけての空間が広めかつ、親指側が直線的なラインに設定されていることがわかります。

自分の足の形を考えるにしっかりとサイズを合わせればシャノンのほうが私の足には合うかもしれません。

羽根裏は袋べロ仕上げ

袋ベロ仕上げ

Church’s Stratton 173last

シャノンと同じ袋ベロ仕上げ。この仕上げのおかげで雨や雪が足に入り込む可能性は非常に少ない上、本当に包み込まれるような履き心地となっています。


各部分を計測

Church’s Stratton 173last

各部分を計測していきます。こうして見ると幅広Gのくせに本当にエレガントな顔立ちです。見た目は結構大き目でゴツイんですが、履いてみるとその印象がかなり軽減されます。

Church’s Stratton 173last

ソールの全長は31.6cm

Church’s Stratton 173last

横幅は11.5 ストームウェルト分が利いてますね。

Church’s Stratton 173last

くるぶしまでは5.8cm

Church’s Stratton 173last

ボールジョイント部は17cm

Church’s Stratton 173last

第一関節部は13.5cm


実際に履いてみる

妻のシャノン2WRと。私の足の大きさが際立ちますね。やはり、メンズシャノンと異なって非常にドレッシーなプレーントゥだということがわかります。

チャーチのシャノンとストラットン

Church’s Shannon2wr and Stratton 173last

さて、残るMTOはあと1足となりました!

【旅行記】ロンドンのジャーミンストリート。その2(チャーチでMTO編)

夏くらいには到着ということなので、今年の夏が楽しみです。