ハイシャインクリーナーの使い方【ブートブラックの鏡面落とし】

鏡面磨き、それは靴好きなら誰もが一度は憧れる必須スキルの1つではないでしょうか。

ろう分を含んだワックスを革靴のつま先にじっくりと塗り込み、指に巻いたネル生地に水を少し付けてクルクルと回せば途端に輝いてくることに興奮を感じる人は少なくないと思います。

革とは思えぬその光沢に本当の意味での鏡面のように仕上げる人がいたり、スピード重視の人がいたりと様々な手法があるのも楽しいところです。

しかし、一方で革が持っている通気性を完全にろう分で蓋をしてしまうため、アッパーの劣化に繋がりやすいという意見もあるのは確かです。鏡面磨き、もといハイシャインは人間の化粧のようなもの。必ず落とす必要があるというものです。

せっかく手に入れた本格靴ですから少しでも長い間履きたいもの。それでは久しぶりに鏡面を落としてみようと思ってステインリムーバーなどを使うと思ったよりこの鏡面を落とすのが難しい。ミウラは油性の靴クリームを使って落とすことが多いのですがそれでもある程度の時間はかかってしまいます。そんなとき、とても簡単に鏡面を落とすことができるシューケアアイテムがあると耳にしたのでした。

 


Boot Black ハイシャインクリーナー(鏡面落とし)

Boot Black High Shine Cleaner

こちらが鏡面仕上げを落とすためだけに作られたシューケアアイテムBoot Blackのハイシャインクリーナーです。古くなったハイシャインの塗膜を簡単に落とすことができるのが特徴です。

 

Boot Blackとは?

Boot Blackとは日本人なら誰しもがおそらく耳にしたことがあるであろうシューケアメーカー、コロンブス社が送り出すシューケアの最高品質ラインです。

90年以上もの歴史を誇るコロンブス社の松戸工場で練り上げられたシューケア用品の数々はマスなものから超ニッチなものまで本当に幅広いラインナップとなっています。私自身も保湿保革専用のシューケアアイテム、Boot Blackリッチモイスチャーにはとってもお世話になっています。

Boot Black リッチモイスチャーの使い方【スキンケアのような保革】
革靴のシューケアを考えたとき、いくつかの要素が出てきます。 補色、光沢、そして保革。 大抵の靴クリームはこれらをバランス良く網羅しているものだと思いますが、自分で革靴を手入れする人が増えた昨今、ユーザーの色々なニーズに答えるため...

 

https://www.edwardgreen.com/shop/shoe-cream.html

Boot Blackシリーズの実力は世界でも認められており、近年ではあのイギリスの2大高級ドレスシューズブランドの1つ、エドワードグリーンにOME供給を始めたほどなんです。定番のblackやニュートラル(無色)バーガンディのみならず、エドワードグリーンを代表するダークブラウンカラーとなる”DARK OAK”カラーまで用意されているのが驚きです。

 

ハイシャインクリーナーの成分

そんなBoot Blackから販売されているハイシャインクリーナーは有機溶剤と油脂が主成分となっています。商品の注意書きにはハイシャイン仕上げ以外のところには使用しないでください。と記載されており、その効果の強さがうかがえます。

 

ハイシャインクリーナーを実際に使ってみる

1.クリーナーを布に取る

まずはBoot Blackハイシャインクリーナーを指に巻き付けた布に取ります。

香りはBoot Blackの他の製品同様にちょっと化学的な香りがします。

 

布に取ってみるとこんな感じです。

固めに見えますが油性クリームと同様に塗りこむと思ったより柔らかいテクスチャーになっています。

 

2.クリーナーをハイシャイン部分に馴染ませる

ブートブラック ハイシャインクリーナーの使い方

シューケア用クリーナーのコツはとにかく多めに取って、力を入れずに擦ることだと思っています。今回もそれに漏れず多めにとってとにかく力を入れないように馴染ませていきます。

 

すると・・・。

あらら、もうハイシャイン部分が取れてきました!これはちょっと思ったより強力です。(笑)

アッパーに使ってしまったらどうなってしまうのだろうかと心配になってしまうほど。

 

3.乾拭きする

最後はハイシャインクリーナーが革靴に残らないように乾拭きしてフィニッシュです。果たして結果は・・・。

 


ビフォーアフター

1回目

こちらが1回だけハイシャインクリーナーを使ったときの画像です。手前側ですね。たった1塗り程度でここまでいくなんて!

 

2回目

そしてこちらがもう1塗りハイシャインクリーナーを使ったもの。2ラウンドもすれば大抵の鏡面塗膜は剥がせるようです。うーん、こりゃカンタンだ!

 

接写画像

最後は接写画像です。右がハイシャインクリーナーを使う前。左がハイシャインクリーナーを使った後。使用後の方はボックスカーフのフラワーが見えるのがわかります。反対に右側はちょっと鏡面が汚いことがわかりますね。もう少し頑張ります。(笑)

 


Boot Black ハイシャインクリーナーのまとめ

Boot Blackハイシャインクリーナーはその名の通り、革靴に施した鏡面層を簡単に落とすことができるアイテムでした。

靴のつま先をピカピカにするのが好きな方には必須のシューケアアイテムではないでしょうか。逆に自分でハイシャインをしない人には本当に不要というかなりニッチな靴磨き製品ですね。(笑)

そういった意味でも靴磨きにちょっと慣れてきた人にこそオススメしたいアイテムです。このハイシャインクリーナーが必要となった日こそ、靴磨きのレベルが一歩上がったその日なのかもしれません。

  • 鏡面(ハイシャイン)をほぼ一発で溶かし取れる
  • アッパー部分には絶対に使用しない
  • ややシューケアに慣れてきた人向けのアイテム
ブートブラック アーティストパレットの使い方とその実力【有名靴磨き店でも使われる国内最高峰の靴クリーム】
世の中には色々な靴クリームがありますが、国産で一番品質が高いのはコロンブス社が販売しているBOOT BLACK アーティストパレットでしょう。 名古屋を中心に展開している超有名靴磨き店でもメインに使用されていますし、ここ最近で...
ブートブラック エッヂクレヨンのレビューと使い方【BOOT BLACKで簡単コバ補修】
世の中には色々な便利グッズがあります。 それはシューケア用品においても同様だったりします。 シューケア用品自体が便利グッズじゃないか?と思う方もいると思いますが、実際シューケアというのはちゃんとやると意外と手間がかかるもの。 ...
ブートブラックのレザーソールコンディショナーをレビュー【BOOT BLACKの革底ケアアイテム】
グローバルな視点から見ると、一般的に革靴というのは革底の靴を指すそうです。 我々日本人の生活環境を考えるとゴム底のラバーソールタイプが使いやすいのが明白ですが、革靴発祥の地ヨーロッパではそうとも言い切れないようで、多少の雨でも気にせず...
タイトルとURLをコピーしました