【サイズ感】Church’s(チャーチ) Chetwynd(チェットウインド) Last173 80F


チャーチが誇るフルブローグ、チェットウィンド

チャーチのフルブローグといえばこのチェットウインド。英国紳士靴界で長い歴史を持つチャーチが誇る名作の一つとして数えられており、実際に手にするとブローグのバランス等が上品な一方で力強い面も見えるとてもカッコいい靴です。

私自身もこのフルブローグのカッコ良さに惹かれた結果、靴道楽の道へと転落?しました。(笑)

Chetwyndの仕様

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_0111221101

・メーカー Church’s
・製品名 Chetwynd(チェットウィンド)
・ラスト 173
・カラー Burgundy Nevada Calf
・サイズ 80F(26.5 標準幅)

 

1.各部分の寸法を測る

長さは約31cm

 

幅は約11cm

 

ボールジョイント部は約16.5cm

 

足指の第一関節付近は約12.7cm

 

くるぶしまでの高さは約5.7cm

 


2.実際に履いてみる

img_6886

羽根の開き具合は約2cm

 


3.レビュー

足の実寸が26.5cmで幅広の私にとって80Fの173チェットウインドはかなりタイトフィッティングです。ボールジョイント部分の位置もタイトだし、指回りはすぐに痛くなります。

捨て寸はちょうど良いが、一日中使用するのはちょっと難しい。

75Gの173コンサルと比べるとボールジョイント部まではほぼ同じ寸法ですがそこから指先までの広さが本当に狭い!おそらくブローグで革が二重になっている点も影響しているかもしれません。

・ボールジョイント部 コンサル75G 16cm / チェットウインド80F 16.5cm
・指回り コンサル75G 13.5cm / チェットウインド80F 12.7cm

エジプト型幅広の足にとって、あまり相性が良くないようです。

 


4.Church’s(チャーチ)チェットウィンド173ラストのおすすめサイズ感

足の実寸が26cmだったとした場合

  •  普通幅の人(普段E~EE)
    • 75Fがオススメです。
  • 幅広の人(普段EEE)
    • 80Fもしくは75Gがオススメです。

※miura_hの経験に基づくサイズ感ですが、購入前の試着をオススメします。

チャーチ173ラスト関連シリーズ

革靴の試着のポイントとサイズチャート

本格革靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 革靴にハマるまではリーガル2足(しかも中古)をただ履きまわしていたのに、一体なぜこんなことに・・・。 後悔はまったくしていませんが、今の知識があればかなり遠回...
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々な素晴らしい本格靴を愛する際に毎回頭を悩ませるのがサイズ問題だと思います。 本格靴にハマり始め...
タイトルとURLをコピーしました