本格靴の共通サイズガイドライン

本格靴の共通サイズガイドライン

Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church’s、Aldenなどなど、様々な素晴らしい本格靴を愛する際に毎回頭を悩ませるのがサイズ問題だと思います。

本格靴にハマり始めた際、毎回ぶち当たるこの問題に「大体の目安が分かる表でもあればなあ~。」と思っていました。(当時は通販やオークションで購入することも多かったですし)

このガイドラインはそんなミウラが色々な本格靴を手に入れた結果、一定の定規となる指針を作る事ができたのでその内容をシェアするものです。

共通サイズガイドラインの使い方

具体的には下記表に該当するジャストフィットな1足さえあれば、他のメーカーのおおよそのサイズ(レングス)がわかるという表です。

例えばAlden(オールデン)のバリーラストUS7.0を所有していてジャストフィットだとします。

この場合、Church’s(チャーチ)の173ラストならUK60がフィットする可能性が高い。と目安を付けることができます。

もちろん足の形状や選択するウィズによって最終的なサイズは決める必要がありますので、あくまでとっかかりの判断基準としてご使用くださいね。

※自分の所有している靴での感覚だけではなく、ウェブ上の靴好きの方々のサイズ感から一定の共通性があるものだけを掲載しています。

ぜひ貴方のシューライフにお役立てくださいませ。

本格靴の共通サイズガイドライン

メーカー サイズ
Johnlobb(ジョンロブ) last7000 UK80
Edward Green(エドワードグリーン) last202 UK85(US90)
J.M.WESTON(ジェイエムウェストン) 641ゴルフ 7.5(UK8.0)
J.M.WESTON(ジェイエムウェストン) 180ローファー 7.0(UK8.0)
Alden(オールデン) モディファイド US8.5
Alden(オールデン) バリー US9.0
Alden(オールデン) アバディーン US9.5
Church’s(チャーチ) 173 UK80
Paraboot(パラブーツ) ウィリアム UK85
Paraboot(パラブーツ) シャンボード UK85
ScotchGrain(スコッチグレイン) 26cm
Regal(リーガル) 26cm

参考画像(所有靴の比較)

下記画像を確認いただくと、ほとんどの靴が同じような大きさとなっているのが確認できると思います。

Paraboot William8.5とEdward Green Dover last202 8.5E

Church’s Consul last173 80GとEdward Green Dover last202 8.5E

Church’s last103 85FとEdward Green Dover last202 8.5E

Paraboot William8.5とRegal 26cm EE

Paraboot William8.5とChurch’s Consul last173 80G

Paraboot William8.5とAlden V-tip 8.5D modified last

Paraboot William8.5とJohn Lobb City2 80EE last7000

唯一の例外ですね。

J.M.Weston 180ローファー 7.0EとJ.M.Weston 641ゴルフ 7.5E

※ローファーのため、ハーフサイズ落としています。

参考画像(ミウラ夫のスケール画像)

UKサイズは8、ウィズは測定不可(笑)

EUサイズは43、ウィズはE

USサイズは9、ウィズはほぼEです。

ウェストンサイズは7.5、選んだ靴のウィズはE(幅広)です。

ブランノックデバイスのチャート図に線を引いてみました。

UKサイズだけが若干ずれてますがパラブーツもエドワードグリーンもUK85がジャストサイズなのでなかなかの当たり具合かもしれません。

※私はジョンロブとチャーチ、そしてJ.M.WestonについてはUK80がジャストの傾向があります。

本格靴を試着するときの注意点とポイント

本格靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 ハマるまではリーガル2足をただ履きまわしていたのに、一体なぜこん...

