ジョンストンズ 中判カシミヤマフラーを購入!【信頼性溢れる超肉厚マフラー】 


キングオブカシミヤマフラーJohnstons.

ついに買っちゃいました。カシミヤ界の王者、ジョンストンズ。

前回、ロンドンでアクアスキュータムのカシミヤマフラーを購入し、毎日毎日使用していたのですが、気になる点が2つ。

  1. 繊細と呼ばれるカシミヤ生地を毎日使用していて大丈夫なのか。(交互に使用すると劣化の速度が段違いに落ちるそう)
  2. もう少しビジネスでガッチリ使えるマフラーがほしい。できればどんな場面でも使用できるほうが好ましい。

となると、狙い目はアクアスキュータムのカシミヤマフラーとはできるだけ反対の要素を持つものが好ましいことになります。

シックで、決してカジュアルではないタイプ。

となると濃いソリッドカラーカシミヤマフラーが相応しいという結論に。

色々調べた結果、Drake’sかJohnstonsのマフラーの一騎打ちとなりましたが、Drake’sの欲しいと思ったマフラーがAmazonや楽天などウェブ上すべての店舗で売り切れとなっていたので、Johnstonsのマフラーに決定となりました。

一番人気はブラックスチュアート

ちなみにジョンストンズは、ブラックスチュアートと呼ばれる黒ベースに赤を基調としたタータンチェックが有名で、とくにレディースファッション界ではかなり定番に近い立ち位置ですが、今回購入したのは全く正反対、当初の狙い通りとなるソリッドタイプのグレーマフラーです。

 

タグは取る?取らない?

Johnstons of Elgin Solid Gray cashmere scarf

Johnstons of Elgin Solid Gray cashmere scarf

ジョンストンズのカシミヤマフラー

イギリスかぶれなので、この日本語のタグはとってしまおうかな?(笑)

日本語タグの下にしっかりと英語のタグもあるんですよね。ただ日本語タグを取ってしまうといつかクリーニング店にお願いしたときに間違いの元になってしまうかな、、、悩ましいです。

 

超肉厚なカシミヤ生地!

ジョンストンズ カシミヤマフラーの厚さ

大きさによってはラグに使えてしまいそうなぐらいに超肉厚だけど適度に柔らかいカシミヤ。

そしてしっかりと目の詰まった生地。長い間、わたしの首元を温めてくれそうです。

これは大判のストールが人気なのも頷けます。

 

ちなみにウェブ上ではこのタグを見せるようなコーディネートを良く見ます。

(日本語タグは取ってありますが)

 

信頼のMade in Scotland

ジョンストンズロゴ

Johnstons of Elgin MADE IN SCOTLAND

スコットランド人のプライドを感じるMADE IN SCOTLANDの表記。

日本の北海道並みに厳しい気候で愛され製造されているマフラーですからその信頼性は間違いのないもの。

 

フリンジ部分も後付けではなく、本体の生地からそのまま伸びています。

元の生地の質の良さがあってこその装飾ですね~。

 

光沢感がすごいジョンストンズ

光沢が本当にすごいジョンストンズのソリッドカラーカシミヤマフラー。

これはウールとはまったく違う素材だと言わざるを得ません。

似たようなもんだろうと思っていた自分が恥ずかしい…。(笑)

 

触った感触は本当にしっとりすべすべです。

光沢感も含め、カシミヤに含まれる油分のバランスの故によるものでしょう。

 


ジョンストンズのカシミヤストールには3つのサイズがある!

購入にあたり色々と調べた結果、ジョンストンズのカシミヤマフラーには3つのサイズがあることがわかりました。

実はウェブ上のほとんどお店では一番大きいタイプ(ストール)と一番小さなタイプ(細目のマフラー)しか扱っていません。

大判ストール(190cm×75cm)

一番大きなタイプがこちらの大判ストールタイプ。

肩からガバッと羽織ったり、自宅やカフェなどでひざ掛けとしても使える大きさです!

中判ストール/マフラー大(190cm×30cm)

私が愛用しているのがこちらの中判ストール(マフラー大)タイプ。

マフラーにしては幅が広い大き目タイプなので降雪地方などで首元に冷気を一切触れさせたくない!そんな人にオススメ。

マフラー小(180cm×25cm)

最後はマフラー小タイプ。大きさ的にはスカーフとマフラーどちらでも使える寸法です。

冬用のスカーフとして、ちょっと首元に彩りをつけたい時に。

お子様やお友達の誕生日プレゼントとして!などなど一番使い勝手が良い大きさです。

SNS上で毎年一本ずつ買い足している方もいらっしゃいました。素敵だな~!

 

大判ストールと中判ストールを比較

ジョンストンズ マフラーとストールを比較

上がもっとも大きいサイズとなるジョンストンズの大判ストール。

下が今回購入した中判マフラーです。iPhoneを置いてますので大きさのご参考にしてください。

2つとも四つ折りにしているので実際には4倍の大きさになります!

 


Johnstonsの中判ストール/マフラーサイズ感

Johnstons マフラー巻き

Johnstons ストール肩がけ

中判ストール/マフラーを代表的な2つのスタイルで着てみました~。

マフラーとしてちょっと大きめなので首元を隙間なく包んでくれます。

肩掛けのストールとしてはちょっと小さめかも。2枚目の使い方をしたい方は大判ストールのほうがオススメです!

 


Johnston’s カシミヤマフラーのまとめ

190*35cmで肉厚なのでマフラーの巻き方による形の違いもわかりやすいです。

Johnston’sのカシミアマフラーは最高級の肉厚なカシミアをたっぷり使用した素晴らしいストールでした。

上品なソリッドタイプから、英国の伝統を感じる各種タータンチェック柄、さらにはその年限定のシーゾナルモデルも充実しており、選んでいるだけで楽しくなっちゃいます。(笑)

そして、3種類ものサイズ展開があるので好みだったり使用用途で買い分けできるのが嬉しいポイント。

楽天やアマゾンで買うとかなり格安で入手できます。カシミヤ未経験の方でも手を出しやすい価格ですから、ぜひぜひ理想のマフラーを探してみてはいかが?

  • 最高級の肉厚カシミヤ生地をたっぷり使用してて暖かい!
  • ソリッドカラーからセンスあふれるチェック柄まで幅広い展開!
  • まさかの3サイズ展開でどんな人でも好みの大きさが選べる!
タイトルとURLをコピーしました