タピール シュムッツブラシの使い方【靴底用ブラシ 】

革靴だったりスニーカーだったりブーツだったりと色々な種類の靴があるように、様々な種類の靴底(ソール)があります。

革靴で使用される革製のソール(レザーソール)、滑りずらいことで有名なラバーソール(ダイナイトソール、はたまた雪道に強い特別なゴムを使ったアークティックソールなど、靴と同じように様々な種類があります。

靴は色々な場所へ持ち主を連れていってくれますが、その度に砂やほこり、時には泥だらけになるのが靴底です。

アッパーの手入れ(靴磨き)は良くするものの、意外と放置しがちになるのがこの靴底の掃除ではないでしょうか。

私自身もそこまで高い頻度で靴底の手入れは行っておらず、たまーにタワシブラシを使うものの、あまり汚れが取れないのでそのままにしていることもありました。

上記のような凸凹したソールなんて全然タワシブラシじゃ取れません・・・。


靴底掃除の救世主 タピール シュムッツブラシ

そんなときに出会ったのがこのタピール シュムッツブラシです。

レーダーオイルやレーダーフレーゲというオレンジフレイバーの自然派シューケア用品が目立つ同社ですが、こんなニッチで超有用な商品も出していました。

タピール(Tapir)レーダーオイルの使い方【最高に革靴に優しい汚れ落とし】
ここ最近シューケアグッズに興味津々の私です。 今回は前から気になっていた自然派ブランド"Tapir(タピール)"のシューケアグ...

シュムッツブラシの素材

シュムッツブラシはタピールのシューケア用品と同じように自然なものだけで作られています。ブナ材とココヤシ繊維のみのシンプルな構成で作られています。

シュムッツブラシのディテール

シュムッツブラシは靴ブラシにしては珍しいとんがり型。

大きさは小さめのブラシくらいです。

ココヤシ繊維の毛はタワシではまったく太刀打ちできないくらいの長さ。

約2cmと一般的なブラシと同じくらいでしかもその弾力性は半端じゃありません。

これは期待大!

3つのソールでシュムッツブラシの使い方を解説

せっかくなんで3種類のソールを一気にお手入れしてみることにしました。

左下から下記となります。

  • ラバーソール(ダイナイトソール)
  • 革底(レザーソール)
  • スニーカーソール(ゴム+ポリウレタン)

ラバーソール(ダイナイトソール)の汚れを落とす

まず1つ目は革靴好きなら誰でも1足は持っているこのボツボツのラバーソール(ダイナイトソール)です。リーガルをはじめとするドレスシューズでは超定番のソールです。

今回試すのは私の雨の日用シューズ一軍。Church’sのシャノンによく似ているがちょっと違うポリッシュドバインダーカーフを使用したStrattonです。

【MTO完成】Church's(チャーチ) Stratton(ストラットン)
人生初MTO第二段! そう、あの大きさの段ボールにたった一足の靴だけが入っているわけがありません・・・。 実...

タワシブラシでは届かなかったボツボツの溝にもココヤシ繊維の固いブラシがガンガン入り込んでいきます。

横から見るとその効果は明らか。

私のソールの削れも明らかですが、溝に入った汚れを逃すことなく掻き出すことができます。

Tapirシュムッツブラシでお手入れした後のラバーソール(ダイナイトソール)

靴底にへばりついていた汚れや溝に入っていたゴミなどが全てなくなりました。

これは間違いなく良いブラシです!

革底(レザーソール)の汚れを落とす

次にシュムッツブラシを試すのは革で出来たレザーソールです。

J.M Weston180ローファーの底を綺麗にしていきたいと思います。

幸か不幸かあまり汚れていないですね。

JMウエストン 180ローファー プレメンテと履き馴らし初日の様子
先日のフランス旅行でペア購入したものの紆余曲折あって漸くマイサイズを別途入手したJMウエストンのシグニチャーローファー180。ついにこの靴た...

革底なのであまり力入れない方が良いかも?

と思いましたがそれなりにしっかりとブラッシングしてみました。

表面に若干付いていた砂や汚れがどんどん落ちていきます。

しかも面白い現象が発生。

シュムッツブラシでブラッシングした後のレザーソールを指でなぞると・・・。

スエードのように毛並みが変わる。(笑)

レザーよりココヤシ繊維のほうが若干固いから本当に微妙な起毛な仕上がりになりました。

この状態にしてからレザーソールオイルなどを使用すると抜群の性能を発揮しそうです。

雨の日のレザーソールケア(ソールトニックを使った革底のお手入れ)
本格靴と言えば革底。 ドレスシューズと言えばレザーソール。 まだ合成底のリーガルしか知らない若き日にこのレザーソールにどれだけ憧...

スニーカーソール(ゴム+ポリウレタン)の汚れを落とす

さあ、最後に綺麗にするのは意外と登板回数が多いスニーカーです。

タピールのシュムッツブラシに使われている2cmものココヤシ繊維はどんなスニーカーの溝も逃がさず綺麗にしていきます。

スニーカーの溝に入っていた泥やゴミは全て取れました!

もう1段階綺麗にするには洗剤系を使うしかなさそうですが、どうせ地面を歩くソールだとこのくらいで十分かもしれませんね。

ドレスシューズと違ってあまり気を使わないで履くことが多いであろうスニーカーは思った以上に汚れているものです。日々のケアで綺麗な状態を保ちたいですね。

タピール シュムッツブラシのまとめ

ということで思った以上の性能を発揮してくれたタピールのシュムッツブラシ。

靴底の汚れ落とし専用ブラシとしては100点としか言いようがありません。

靴底のお手入れに悩んでいる方には本当にオススメです!

そもそもこんなニッチな商品はこのブラシくらいしか無いところもありますが。(笑)

  • 玄関に常備しておきたい靴底用ブラシ
  • 靴底があっという間に綺麗になります
  • 求めやすい価格も嬉しい!