ハリオ V60ステンレス計量スプーン【シンプルに優れたプロダクトの良さ】

インスタントコーヒーを愛飲していた人が挽いた豆からコーヒーを淹れるようになると途端にその深い世界にどっぷり漬かってしまうことはよくあることではないでしょうか。豆ごとに異なるフレーバー、さらには挽き方によっても異なる後味など、珈琲は思った以上に奥が深いことに気が付きます。

私自身は日本が世界に誇る珈琲機器メーカーHARIO社の珈琲王というコーヒーメーカーを導入してからあっという間にハマってしまい、1-2か月に一度のペースで新しいコーヒー豆を楽しんでいます。

HARIO V60珈琲王は口コミ通りの良質なコーヒーメーカーだった!【実際に使った評価とレビュー】
世の中には色々なコーヒーメーカーが発売されており、オシャレだったり、安価だったり、はたまた専用ポーションを使って気軽にプロの味を楽し...

こういった世界に一度ハマると色々な道具を揃えたくなってしまうのが人の性ってもんです。そんなことから今回はちょっと良い計量スプーンを購入してみました。

HARIOとは

ハリオ社は1921年から続く理化学機器メーカー…ではなく、耐熱ガラスメーカー兼コーヒーアイテムメーカーです。理化学用ガラス製造で培ったその技術はガラス製品が多いコーヒー関連グッズにおいて他の追随を許していないことでも有名です。

ハリオ V60計量スプーン(ステンレス)

そんなハリオ社のガラス製品…ではなく、ステンレスで出来た計量スプーンを今回は購入しました。実はHARIOのコーヒー関連グッズはガラス意外にもプラスチックや陶器、ステンレスに銅など、様々な材質のバリエーションを揃えているものが多いのですが、一貫して感じられる「シンプル+高品質な姿勢」は様々な人からの称賛を得ています。

スプーンの容量

気になるカップの容量はすり切り12gと一般的なドリップコーヒーに適したサイズになっています。手前にあるのがV60のドリッパーについてくる専用計量スプーンです。こちらもすりきり12gで上から12g,10g,8gの刻みとなっています。

珈琲王愛用者はちょっと注意が必要

私のようにハリオ社の珈琲王を愛用している方はちょっと注意が必要です。なぜなら珈琲王で抽出する場合、珈琲1杯はまさかの8gで抽出出来てしまいます。

そのため専用スプーンもすり切り8gになっていますので、12gずつ入れてしまうとかなり濃い目の仕上がりになってしまいます。一度気が付かず作ってしまいとってもディープなコーヒーを楽しむ羽目になりました。(笑)

内部の段差は4g刻みかも。

V60計量スプーンには全部で3段の段差が設けられています。一番上の段が8gと予想していますが結果は果たして。

HARIO珈琲王付属のプラスチック計量スプーン(max8g)に挽いたコーヒー豆を取り、V60ステンレス計量スプーン(max12g)に移してみましょう。

大体ですが上から一番目にある段差に収まりました。一段目はおおよそ8gが目安となっていそうです。ただプラスチック計量スプーンとは異なり明確な線がある訳ではないのでちょっと使いずらいかもしれませんね。慣れてこれば問題ない範囲かもしれません。

程よい重さのステンレススプーン

ステンレスで出来たスプーンは見た目がカッコいいという点ともう一つ良いところがあります。それが適度な重さ。コーヒー豆を掬う際に適度な重さがあるとサッと下までスプーンが入りこみ、ストレスなく豆を取ることができます。

プラスチックでこぼれてしまいがちなふるい落とし。ステンレスなら適度な重さがあるため、取り過ぎたコーヒー豆を払い落すのも楽ちんです。


Amazonだとキャニスターとのセット販売アリ!

実は今ならアマゾンでV60計量スプーンとハリオ社の耐熱ガラスを使ったコーヒーキャニスターがセットでお得に購入できるのです。むしろセットだから私は買ってしまいました。前からほしかったんですガラス製のコーヒーキャニスター。

HARIO珈琲キャニスターM

ハリオのコーヒーキャニスターのスペックはこちら。余計な機能は一切ありません。良い耐熱ガラスを使った程よい大きさの容器となっています。

  • 直径99mm×高さ142mm
  • コーヒー粉200g
  • 熱湯および食器洗浄機OK

実際に150gのコーヒー豆を入れてみる

冷蔵庫に入っていた開けたばかりのスターバックスのハウスブレンドがあったのでキャニスターに移してみることにしました。ちなみにミディアムローストのハウスブレンドですが、スターバックスらしくブラックではなくミルクなどと合わせて飲むと美味しさが出てくる豆でした。

さっそくドサーっと入れます。直径約10cmですからコーヒー豆が入れずらいということはありません。

蓋はレバーを下ろすと中のシリコンゴムがガラスに密着するタイプです。

使い終わったらキャニスターの中にスプーンを入れておけるのもお手軽で嬉しいポイントです。

約150gを容器に入れた状態がこちら。200gを入れるとなるとパンパンになりそうです。

400g袋の場合

こちらは400gの袋を入れた図です。これ以上入れると蓋が締まらないところまで入れてみました。スペック通り、約半分の量がキャニスターに入りました。

ちなみにこちらの『宮の森珈琲』ですが、札幌では地元に根付いた人気を持つ有名な珈琲店で、初めてちょっと良いコーヒーを楽しんでみたい方には是非オススメしたいコーヒーです。

Hario V60計量スプーンのまとめ

HarioのV60計量スプーンとコーヒーキャニスターセット。保存環境に影響を及ぼすコーヒーキャニスターはともかく計量スプーンはコーヒーの味に影響するところがないため、本当に自己満足なアイテムなのですが、そこが良いんですよね。『日常生活にちょっとずつ拘りのアイテムを混ぜていく。』これこそが生活品質の向上に繋がる気がするミウラでした。

  • ただただシンプルで高品質見た目にも優れた完成されたプロダクト。
  • 暮らしのレベルがちょっとだけ上がって気持ちに。
  • コーヒーキャニスターとセットが嬉しい。