2017年を振り返る。

ふと気が付くと残すところあと4日となった2017年。

振り返ってみるとなかなか充実した1年間だったように思います。

自分自身の記憶を思い出す作業とともに月ごとの出来事を振り返ってみることにしました。


2017年の振り返り

1月

まずは1月、お正月休みに父のリーガルを磨いたことは今でも覚えています。

机の上に新聞紙を敷いて磨こうと思ったら久しぶりに怒られたのが思い出深い。

今や”オシャレ感”も出てきた靴磨きですが、まだまだニッチなシーンだということを思い知りました。(笑)

実際のところ1月は久しぶりの海外旅行ということで12月末にイギリスのロンドンを訪れた余韻がほとんどです(笑)

憧れていた革靴の聖地ノーサンプトンに赴き、靴道楽を十二分に楽しみました。

MTOしたチャーチジャーミンストリート店に直接訪れたり、本場のアフタヌーンティを2回も嗜んでみたり、はたまたミュージカル”レ・ミゼラブル”で寝落ちしてしまったりといくつもの素晴らしい体験をすることができました。

ロンドン旅行記 夫婦でイギリス旅行2日目(ビスタービレッジとハロッズ編)
ショッピングへレッツゴー! 朝早めに起床して出発です。朝の7時半くらいだったと思いますが暗いです。地下鉄に乗りまーすἻ...

2月

2月最大のトピックはチャーチでMTOしていた2足が届いたことでしょう。

ウェブ上でもチャーチでのMTO情報は皆無で、なかなか貴重な体験ができたように思います。

私が靴パラノイアに落ちるきっかけとなったバーガンディのチェットウインド。そして一味違うシャノンを目指して作ったストラットン。2足ともお気に入り達として大活躍してくれています。

Church's Chetwynd(チャーチ チェットウインド) MTO完成!
とある冬の日…大きな国際便がミウラ家に届けられました。 かなりハードな長旅を感じさせる段ボール。 一体どこから・・・? ...
【MTO完成】Church's(チャーチ) Stratton(ストラットン)
人生初MTO第二段! そう、あの大きさの段ボールにたった一足の靴だけが入っているわけがありません・・・。 実...

3月

3月は転勤が決まって忙しなくなってきた中、友人たちと東京旅行に行きました。

初めてのイセメンでエドワードグリーンのMTOに挑戦しましたが、サイズを決め切れず撤退を決断しましたが、この経験が後のフランス旅行に活きる事に。

色々と普段慣れない東京で楽しむことができましたが、一番の思い出はやはり久しぶりの友人たちとブリティッシュバーでお酒を酌み交わしたこと。気の置けない友人の存在の大事さを改めて認識しました。

また一緒に飲みたいな。

チャーチ表参道店とアイランドビンテージコーヒー編【東京旅行1日目】
久しぶりの東京 今回はとあるイベントに参加するために年度末の少々忙しい時期ですが東京弾丸旅行に行ってきました。 目的のイベントは日曜...

4月

新しい職場と地域での生活がスタート。

なかなか新生活に慣れない中、リフレッシュにと妻や友人と言った世界一の靴磨き会社”Brift h”の札幌支店The Loungeで靴磨きレッスンを受けたのが私の靴好き人生で大きな転換期となったのは間違いありません。

靴磨き、いわゆる鏡面磨き(ハイシャイン)の技術を習得できたことで1つ上のステップに上がれたような気になりましたし、革靴自体に対する興味もより深まったように思っています。

Hさん、本当に有難うございます!

ブリフトアッシュ The Loungeの靴磨き教室(カーフ編)
ついにあの最強最高の靴磨き集団 Brift Hを間近で体験! 今回、参加するのはBrift Hの札幌支店 The Loungeの靴...

5-6月

この時期は新しい業務に慣れるために必死だった記憶があります。

ときに前のめり過ぎてからぶってしまうこともありつつ、新しい職場でのバランス感を培っていった時期だったと思います。

忘れてはいけないのがトレエンの斎藤さんがアナザースカイでロンドンに行ったこと。

やはり自分が経験した場所が特集されるのは嬉しいモノです。

ちなみに生田斗真さんもロンドンをアナザースカイとしており、ロンドン旅行中に彼が絶賛したカレー屋”パンジャブ”に立ち寄り舌鼓を打ったのも良い思い出です。

アナザースカイでトレエン斎藤さんが買った革靴について(ロンドン)
トレエン斎藤さんが紳士の国、ロンドンへ! 2017年5月19日(金曜日)のアナザースカイでロンドン特集! ゲストはいまをときめく...

