イングリッシュギルドのビーズミラーワックス【英国生まれの高級靴磨き用ワックス】

フランスやドイツ製もいいのだけれども、

「Made in UKの高品質な靴磨き用ワックスはないだろうか?」

そんなワックスを探しているあなたにぴったりなのがENGLISH GUILD(イングリッシュギルド)のBees Mirror Wax(ビーズミラーワックス)です。

シューケア用品としては新進気鋭とも言えるイングリッシュギルド。

前回に引き続き、イギリス生まれのその実力を探っていきます。

ENGLISH GUILD Bees Rich Creamの使い方【英国製靴クリーム】
世の中には色々な靴クリームがありますが、一般的に高品質なものを上げるとするならば日本のブートブラックやフランスのサフィール、イタリアのM.モ...


イングリッシュギルドとは?

イングリッシュギルドは紳士靴の聖地ノーザンプトンの有名シューファクトリーで使われる仕上げ剤などを製造している会社がコンシューマ向けに開発したシリーズです。

John Lobb(ジョンロブ)、Church’s(チャーチ)、Loake(ローク)、Crockett&Jones(クロケットジョーンズ)に供給していると言われれば靴好きの方なら「ほほぅ」と膝を叩くのではないでしょうか?

ビーズミラーワックスについて

そんなイングリッシュギルドブランドの靴磨き用ワックス(ポリッシュ)がこのビーズミラーワックスです。パッケージはDASCO社やchurch’s純正のワックスと同様の押し蓋式。

押し蓋式のケースを開くとスポンジカバーに覆われたワックスが現れます。乾燥を出来る限り防ぐためなのか靴磨きワックスにしては珍しく紙製の中蓋も仕込まれています。

ビーズミラーワックスの成分

English Guildのビーズミラーワックスの主成分は下記となります。

  • カルナバワックス
  • ビーズワックス
  • 染料

ビーズ(蜜ろう)を全面に押し出しつつも、実は高級カルナバワックスがメイン成分となっています。また靴磨き用ワックスとしては珍しく染料が入っているので補色効果も期待できそうな配合です。

ワックスの固さ

指で触ってみると意外とテクスチャーはかなり柔らかめ。サフィールノワールの鏡面磨き専用ワックス”ミラーグロス”のように固めな触り心地を想像していたので少々驚きました。油性と記載もあることからも油分は割りと多めに含まれている気がします。

また見た目とは異なりあまりベトつかないのも面白い点。香りはやや癖があるものの控えめな仕上がりです。


ビーズミラーワックスの使用レビュー

ということで早速ですが英国産の高級ワックスビーズミラーワックスを使用してみたいと思います。磨く靴はもちろんイギリス生まれ、エドワードグリーンのドーバーです。

エドワードグリーンのブラックカーフは本当に高品質で有名ですからまさに相手にとって不足無しといったところ。一体どんな仕上がりが待っているでしょうのか?楽しみですね。

EDWARD GREEN DOVER ラスト606のサイズ感【エドワードグリーン】
EDWARD GREENの606と言えばもっとも現代的なスクエアトゥの木型の1つです。 最もコンフォータブルとも言われる名作ラ...

1.ビーズミラーワックスを塗りこむ

まずはビーズミラーワックスを革靴のつま先あたりに塗りこんでいきます。

ここでひとつ感じたのが次の点です。大抵のワックスだと指で塗りこんでいくと徐々に曇り始め、そのうち指先に引っかかりを感じてくるものなのですが、ビーズミラーワックスは油分が多めなのかそこまでたどり着きづらい感じがありました。これが後々どういった影響を及ぼしてくるのか?

2.柔らかい布に水を付けて磨く

つま先にワックスを塗りこみ少しだけ乾燥させた後、ネル生地や着古したTシャツなどを指に巻いて布が湿るくらいの水をつけます。そしてワックスを少しだけ取り、500円玉程度の円を描くようにクルクルと磨いていきます。

ちなみに靴磨きで水を少量取る際はハンドラップがあると大変便利です。

ポリッシング1回目

まずはポリッシング1回目。

かなり油分が多いワックスだからか、際立った光沢感はまだ出てきません。

ポリッシング2回目

ポリッシング2回目。

上の写真まで磨いた後にさらにワックスを全体的に指で塗りつけ、その後ネル生地でもう一度磨いたものです。ワックス層は2層、先ほどより光沢感が出てきましたね。

ポリッシング3回目

こちらが3回目。

やはり3ラウンドも磨くとなかなか良い塩梅の光沢感が出てきますね!看板に偽りはなかった!(笑)

こちらの角度から見ると、つま先にワックス(ろう分)によるコーティングが施され、艶やかな表情になっているトゥが確認できると思います。うんうん、良い感じです。


ビフォーアフター

上から比較

ビーズミラーワックスを使って靴を磨くことでどれだけの差が靴に現れるのか?2つの角度から比較していきたいと思います。

まずは上から。左側がビーズミラーワックス使用後です。トゥを中心にコーティングされたようなツヤが出ていますね。

前から比較

次は前方から比較してみます。右革がBees Mirror Waxを使用したもの。カメラをかまえる私がぼんやりと写り込んでいます。(笑)

開封直後でこれだけですから、使い続けてワックスが多少乾燥してくるとかなりクッキリとした反射が期待できるかもしれません。


Church’s Consul×ビーズミラーポリッシュ

ということで後日、参考としてもう1足ビーズミラーワックスでポリッシュしてみました。

ビーズリッチクリームで磨き終わったチャーチのコンサルです。

つま先にビーズミラーワックスを塗布します。

ツヤが出るまで磨いていきます。

が、多少ですが他ブランドのポリッシュと使い勝手が異なるように感じます。塗膜が張り始めてからの力加減の入れ方が若干異なるような・・・ここで間違えると少々時間がかかります。

仕上がりました。やはり鏡面磨きに特化したアイテムよりも少々ワックス層が形成されづらいです。しかし、時間をじっくりとかけると銀面の毛穴の風合いを残しながらも重厚なツヤ感が出てきました。

ENGLISH GUILD ビーズミラーワックスのまとめ

今回は英国産の有名仕上げ剤メーカーが送り出すシューケアワックス「ENGLISH GUILD BEES MIRROR WAX」の使用レビューでした。

使用する前はサフィールノワールのミラーグロスのような栄養分は無いけどもすぐに光るワックスを想像していたのですが、実際には油分を多く含ませることの保革効果、そしてカルナバワックス&ビーワックスによる輝きを両立させるまさに革靴のことを考えたワックスに仕上がっていました。

流石はノーザンプトンのシューファクトリー向け製品を作っている会社といったところ。ただ一つだけお伝えしておきたいのは前述した通りすぐにギラギラと光るワックスではないということ。週1回、月1回と長い時間をかけてつま先を磨きこむことで徐々に重厚で硬質なワックス層が形成される。まさに日々のケアを大事にしたい人向けのワックスだと感じました。

ちなみにとにかくすぐ光るワックスがほしい人はミラーグロスがオススメです。