コロニル1909シュプリームタンブラウンを試す。

私の一番のお気に入りの靴クリームと言えばドイツのシューケアメーカー、コロニル社が販売している1909シュプリームシリーズです。

当ブログでは私ミウラのお気に入りということもあって絶賛激PUSH中のこの靴クリーム。

今回、新しいカラーを購入したのでご紹介したいと思います。


Supreme Creme de luxe Tan

ということで今回新たに入手したのはタンというカラーです。

日本人はタンと聞くと焼肉の部位を思い描きがちですが、ひとたび靴業界から言うとタンはライトブラウンのことを指す単語となります。

1909シュプリームクリームデラックスとは

ドイツで作られた1909シュプリームクリームデラックス。

皮革への浸透性が高いシダーウッドオイルとラノリンを中心とした天然オイルをブレンドしたハイクオリティな靴クリームです。ひとたび革靴に塗りこめばバランス良く保革・栄養効果、柔軟性をもたらし、補色までしてくれる素晴らしいシューケアアイテムです。

またその圧倒的浸透性は様々な皮革にスッと入り込み、あっという間に潤いも与えてくれます。私自身、新品の靴を履き下ろす際にはこの1909シュプリームクリームの無色を必ず使用するようにしています。

初心者向け!革靴を履き下ろす際にやるべきたった1つのこと。
その革靴履く前に! 本格靴を購入すると1足につき数万円以上の費用がかかってきます。 もちろんほとんどの方はポンポンとはその費用は出せ...

タンカラーとは

さて改めて色合いを見ていきます。

今回購入したタンカラーはライトブラウンを指します。とはいうもののライトブラウンの幅って結構広いですよね、薄めだったり、ブラウンよりは明るい程度だったりとその塩梅は様々。

コロニル1909シュプリームクリームデラックスのタンカラーはこのようにかなり明るめのオレンジがかったライトブラウンに調色されています。

陽気な雰囲気を感じる色味なので、夏に履くようなライトブラウンにはピッタリそうです。

実際に1909シュプリームクリームタンを使ってみる

さて、私が購入したのは手持ちのライトブラウンの2足にもコロニル1909シュプリームクリームを日常的に使いたいためです。

実際に塗りこんで試してみたいと思います。

J.M.Westonタンブラウン(明るい茶)

まずはローファー好きにはたまらないJ.M.Westonの名作180ローファーです。フランスではマロンブラウンですが、日本ではタンブラウンと呼ばれている色味ですが…。

180クラシックローファーにはちょっと1909シュプリームクリームタンカラーは明るすぎるようですね。

Church’s ウォルナッツ(かなり明るい茶)

さて、次はチャーチの大人気カラー Nevada Walnutです。

オレンジがかったライトブラウンが美しい革ですが・・・、こちらはかなり相性が良さそうです!

コロニル1909シュプリームクリームタンブラウンはオレンジっぽいライトブラウンか、かなり明るめのライトブラウンにピッタリな靴クリームと言えそうです。

このまま塗り広げてブラッシング→バフィングしたのが下記の画像です。

コロニル1909シュプリームクリームタンで仕上げた革靴

想像通りのナイスな仕上がりです。

アッパーの皮革はシットリとしながらぎらつき過ぎない上品な光沢を放っています。指で触ってみると、水分と油分がたっぷりと補給されてとってもしなやかな状態になっていることがわかります。やはりシュプリームクリームデラックスは間違いない!

他のカラーもオススメ!

ちなみに補色機能が不要であればカラーレスはかなり使い勝手が良いのでオススメですし、黒靴をお持ちであればブラックは強くPUSHしたいアイテムの1つです。

コロニル1909ブラックカラーを試す(シュプリームクリームデラックス黒)
コロニルの1909シュプリームクリームデラックスといえば各靴雑誌では超評判の高いプレミアムな靴クリームとして有名です。 ドイツ...

1909シュプリームタンブラウンのまとめ

今回はドイツが世界に誇るシューケアブランドコロニルの最上級ライン「コロニル1909シュプリームクリームデラックス」のタンカラーでした。思った以上に明るいクリームなので、やや明るいブラウン程度のカラーであれば新色となるミディアムブラウンを試すのも良いかもしれませんね。

  • ドイツ生まれの世界最高品質の革クリーム
  • フッ素入りなので防水性も期待できるのが嬉しい
  • 明るめのライトブラウンカラーにピッタリ!