美し過ぎるステンドグラス サントシャペル教会【パリ旅行6日目】

パリ6日目。

この日は早起きして美し過ぎるステンドグラスが有名なサントシャペルを観に行き、その後はサンジェルマン通りへ。

午後はモンマルトルやマレ地区に遊びにいきました♪


絶品クロワッサンはL’Artisan lafayetteで!

この日はどうしてももう一度朝にクロワッサンが食べたくなったので早起きしてホテル近所を散策してみました。思ったよりパン屋さんが近くになかったのですぐ近くにあったL’Artisan lafayetteへ。

こちらのお店、店員さんはあまり愛想が良くないのですがとにかく焼き立てのクロワッサンが絶品!何か日本で食べる美味しいクロワッサンと違うんです。日本では考えられないくらい良質なバターが使ってあるからではないかと勝手に予想。もしくは雰囲気?(笑)

本日の朝ごはん。

フランスでは毎日LA SALADというサラダを食べてました。500円前後でボリューム満点かつバリエーション豊富なサラダが楽しめるのがGOOD!

昨日もらったバラを一輪挿しにして食卓(?)に色どりも。

通勤時間のメトロ

ちょうど7時ごろでしょうか。

平日だったのでパリジャンたちが出勤する朝のラッシュに巻き込まれてしまいました…。

といっても日本に比べたら全然密度は低いものです。東京の通勤電車で身体が斜めに浮いたことがあるミウラ妻に言わせれば超リラキシーとのこと(笑)

謎の塔

さて、メトロを降りたらサントシャペルに向かいます。

昼近くなると平日だろうが物凄い列になるという情報があったので朝一番を狙いました。

ワクワクしながら歩いて行くととっても目立つ塔が視界に入ってきます。

時間が無いと思いながらも引き込まれるように塔の下へ。

フランスらしい花壇とベンチがカワイイ公園です。

塔の入り口に着くと想像以上に巨大な塔でした。

Google Mapで見ると…”サンジャックの塔”と出ています。

サンジャックの塔

  • 塔がほとんど存在しないパリでは珍しい建造物です。
  • ”パスカルの定理”はこの塔でパスカルが大気圧の実験をして生まれました。
  • スペインまで続いたサンディアゴ巡礼路の起点でした。

なるほどなるほど…。

うーん、それよりサントシャペルと反対方向にきてしまったようです。

(Google Mapを見て気が付きました)

サントシャペルへ

朝のセーヌ川。

昼間とは様子の違う少し大人しい表情を見せてくれます。

いよいよサントシャペル教会が入る建物が見えてきました。

おっとここから並ぶのかな?

英語すら書いていないので感と雰囲気と笑顔でガンガン進んでいきます。

先ほどのは持ち物検査の列でした。

最後にご紹介するのですがこの教会はとある司法施設の内部にあるからなんです。

チケット販売所は建物の内側にあります。(一人10€でクレジットカード可でした)

ちなみに混んでいるときはこの画像のエリアが人で埋まってしまうこともあるそうです。

朝早くいって大正解でした。

中に入るといきなりお土産屋さんが。どんな造り!(笑)

お土産フロアに素敵なステンドグラスがあります。

おー、これが噂のサントシャペル…ってこんな小さかったっけ?

ミウラ妻からこっちから昇るみたいだよと。

お目当てのステンドグラスはこの細長い階段を昇った先にあるようです。

ワクワク!

美し過ぎるステンドグラス!

あっちゃー、これキレイスギー!

いやホントすごいんですよこれ。

5分間くらい「これすっご」しか言えませんでしたもの。

世界では日本国内では考えられないスケールの事柄がたくさんありますが、想定外のスケールと美しさが同時にきたときの感情なんてなかなか味わうことができません。

パリ最古のステンドグラスは1000もの物語が描かれる

ちなみに全てのステンドグラスは別々の場面が描かれています。

こういった教会にあるステンドグラスには基本的に何らかの物語が展開されていることが多いそうで、サントシャペル教会のステンドグラスには創世記からパリに茨の冠と呼ばれる聖遺物が到着するまでの1000以上もの場面が描かれているそうです。

フレスコ画も美し過ぎる

ステンドグラスだけではなく、壁に描かれたフレスコ画もヴェルサイユ宮殿に負けずとも劣らずの素晴らしいものでした。聖書関係の知識があったら感動は何十倍にもなるんでしょうね。

パレ・ド・ジュスティス

ちなみにサントシャペル協会はパリドジャスティスと呼ばれる日本で言う最高裁判所の敷地内にありますのでとっても安全(?)ですよ。

サンジェルマン通りを歩く

パラブーツパリ本店などが近いサンジェルマン通りを歩きます。

シャンゼリゼ通りと違って親近感が湧くスケール感です。(笑)

向かうはエドワードグリーンパリです。

パリ名物 メトロの排気口で強制ヘップバーン

パリ市内にはメトロの排気口が点在しており、そこからかなり強い温風が噴き出ています。

今まで出会った排気口は道端に避ければ済んだのですが、ついに道全体を覆う排気口が現れました。

・・・頑張れミウラ妻!

エドワードグリーンパリ店に到着

先日、買い逃してしまった革靴を購入しにエドワードグリーンパリへ。

しかし、開店時間なのにお店が空いていないぞ?

その様子は下記からお楽しみいただけます。

エドワードグリーン フランスのパリ店にてDoverを買う。
パリ旅行が決まったとき、一番最初に調べたのはもちろん本格靴がソルド対象になるのか?という点です。 JMウェストンはここ最近は一切なし、...
芸術の街モンマルトルとマレ地区へ【パリ旅行6日目後半】
芸術の丘、モンマルトル。 パリ北部に位置するルノワールやピカソに愛された地、モンマルトル。 サクレ・クール寺院や映画アメリの...