7月

7月はまさかのパリ旅行。

半年前にロンドンに行ったばかりなのにまた海外旅行へ行くの!?と家族や友人に驚かれたのは記憶に新しいところ。

実際にはとある理由によりこのタイミングしかなかったというのが本音ですが、結果的にはパリ祭とパリの夏のセールとなるソルドの両方を経験できるという素晴らしい日程となりました。

イギリス以上にクラシックな街並み、数々の美食、歴史、そしてJ.M Westonを経験することが出来ました。ウェストンフィッティングの沼に勝手にハマったのもここからです。(笑)

パリ旅行記 1日目(パリに到着編)
花の都パリ。 美食の街パリ。 死ぬまで一度は行きたい街、パリ。 パリを修飾する魅惑的な言葉は数多くありますが、私自身はそれ...

8-9月

フランス旅行の楽しさを引きずりながらお盆と残暑を乗り越えた2か月間でした。

パリから北海道の田舎のギャップはちょっと強すぎました。(笑)

急激に増えた靴を整理するためにシューズラックを検討に検討を重ねて構築したのが思い出深いですね。今でも大活躍しています。

革靴用のシューズラックを導入。収納抜群で安い方法とは?
突然ですが、こちらが私のシューズラック(Before)です。 ラックと言うにもおこがましいくらいの状況。 ウォークインク...

10月

秋に入り身の回りのものを見直し始めたのがこの月でした。

シューケアグッズではデリケートクリームをしっかりと選ぼうと思い、結局決め切れず2種類を購入してしまったのが我ながら面白いなあと。

なんだかんだで断捨離とは少し距離があるのかもしれません。

スエード素材に再注目し始めたのもこの時期です。日々インスタグラムなどでスエードタグを検索しては悩む毎日、、、辛かったですね(笑)

デリケートクリームの使い方【7種類の革靴をデリクリでお手入れ】
シューケアに困ったらデリケートクリーム。 革靴を手に入れた人なら一度は聞いたことがあるこのセリフ。 実際に数ある中で一番万能なシ...

11月

秋も終わり、冬が目の前となった11月。

しっかりと先月気になっていたスエード素材のチャッカブーツをポチッていました。

ファッションでは英国モノ好きなら誰もが一着は持っているバブアーを初体験。

その凄まじいまでのシブカッコ良さと機能性にやられたものの、サイズ感はしっくりこずだいぶ時間をかけて選ぶことになりましたし、何より店舗でのショッピング体験の重要さを改めて認識したことも忘れてはいけないと思っています。

値段だけで考えると通販のほうが安いモノは確かにありますが、実際の店舗で商品に愛と情熱を持った方に接客いただき、そして購入するという体験はそれ以上の価値があると改めて感じました。

(と、言いながらスエードチャッカは試着無しの一発勝負を挑みました)

バブアー ビデイルSLとノーマルのサイズ比較【Barbour Bedale】
さて、先日から気になり始めたバブアーのオイルドジャケット"ビデイル(Bedale)"ですが、いよいよそのサイズ選びも佳境に入ってきました。 ...

12月

そして今月。

年末が近づくにつれ忙しくなってきた仕事の折り合いの付けながら

今年もなんとか妻とのクリスマスディナーを楽しむことが出来たのが一番の思い出です。

モノという意味ではやはりJ.M Weston 641ゴルフの買い替えでしょう。いま思い返して見てもなかなか狂気じみたことをやっています。(笑)

未だに履き慣らし中でパソコンデスク用のルームシューズとしてゆっくりと馴染ませています。

J.M Weston 641Golfでハーフサイズ上げ、ウィズ下げをした結果。
J.M WESTONの641ゴルフや180シグニチャーローファーをピッタリサイズで購入した人は1回はこう思うと思います。 「これ、ハー...

来年にむけて

さて、来年に向けての目標は!

と言いたいところですが、想定以上にスピード感あふれる12月のせいで一切考えることができていません。

なので長めにいただいた年末年始のお休み中にゆっくりと決めることにしました。

今回の帰省はあまり予定を入れていないので落ち着ける時間があるはずです。(たぶん)

そういえば実家に帰るための準備もしないと!

あれもやってこれもやって…。

ということで、ゆっくりできるまでにはもう少し時間がかかりそうです。

(終わり)

おすすめ記事

おすすめ記事

この記事をシェアする