Collonil 1909ブラックカラーを試す(シュプリームクリームデラックス黒)

コロニルの1909シュプリームクリームデラックスといえば各靴雑誌では超評判の高いプレミアムな靴クリームとして有名です。

ドイツの巨大企業ザルツェンブロット社が世界に展開するコロニルシリーズの最上級ライン1909シュプリームシリーズの看板商品として投入されたこともあり、評判だけではなくその実力はまさに折り紙付き。

私自身もこのコロニル1909シュプリームクリームデラックスには日々とってもとってもお世話になっており当ブログでも何度かその使い方などをご紹介しています。

コロニル 1909シュプリームクリーム デラックスの使い方とレビュー
超絶評判が良いニュートラルクリーム、コロニル シュプリームクリームデラックス あらゆる靴雑誌や靴磨き職人の方々からとっても絶賛されている靴クリーム「コロニル シュプリームクリーム デラックス」 1つ2,500円前後という非常に高価格...
初心者向け!革靴を履き下ろす際にやるべきたった1つのこと。
その革靴履く前に! 本格靴を購入すると1足につき数万円以上の費用がかかってきます。 もちろんほとんどの方はポンポンとはその費用は出せず、色々な情報を調べてみたり、実際に履き比べたり、寝る前に想像してみたり、と色々なことを行為...

 

今回は前から気になっていた色付きバージョンをついに手に入れたのでその使用感などをご紹介したいと思います!

 


パッケージを見てみる

コロニル1909シュプリームクリームデラックスはこのオシャレな箱に入って販売されています。色ごとの違いはなく、右下のシールでカラーを判別します。

 

革靴用に取り上げられがちなこのクリームですが、この通りスムースレザーであれば革靴に限らず、レザージャケットやソファ、はたまたコードバンなどにも使える万能さも良さの一つです。

 

成分

主成分は1909シュプリームシリーズのメインとなる皮革への浸透力に優れた”シダーウッドオイル”と撥水の定番”フッ化炭素樹脂”、さらには羊の汗腺から取れる圧倒的な保水力を持つワックス”ラノリン”が含まれています。

説明文としても非常に安心できる文章となっており、「バランス良く保革・栄養効果、柔軟性を与え、補色性にも優れております。皮革内部に行き渡ることで微細な皮革繊維に潤いを与え、深みのあるしっとりとしたツヤが生まれます。」とこうまで具体的に書くか!といったところでしょうか。

個人的には細かいところまで具体的な記載があると「ここまで言い切るということは相当製品に自信があるんだろうなあ、こだわりが詰まってて良さそうだなあ」と思ってしまうタチなのでこの商品説明文章時点でかなりグッときています。(笑)

 

使い方

使い方は非常に簡単です。

  1. 対象製品のホコリや汚れをブラシや布で落とします。
  2. 布にクリームを少量取って皮革に均一に塗布します。
  3. 乾いたら、ポリッシングクロスで乾拭きするだけです。

うーん、相変わらず超シンプル!

しかしちょっと靴磨きを齧った人ならこう思いませんか?

「クリーム塗った後にブラッシングしないと付けすぎたクリームを取り除けないし、ブラシでクリームを革に押し込むことができないような・・・」と。

この答えは実際に使用するシーンで出てきます。

 

無色との比較

私が普段から愛用している1909シュプリームクリームデラックス(無色)カラーレスを横に並べました。他社製品に比べるとパッと見の色の視認性は劣りますね。(笑)

 


実際に使ってみる

早速使ってみましょう!

蓋を開けるといつも通りのシダーウッドオイルの香りがブワッと広がると同時に墨汁のような圧倒的黒さを持つクリームが顔出しました。

 

早速手に取ってみます・・・。

あー、これはやばい。(笑)

触った感じも限りなく墨汁に近い!浸透力が恐ろしく高いのが売りのこのクリーム。

下の洋服タンスにこぼしたら本当に妻に怒られます!

急いで革マットを準備します!

 

1.ブラッシングしてホコリや汚れを取り除く

まずは靴全体を馬毛ブラシでブラッシングし、余計なホコリや汚れを取り除きます。

次の工程でクリームと一緒に砂粒などを動かしたらアッパーに傷が付いてしまいます。

 

2.1909シュプリームクリームデラックス黒を塗りこむ

Collonil 1909 Supreme Creme Deluxe Blackを塗りこんでいきます。

私は靴クリームは指で塗りこむ派なので先ほどの画像通りにどんどん指で塗っていきます。

 

1909シュプリームクリームデラックスのすごいところ

まず1つ目は1909シュプリームクリームデラックスが持つ塗ったときのサラサラ感。本当に他のクリームの追従を許さない圧倒的なサラサラ感を持っています。

そして2つ目は浸透力。画像をご覧いただいてもわかる通り、塗ったところがシミになっているんじゃないか?と思うくらいクリームがというよりもシダーウッドオイルが染み込んでいっているのが確認できます。

なのでこのクリームはクリーム塗布後のブラッシングを必要としていないんでしょう。塗り過ぎない限り殆ど浸み込んでしまいます!

