ニューバランスWL574のサイズ感【ウィメンズモデルの口コミレビュー】

先日、ついにニューバランスデビューを果たしたミウラですが、その履き心地の良さを妻に語りまくっていると、ついに「私もニューバランスほしいー!」と一声が。

このコンフォータブルな履き心地はぜひ夫婦で分かち合いたいと思っていたので、いくつかの店舗でレディース用のニューバランスを見てみるとまあ妻の気に入るカラーが見当たりません…。どうしたものかと頭を抱えているとネットでついに見つけました。

しかし、履いた事のないメーカーのサイズはどう選べばいいのか?

答えは簡単、「ハーフサイズ違いで2足買って合わない方を返品する」です。

一昔なら、ちょっと常識ないんじゃない?って思われた買い方ですが、ネットショッピングが当たり前になったこの時代、お店側が提供するひとつのサービスとして確立されつつあります。

そんなわけで今回はニューバランスのレディースモデルの購入&比較記です。


NEW BALANCE WL574

こちらが今回購入したニューバランスのレディースモデル、WL574です。

WL574はそのモデル名が示す通り、574というニューバランスの代表するモデルのウィメンズモデルです。街に出ると見かけない日はないくらいの定番モデルで、シンプルで使いやすく、バリエーションも豊富、ニューバランス公式サイトでも「NEW BALANCEのアイコニックモデル」と紹介されています。

ウィメンズ唯一のENCAP搭載モデル

私たちがウィメンズ用ニューバランスを探した際に、唯一ENCAPが搭載されていたのはWL574だけでした。他のウィメンズモデルはユニセックスモデルと異なり一層しかミッドソールがなく、どうにもクッション性に不安がありました。

かといってユニセックスモデルだと女性が使用する場合は表示サイズよりワンサイズくらい大きくなってしまい、これまた普段22.5前後のスニーカーを履く妻にはサイズが合わないという問題が。

そんなこともあって女性用モデルでENCAP入りの二層のミッドソールがあるこのWL574を選ぶのは必然でした。

ENCAPとは

  • 衝撃吸収性に優れたEVA素材を頑丈なPU素材に封入した構造。
  • ハイレベルの安定性とクッション性を実現。

カウンターリーインフォーサー

ニューバランスの履き心地は軽いのだけれども、しっかりと踵を支えてくれるところにあります。その理由はこちら、カウンターリーインフォーサーと呼ばれるプラスチックの部品です。

ここにカカトがピタリとハマる事によって快適な歩行が約束されているのです。

元矯正靴メーカーならではのアーチサポート

ニューバランスは元々はアメリカで生まれた矯正靴やアーチサポート用のインソールを製造するメーカーだったそうです。その名残もあってスニーカーにしては土踏まず部分はかなりえぐった形状となっており、土踏まずをグッと支えることで長時間の歩行でもアーチが崩れにくく、結果的に疲れづらい造りとなっているそうです。

どこでも歩きやすいアウトソール

WL574に使用されているアウトソールパターンはややオフロードタイプのもの。

しかし、薄めに仕上げることによってタウンユースでもオフロードでもどこでも滑りづらいものとなっています。

パターン自体に注目するとカカト側はややごつ目になっており、屈曲部は大き目な隙間が、そしてアーチ部分には小さめな隙間が出来るように設計されており、まさにどんなところでも快適に歩けることを目指しているように見えますね。

(ちなみにタウンユース専用のソールパターンは平べったいものが多いです)

ガバッと履けるシューレースアレンジ

一般的に革靴や紐がついたスニーカーは脱ぎ履きするたびに紐を結びなおすのが基本です。

これは靴自体の寿命を延ばすのに必要なことでどのメーカーも推奨しています。しかし、育児の途中などで赤ちゃんを抱っこしながら靴を履かなければならないときを考えると頑なに守るのはなかなか難しいものです。