幅広足の本格靴サイズ感(2017.7更新)

ということで旧コンテンツも下に残しておきます。

これまでの自分の険しい険しいフィッティング遍歴といったところですね。(泣)


エジプト型幅広足を持つ私はチャーチやオールデン、ジョンロブなどの本格靴を選ぶ際にとても苦労しました。エジプト型の場合、そもそもの足の形が英国靴などの靴の形と合っていないため、インターネット上のサイズガイドが当てはまらないことが多々あります。オブリークトゥのビルケンシュトック以外は親指の捨て寸のみを頼ってレングスを選ぶと大抵小指が当たってしまいつらい思いをします。

【サイズ感】妻と私の足のサイズ

そんな状況のため、いまだに新しい靴を購入する際も熟慮して決断したにも拘わらず失敗することもありますが、さすがに何足も履いてみると色々勝手がわかってきました。これは備忘録も兼ねた私のサイズチャートです。

また、自分用の備忘録のため、すでに所有していない靴やお店にて試着しただけの靴も入れています。

幅広足の本格靴のサイズ感リスト


私のジャストフィットは、十分に捨て寸があり靴全体が軽く足に当たっている状態となります。きつめを選び履きこむことで合わせていくフィッティングではありませんのでご注意を。


メーカー 種類 ラスト サイズ&ウィズ サイズ感
Alden 990 Barrie 8.5D タイトフィット、幅が無理
Alden 9750 Barrie 8.5E タイトフィット
Alden 97896 Barrie 9D ジャストフィット
Alden 54332 Modified 8.5E ジャストフィット
Alden 54321 Modified 9D ややタイトフィット(幅)、見た目長い
Alden 不明 Aberdeen 9D 足は入るものの無理
Church’s Consul 173 75G タイトフィットだが痛いところはない
Church’s Chetwynd 173 80F 小指と薬指が痛い、それ以外はジャストフィット
Church’s Consul 173 80G ジャストフィット
Church’s Diplomat 173 85F タイトフィット、小指痛い、見た目長い
Church’s Ketsby 103 80F タイトフィット、小指痛い
Church’s Ketsby 103 85F ややルーズフィット、厚手靴下用なのでOK
Church’s Ryder 81 80G ルーズフィット、甲が緩い
Church’s Holborn 136 80G ジャストフィット、見た目長い
Johnlobb William 9795 8E タイトフィット、小指痛い
Johnlobb William 9795 8.5E ルーズフィット、踵が緩い
Johnlobb City 7000 8EE ジャストフィット
Edward Green Cadogan 202 7.5F タイトフィット
Edward Green Cadogan 202 8F ルーズフィット?、羽根が全部閉じる
Edward Green berkeley 202 8E タイトフィットだけど踵と土踏まずが最高FIT
Edward Green Dover 202 8.5E ジャストフィット!
Scotch Grain 936BF EEE 26 ジャストフィット、ちょっとだけ足に合わない
Scotch Grain 2724BL EEE 26.5 ルーズフィット、羽根が全部閉じる
Regal 26EEE ジャストフィット
BirkenStock Coventry Footprints 42 ジャストフィット、見た目長い
BirkenStock Amsterdam 室内用 41 甲がつっかえて入らない
BirkenStock Amsterdam 室内用 42 ジャストフィット
BirkenStock Yukon TATAMI 42 ややルーズフィット
BirkenStock London 屋外用 41 ジャストフィット、つま先がリムに触れている
Paraboot シャンボード 8 タイトフィット、指先が靴に当たる
Paraboot シャンボード 8.5 ジャストフィット
Paraboot ウィリアム 8.5 ジャストフィット
Paraboot ポー 8.5 ジャストフィット
Paraboot ビグニー 8.5 フィット感強めジャストフィット
J.M.WESTON Golf 31 8D タイトフィット、踵はフィット
J.M.WESTON Golf 31 7.5E ややタイトフィット、踵はやや緩め
J.M.WESTON 180Loafer 41 7E タイトフィット
J.M.WESTON 180Loafer 41 7.5D 超タイトフィット
J.M.WESTON 180Loafer 41 7.5E ややタイトフィット、踵抜ける