 

3.ポリッシンググローブで磨き上げる

クリームを塗った靴が乾いたらポリッシンググローブで磨き上げます。

こちらは私が愛用しているペダックのポリッシンググローブです。黒用、茶用、紫用の3つを使い分けています。簡単に磨き上げれるので便利ですよ!


仕上がり状況

こちらが仕上がった状態です。

画像では伝わりませんがシダーウッドオイルの良い香りが漂っています。

 

店頭のような状態に。

今回驚いたのがこの肌面における仕上がり具合です。

サフィールノワール クレム1925では全体がギラリと光るような仕上がりになるのですが、このコロニル 1909シュプリームクリームデラックスだと店頭で販売している時のようなアッパーの肌理が明らかにわかる仕上がりで尚且つ上品な光沢を放っています。

 

より肌理が分かりやすいであろう普段ポリッシングをしないカカト側。

クレム1925だったらこの辺もギラリと輝いています。

 


ニュートラルとの住み分け

改めて斜め上の角度から。

まさに自然体と言ったところ。

ニュートラルカラーは使用すると多少白みが出て来てしまうので基本的に履き下ろしの際だったり、乾燥を感じた際の処置として使用していました。

しかし、このカラー付きタイプだとちょっと皮革が元々持つ自然な仕上がりを目指したいときにはピッタリです。しかもフッ化炭素樹脂入りなのでシューケアするだけで防水スプレーをかけた時と同様な状態に持っていけます。

あー、これは他の色も欲しくなってきました。(笑)

ということで・・・。

 

ポリッシュドバインダーカーフにも使えるのか?

ここでまとめようと思ったのですが、1909シュプリームクリームデラックスブラックのあまりの浸透力を目にしたのでポリッシュドバインダーカーフにも試してみることにしました。

 

ポリッシュドバインダーカーフは要するに高品質なガラスレザーということで上質なカーフの上の樹脂加工がされた皮革となります。イギリスの老舗シューメーカーChurch’sがもっとも得意とするアッパー素材で数々の名作シューズが世界中で愛されています。

私もミウラ妻ももちろん所有しており、今回は妻のShannonと呼ばれるプレーントゥタイプの靴に使ってみることにしました。

 

まずはトゥあたりに塗りぬり・・・。

!?

あれ!これはもしかして!!

 

画像だと大変伝わりづらいのですが、明らかにクリームが浸透しています。

もちろんカーフのように入れれば入れるほど浸透するといったレベルではないのですが薄く塗った程度だと明らかに樹脂面を突破しているように見えます。

これはすごい!

 

乾いたら先ほど通りペダックのポリッシンググローブで乾拭き。

ガラスレザーなので当たり前ですがカーフよりサラサラ感が強いです。

 

クレム1925と仕上がり感を比較する

あまりの仕上がりに驚いたので油性クリームの最高峰サフィールノワール クレム1925ブラックで以前磨いた仕上がりと比較してみることにします。

サフィールノワール クレム1925でチャーチ シャノンを磨く。
あらゆる靴雑誌で超高評価の靴クリーム「サフィールノワール クレム1925」 正直にいってもうやらせかと思うくらいどこもかしこも大絶賛のサフィールノワールクレム1925をようやく手にすることができました。 実は以前から狙っては...

 

コロニル1909 シュプリームクリームデラックス黒 つま先

磨きあがったのがこちら。

肌理がしっかりと見えながらも黒味を感じます。

香りも心地よいシダーウッドの香り。

 

サフィールノワール クレム1925黒 つま先

こちらはサフィールノワール クレム1925黒を使って磨いた時の画像です。

肌理はあまり見えなくなり、全体的にさらにコーティングされたような質感となっています。

 

コロニル1909 シュプリームクリームデラックス黒 かかと

カカト側。やはり皮革の質感がダイレクトに表現されています。

持った感じもとてもサラサラです。

 

サフィールノワール クレム1925黒 かかと

こちらはクレム1925を使ったときのカカト。

完全にきめ細かい質感は消え、クリームでしっかりと守られているような仕上がりです。

もっと感じもちょっと手がつっかかる感じでしょうか。

 

比較結果

以上の結果をまとめるとこういった形になりました。

油性クリームと乳化性クリームの最高峰、完全に異なる結果です。

ここまでくると良い悪いではなく、どちらが好みか?それが重要ですね。(笑)

 

サフィールノワール クレム1925

  • 皮革はコーティングされたような質感
  • ギラリとした光沢感
  • やや指に引っかかるような触り心地

 

コロニル 1909シュプリームクリームデラックス

  • 皮革は肌理が確認できるくらいの自然な質感
  • しっとりした控えめな光沢感
  • 手に持つと落としそうになるくらいのサラサラ感

 

コロニル1909ブラックのまとめ

今回はコロニル 1909シュプリームクリームデラックスの極めて高い性能を改めて実感する結果となりました。

ここ最近はシューケアについてはサフィールノワールが中心となっていましたが、新しい選択肢が見つかり、より一層シューケアが楽しくなってしまいました!(笑)

今までカラーレスの無色だけをお持ちだった人にはとくにオススメですよ。

  • シダーウッドオイルの圧倒的浸透性は必見
  • カラーレス(ニュートラル)の次のアイテムとしてオススメ
  • レザーの肌理が見える自然な仕上がりが嬉しい
タイトルとURLをコピーしました