ALDEN97502 ラベロロングウィング【プランテーションソールの履き心地】

オールデンのレアカラーと言えばウィスキー、ラベロ、シガーが当時出回っていた3大レアカラーでした。

私はハワイで購入したALDEN990(バリーラスト8.5D)の失敗の元、シガーロングウィング97896(バリーラスト9.0D)を手に入れましたが、当時の私はどうにも足にフィットしていないと考えており、新たなバリーラスト8.5Eのレアカラーを探し求める毎日を過ごしていました。オールデン初心者にありがちなウィスキーカラーを夢見ながらラベロやシガーにも目を光らせる毎日・・・。

そんなときに彗星のごとく現れたのがラベロコードバンロングウィングでした。

ALDEN RAVELLO LONG WING 97502

Alden 97502

こちらが当時手に入れたばかりのラベロコードバンロングウィング97502です。

蓋を開けたときにため息が漏れました。(笑)

凄まじく綺麗なラベロカラーに、踵までグイっと伸びたロングウィング、そして後述するプランテーションソール。さらには当時考えていたマイサイズ。もう完璧としか言いようがないものでした。

超綺麗なラベロコードバン

兎に角最初から滅茶苦茶綺麗だったのが記憶に鮮明に残っています。前回手に入れたシガーコードバンとは異なり色ムラがほとんどありません。オールデンといえばダークバーガンディカラーとなるカラー8でさえ色ムラが激しいことでも有名ですが、このラベロは本当に均一の仕上がりでした。

ラベロカラーとは

そもそもブラウンだったりバーガンディならわかるけどラベロとはなんぞやと気になりました。調べてみると要するに赤茶気味のミディアムブラウンがラベロカラーとされているようですが、その振り幅は凄まじくタンカラーのようなものからダークブラウンに近いようなものまでそのときの仕上がりによって様々な色味になっているようです。

レアカラーに使われるコードバンは分厚いのかも?

Alden Ravello LWB

前回同様気に入ったのはコードバンの分厚さです。

馬のお尻の革を削り出して製造されるコードバンはどうしても厚さに個体差が出来てしまいます。カーフとは異なり厚い方が良いコードバンとされることもあり、レアカラーには厚いコードバンが使用される傾向が強いのかもしれませんね。

ALDEN専用のプランテーションソール

97502ラベロコードバンロングウィングに採用されたソールはオールデン独自のプランテーションソールと呼ばれるものです。

これはつま先近くまでは生ゴムのクレープソールを設置し、つま先部分はレザーソールというかなり手の込んだ仕様のソールとなっています。削れやすいつま先をレザーソールにして耐久性を上げたとか、絨毯を汚さないようにとか色々な説があるソールでもあります。(笑)

プランテーションソールの履き心地

実際の履き心地はかなりGOOD!クレープソールだと足の着地から踏み上げまでずっとクニュッとした足触りですが、プランテーションソールだと足が離れる瞬間はサッと抵抗なく次の歩行に移ることができます。カカト全体が生ゴムなので着地した際はエアーマックスのような抵抗感がおもしろいです。


ソックシートはオールデンロゴのみ

ソックシートはレアカラーにありがちな別注品ではなく、オールデン社のロゴのみです。製造番号から考えるに1990年代か2000年代のものっぽいので、まだまだレアカラーがそこまでレアじゃなかったときのものなのかもしれませんね。羨ましい時代です(笑)

バリーラスト8.5Eのサイズ感

気になるサイズ感ですが、この画像の見た目通り、ちょっとタイト気味でした。

革靴って難しいなあ!と革靴初心者の私は深く深く反省したものです。(笑)

結局のところ、バリーラストは9Dがマイサイズだったんですね。

ちなみにモディファイドラストでは8.5Eがマイサイズです。

一般的にはモディファイドラストとバリーラストは同じサイズ感で・・・となるみたいですが、実際のところはバリーラストよりモディファイドラストの方がやや大きめのようです。そうなるとバリーラスト9D、モディファイドラスト8.5Eがちょうど良い私のサイズ感覚の謎が解けました。

【サイズ感】ALDEN(オールデン) 54332 V-TIP Black 8.5E
黒い真珠、ブラックコードバンを使用したALDEN 54331 V-TIPのサイズ感 Alden(オールデン)といえば、この靴のバー...

他の靴との対比表はこちらから。

本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々...

まとめ

オールデン3大レアカラーの1つ、ラベロコードバンロングウィング97502の紹介でした。

このラベロLWBも今は私の足元を離れ、他のALDENオーナーの元で活躍しているはずです。残すレアカラーはウィスキーコードバンだけです。某ショップのウェイティングリストに載ってはいますが、すでに2年が経過しています。しかしこの2年で私のシューズラックはほぼ埋まり、新しい靴を迎えるスペースはほぼありません・・・。

連絡がきたらどうしよう?一瞬だけ焦った6月の夜でした。(笑)