J.M. Weston 641ゴルフのウィズを上げてみた話【Width DとEを比較】

J.M.Westonのアイコンシューズといえばいくつか候補がありますが、やはり一番有名なのは641通称GOLFと呼ばれるU-TIPシューズだと思います。

しかし、この641GOLFはサイズ選びが非常に難しいことでも有名で本格靴初心者に人気の一足でありながらも、いわゆる万力締めというやつでビギナーを苦しめまくる靴でもあります。

今回はそんなゴルフの万力締めに挑んだ結果、耐えきれずにウィズアップした話となります。(似たような記事を見た記憶がある人、その通りですよ)

641ゴルフについて

641 GOLF DERBY SHOES

https://www.jmweston.com/jp/derby-golf-641-cuir-veau-box-noir

その名の通り、元々はゴルフ用の靴として開発された経緯のある641GOLF、タフなアッパーに滑りづらく減りづらいリッジウェイソールが組み合わされていることから世界中を駆け巡るジャーナリスト達にも人気となり、別名ジャーナリストシューズとまで言われていたJMWの名作の1つです。

ラスト31の特徴について

そんな641GOLFで使用されている木型ラスト31についてまとめると下記となります。

  • 捨て寸 → 短め(ボールジョイントからつま先までの長さ)
  • 幅   → 狭め
  • 甲の高さ→ 高め
  • カカト → 大き目

さらには革が固めという特徴もあるため、新品状態から革が馴染んだ後も想定したベストサイズを選ぶのは中々難易度が高いというのも1つの特徴です。

ウィズアップをした理由

J.M.Weston 641ゴルフ 小指の付け根が痛い問題の解決方法【万力締めを克服】
先日、親指側面のアタリによりハーフサイズアップウィズダウンをしたJ.M.Westonの641GOLFオックスフォードです。 数...

以前このような記事を書いたミウラですが、この後どうなったかというと依然タイトフィットながらもそこそこ足に合う状態になり、「ようやっとこのじゃじゃ馬も足になじんできたか。良かった良かった。」と思う日々を過ごしていました。

しかし、とある日友人と「革靴のベストフィットってなんだろう?」という話になった際に「旅行に連れていける靴こそがベストフィットと呼べるのではないか」という結論に達しました。ベストフィットの定義については今度別記事に語りたいなあと思っていますが、とにかくその時いらない炎が私についてしまったのです。

「いま持っているGOLFは仕事で履く分には問題ないけど、旅行に連れていくにはウィズを上げなきゃ無理だ!」

あほです。完全にあほなんですが、当時はJMウェストンオリジナル皮革素材となるロシアンカーフが廃盤決定となり店頭在庫すら無くなっていった時期でした。うーん、わざわざレディメイドの定番品をスペシャルオーダーするのもなあ…と思い、パリに問い合わせしたところ見事に在庫アリ。これは千載一遇の好機!と考えて個人輸入を行ったのでした。

J.M.Westonを個人輸入してみた。【JMウェストンの内外価格差は?】
最近価格が上昇し始めたJ.M.Westonのシューズ達。 過去にはTHE本格靴となるイギリスのシューメーカーとは違って企業努力によって...


各部分を比較(8Evs8D)

トゥシェイプ

そんな訳で手元に届いた641ゴルフの8Eと8Dを比較してみます。

まずはトゥの形状ですが、これはわかりやすく差が出ていますね。左が8Eで右が8Dとなります。8Dはドレスシューズと呼んでもまだセーフですが、8Eはどこからどう見てもカジュアルシューズなボッテリ感がすごい。写真でもこれだけの差があるくらいですから実際にさらにボテリとした雰囲気が強力に漂っています。

横から

次はサイドから比較してみます。左が8E、右が8Dです。パッと見はあまり違いがありませんがジックリと比べると8Eが全体的に高さがあることがわかります。トゥボックス、甲の部分、ヒールカップまですべての点において8Dに比べて高いです。

ソール

しかし一方でソール形状についてはほとんど差がありません。削れづらく滑りづらいリッジウェイソール。採用されているラスト31が元々細目の木型ということもあってか大きく違う点はありませんでした。

ヒールカップ

ヒールカップの大きさです。シューツリーを入れた画像しか撮っておらずわかりづらいのですが、やはり8Eのほうがルーズなフィット感でした。そもそもゴルフはヒールカップが大きめなのでEウィズでぴたりとフィットさせるのはなかなか難しいかもしれません。

8Eを履いてみた

「これは旅行に連れていける。」

履いてみてすぐに確信を得るに至りました。私の持つアーチが緩み切ったこんにゃく幅広足を優しく包むアッパーサイドには感動したほどです。踵は予想通りやや緩めですがカポカポするほどでもなく優しく当たっている程度です。感覚としてはチャーチのグラフトン(80G)にやや近め。

少し歩いてみると足のまねき運動がいつもよりやりやすい。足指を使ってしっかりと踏み込めます。やはり細い靴だと足指が重なってしまい地面を掴めないですから。

しかし…、どう考えてもトゥボックス内が広い。足指の上の空間が広すぎるのがわかります。また、一番気になるのは外羽根の閉じ具合。この写真では1cm程度開いていますがしっかりと結ぶと新品なのに5mm程度になってしまい、履き込めばすぐに閉じてしまうことは明らか。やはりゴルフの木型は難しいなあと強く感じました。

ウィズを上げてみた結果

ということで一時の衝動で641ゴルフのウィズを上げてみましたが、結局夢にまでみたベストフィットは達成できませんでした。フィット感は8Eのほうが好みですがややルーズ、8Dはドレスシューズらしいタイト感が心地よいが旅には連れていけない。

どっちも良い、どっちも良いんです。しかしあと一歩足りない。

そっと2足を箱にしまい、次なる手を考えます。

答えが出る気がまったくしないまま理想のベストフィット探しの旅は続くのでした。