【サイズ感】Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G


英国外羽根ブローグの超名作。チャーチグラフトンのサイズ感

Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G

チャーチには名作ドレスシューズが数多くありますが、根強い人気を持つのがこのグラフトンではないでしょうか。別名Golosh brogueとも呼ばれるこの靴はアメリカ靴のようなワイルドな外羽根をチャーチの定番ラスト173ラストを用いることでチャーチならではエレガントさも合わせ持っています。

メーカー Church’s (チャーチ)
製品名 Grafton (グラフトン)
木型(last) last 173
素材 Highland Grain Calf (型押しシボ革)
カラー Ebony (濃茶)
サイズ 80G (26.5cm幅広)

1.各部分の寸法を測る

Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G

ソールの長さは31.5cm

Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G

ソールの幅は11.5cm

ストームウェルト仕様の分、少し広めになっていますね。

Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G

ボールジョイント部は17cm

Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G

第一関節部分は14.5cm

Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G

くるぶしまでは6cm


2.実際に履いてみる

Church’s(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G

羽根は大体1.5cm程度の開きです。

重厚なダブルソール仕様のダイナイトソールなので歩行感も非常にしっかりしており安心して歩くことができます。


3.レビュー

足の実寸が26.5cmで幅広の私にとってグラフトン80Gはややリラックスフィッティングです。
ボールジョイント部分の位置も合っており、指回りが痛くなることもありません。
捨て寸もちょうど良く、一日中使用していても特に違和感を感じることもありません。

ただ、明らかに同じサイズ(80G)かつ同じ木型(last173)の内羽根ドレスシューズ(コンサル、チェットウィンド)に靴に比べてサイズ感が異なるように感じます。


4.Church’s(チャーチ)Grafton(グラフトン)173ラストのおすすめサイズ感

足の実寸が26cmだったとした場合

普通幅の人(普段E~EE)
75Fがオススメです。
幅広の人(普段EEE)
75Gがオススメです。

※内羽根に比べてリラックスフィットになります。
※miura_hの経験に基づくサイズ感ですが、購入前の試着をオススメします。

(終わり)

関連記事

チャーチのグラフトン(シボ革)を購入しました!
靴の断捨離を終え数週間。 あいつは突然やってきた。 先日、ついに”靴パラノイア”と化したことを自覚した私は自分自身を見つめ直し、ここ...
Church's(チャーチ)の外羽根と内羽根の大きさ比較
英国靴チャーチ(Church's)にハマってはや数年。 ときには直輸入、ときには表参道、ときには本国イギリスでと色々な場所でこの素晴ら...

チャーチのグラフトンはこちらから!

革靴の試着のポイントとサイズチャート

本格革靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 革靴にハマるまではリーガル2足(しかも中古)をただ履きまわしてい...
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々...