ユタカーフ(Utah calf)のシューケア方法【エドワードグリーンパリ店直伝】

エドワードグリーンパリ店にて教えてもらったユタカーフのお手入れ方法をご紹介します。

関連記事:エドワードグリーン フランスのパリ店にてDoverを買う。

さて、エドワードグリーンは数々の名作シューズがありますが、1つユニークな素材を持っているのはご存知でしょうか。それがUtah Calf(ユタカーフ)です。

エドワードグリーン独自のこの素材は非常にエレガントかつ柔軟性に優れており、優しい足入れ感が特徴的です。しかもオイルドレザーのため雨や雪にも非常に強い耐性を持っています。


デラプレ&ユタカーフとは(公式サイトより)

意訳元:http://www.edwardgreen.com/discovery/delapr%C3%A9-utah-leathers

デラプレとはノーザンプトンにある古い修道院の名前で、一般的なカーフに比べてポリッシュ仕上げを行っていない極めてナチュラルな革素材です。

9種類のオイルを使ったオイルドレザーとなり、ふっくらとした感触と柔軟性が特徴的です。

ブルターニュとドルドーニュで生産された最高のカーフから作られますが、薄くて丈夫な革のみを使用するので10枚製造しても1枚しか使用できる革はありません。

ユタカーフはこのデラプレに型押しを施したものです。(シュリンクレザーではなかった!)

以上のことからユタカーフ=型押しオイルドレザーということがわかりました。

Utah Calf(ユタカーフ)のケア方法

エドワードグリーンパリ店の店長、シバルトさんに教えてもらいました!

他にもフィッティングの相談に乗ってくれたり、日本について聞いてくれたりととても素晴らしい方でした。ありがとうございました!

ユタカーフのメンテで必要なもの

10枚に1枚しか合格とならないユタカーフ、どんな繊細なシューケアをするのかと思ったら、たったの4つだけでした。(笑)

  1. ストッキングを丸めたもの。
  2. 綿の布(着古したTシャツなどでOK)
  3. サフィール ユニバーサルレザーローション
  4. サフィールノワール クレム1925

1.靴の汚れを落とす

まずは丸めたストッキングで靴についてほこりなどを落とします。ほこりや砂が取れればいいので、ブラシでもなんでもOKです。私はほこり取り用ブラシで対応しようと思います。

2.サフィール ユニバーサルローションを塗布

次に使うのがサフィール ユニバーサルレザーローションです。

このユニバーサルレザーローションは乳液状となっており、汚れ落としのみならず栄養、柔軟性、そして光沢を与える万能かつ極めてマイルドな製品です。

綿の布に少量取ってから

靴全体に大きく手早く塗り広げます。

このときクリームやほこり以外の汚れを落とすことができます。強くこする必要はありません。また同時に革に栄養が入ります。

塗り終わったら丸めたストッキングでアッパー上に余った余分なローションを取り除くイメージで軽く擦ります。

(ストッキングって万能なんですねえ)

3.サフィールノワール クレム1925を塗布

次にサフィールノワール クレム1925を使います。

先ほどと同様に少量を布に取ります。

つま先側やカカト側から全体に塗り広げていきます。(芯材があるところからスタートすることで型崩れを防いでいるのかもしれません)

クリームを擦り込むように塗り広げていきます。

アッパー以外も忘れてはいけません。

コバにもサフィールノワール クレム1925を塗布します。

5分待ちましょう。これはサフィールノワール クレム1925の説明通りで、ユタカーフ(Utah Calf)にクリームの成分が浸透するのを待つためです。

4.ストッキングで磨き上げる

5分待ったらストッキングを丸めたもので磨き上げていきます。

じんわりとした光沢が出てくるはずです。

また、ワックスをかける必要はありません。

完成!

完成です!

せっかくなのでいくつか気になった事を質問してみました。

ユタカーフ(Utah Calf)のお手入れ頻度について

2週間に1回程度で良いです。

ユタカーフ(Utah Calf)はオイルドレザーなので、ケアし過ぎは結果的に注油し過ぎとなり靴の型崩れに繋がります。

なぜサフィールノワールのローションを使わないのか。

私が普段愛用しているサフィールノワールのレザーバームローションですが、なぜ定番ラインのユニバーサルレザーローションを使うのか聞いてみたところ、ユニバーサルレザーローションのほうがよりマイルドなためもともとアッパーが薄めなユタカーフに合うそうです。

雨や雪に濡れた場合の対処法について

しっかりと日陰で乾かした後に今回ご紹介した手順を行うだけで良いです。

決して熱を加えて乾燥させてはいけません。(とくにストーブの近くなどは要注意!革が熱で変形してしまいます!)

今回使用したシューケアグッズはこちらから。

サフィール ユニバーサルレザーローション

  • 保革+汚れ落とし機能
  • 非常にマイルドな性能なのでデリケートレザーにも安心して使用可能
  • あらゆるレザー商品に使える

サフィールノワール クレム1925

  • 万博で金賞を取ったときのレシピで天然成分から作られた最高品質のクリーム!
  • あらゆる皮革(アッパー素材)に使用できる万能性!
  • 靴業界ひいてはレザー業界にもOEM供給するほどの卓越した品質!