ニューバランスのWL574の場合は、一番奥まで紐を通さないことで簡易的にスリッポン的な履き方ができます。これでもスニーカーとしての履き心地はあまり低下しないのがニューバランスのスゴイところなのかもしれません。

蒸れにくいメッシュ素材

足指の部分はメッシュ素材となっており、夏場でも蒸れにくいようになっています。

地味にうれしいのが親指の上はメッシュより耐久性の高いアッパーのレザーがくるようになっており、穴が空きづらくなるよう工夫されている点ですね。

WL574のサイズ選び

さて、そんな素晴らしいスニーカーWL574ですが、サイズが合わなければ結局意味がありません。さっそく試し履きしてみたいと思います。

購入したのはWL574 22.5cm(US5.5)と23.0cm(US6.0)

※ミウラ妻はナイキやアディダスでは基本的に22.5cmを選ぶことが多いです。

インソールを比較する

ニューバランスの良いところはインソールが脱着可能な点です。

NEW BALANCE直営ショップで試着をお願いするとインソールを取り出し、その上に足を乗せて捨て寸と呼ばれる靴を選ぶ際に最重要となる寸法を確認します。

捨て寸とは足の指先から靴のつま先まで寸法を指します。靴のデザインにも拠りますが原則的には1-2cm確保しないと歩行時に靴の先に足の指が当たってしまい、不快感だったり、最悪のケースでハンマートゥなどの足の障害に繋がってしまいます。

WL574 22.5cmのインソール

こちらが22.5cmのインソールに足を乗っけた図です。

捨て寸は約1cm程度ありますが、親指の外側と小指の外側が結構はみ出ています。

WL574 23.0cmのインソール

23.0cmのインソール、捨て寸は1.3cmほど確保され、親指や小指のはみ出しもほとんどなくなりました。おそらく23.0cmがジャストサイズな気がします。

WL574 22.5cmを試着

とはいえ、靴やスニーカーというものは実際に履かないとわかりません。

22.5cmのWL574は…

  • タイト気味だけどこれはこれでアリ
  • 親指の外側が結構当たる
  • 脱ぎ履きするときに少し大変

こんな感想でした。

WL574 23.0cmを試着してみた

次に本命のWL23.0cmを試着します。すると・・・

  • 履き心地はそこまで変わらない!
  • 指回りが楽になった!
  • 無理なく脱ぎ履きできて楽ちん!

これはジャストサイズは23.0cmで決定ですね。

いつも通り22.5cmを選んでいたらタイト過ぎてそのうち履かなくなっていたかもしれません。

スニーカー同士を比較する

WL574 23.0cm VS 22.5cm

今回履き比べたWL574の23.0cmと22.5cmです。カカト側のアウトソールを揃えると試着した感覚以上に長さに差があることが確認できます。

Adidas Stansmith 22.0cm VS WL574 23.0cm

NIKEのAIRMAXやDUNK、アディダスのスーパースターでは22.5cmを選ぶミウラ妻ですが、唯一の例外がこのスタンスミス、まさかの22.0cmなのですが大きい!

WL574 23.0cmとスタンスミスの22.0cmは同じ大きさでした。こういったケースもあるので靴というのは試着必須だと思うわけです。笑

WL574の実際の履き心地は?

ミウラ妻に購入後数週間履いた感想を聞いてみました。

  • いままでのスニーカーで一番軽い!
  • AIRMAXは弾む感じ、ニューバランスはクッションが効いている感じ
  • とにかく軽やかに履ける、アッパーが優しく包む感じが好き。

とのことでした。ひとことで表すと「とにかくコンフォータブル!」だそう。(笑)

NEW BALANCE WL574のまとめ

ということで今回はニューバランスのアイコニックモデルの女性用となるWL574の紹介でした。ミウラ家ではすっかりとスニーカーの1軍となったこのモデル。

気になった方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか~♪

  • 一度は履いてみたいニューバランスのアイコニックモデル
  • 軽やかなでコンフォータブルな履き心地
  • ウィメンズモデルでは数少ないENCAP搭載モデル