【サイズ感】Church’s(チャーチ) Diplomat Last173 85F


いつかは履きたい、ディプロマット

http://www.church-footwear.com/at/en/collection/men/EEB0069WFF0AAB

チャーチのセミブローグといえばこのディプロマット。個人的には一番の名作と感じています。どの色を選んでもカッコいいが、やはり黒が一番使いやすいと思います。むしろ黒で違いを出すならこのディプロマットを選びたいところです。

・メーカー Church’s
・製品名 Diplomat(ディプロマット)
・ラスト 173
・カラー Black Calf
・サイズ 85F

1.各部分の寸法を測る

長さは約31.3cm

幅は約10.9cm

ボールジョイント部は約16.3cm

足指の第一関節付近は約13.5cm

くるぶしまでの高さは約5.8cm


2.実際に履いてみる

img_6889

羽根の開き具合は約1.7cmで良い感じですね。


3.レビュー

左から85F 80F 75G (Last173)

足の実寸が26.5cmで幅広の私にとって85Fの173ディプロマットはややタイトフィッティング。ボールジョイント部分の位置も合っているように見えますが、小指と薬指が結構詰められています。。しかし捨て寸は長い。見た目的にも長い靴を履いている。といった感じです。

80Fの173チェットウインドと比べると途端に足を入れた感覚が少し楽になった感じがあります。おそらく痛いタイトフィッティングの要因となっていた指回り付近のタイトな部分が靴のより前部に移動したためかなあと。おそらく足の形によってはこれで馴らしていきたい人もいると思います。

が、私のフィッティングとしては長めですね。チャーチ純正のサイズチャーチによると85は27.5cmに相当するなので、そりゃあ長いわけです。

やはり私は80Gがベストサイズなのかと感じています。


4.Church’s(チャーチ)ディプロマット173ラストのおすすめサイズ感

足の実寸が26cmだったとした場合

  •  普通幅の人(普段E~EE)
    • 75Fがオススメです。
  • 幅広の人(普段EEE)
    • 80Fもしくは75Gがオススメです。

※miura_hの経験に基づくサイズ感ですが、購入前の試着をオススメします。

他のサイズ感はこちらから。

革靴の試着のポイントとサイズチャート

本格革靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 革靴にハマるまではリーガル2足(しかも中古)をただ履きまわしてい...
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々...
おすすめ記事

おすすめ記事

この記事をシェアする