パリでセミオーダー帽子をつくるならラ・スリーズ・シュルルシャポーで決まり!

帽子好きの人がパリ旅行に行くならば絶対チェックしてしまうのがラ・スリーズ・シュルルシャポー(la cerise surle chapeau)ではないでしょうか。

とっても高品質な帽子が数時間で完成するセミオーダーハットのお店です。

あのスーパーモデルケイトモスやパリのファッショニスタがこぞってオーダーすることでも有名な超人気店です。


ラ・スリーズ・シュルルシャポーについて

https://www.lacerisesurlechapeau.com/en/home/

フランスでは”良い事があったらさらに良い事が!”という意味となる「ケーキの上にあるサクランボ」という言葉があるそうで、店名となるラ・スリーズ・シュルルシャポーは「帽子の上にあるサクランボ」という意味。

帽子を通じて幸せが広がっていくことを願った素敵なブランドネームなんです。

とってもリラックスできる店内はカラフルな帽子でたくさん!

カウンター奥ではゆったりと帽子を作っている様子も見れますよ。

実際にオーダーメイドを注文してみる。

さて、我々ミウラ夫婦はもちろんウィンドウショッピングをしにきた訳ではありません。

パリの香りが漂うナイスなハットを作っていきます!

1.帽子の形とサイズを選ぶ

まずは帽子の形を選びます。

クラシカルなハットタイプからレディース向けのツバが長いタイプ、パナマハットにコロンとしたタイプまでハットと呼ばれる帽子のほとんどのスタイルを網羅しています。

https://www.lacerisesurlechapeau.com/

嬉しいサイズ展開

セミオーダーだと大きさまでは弄れないことが多いですが、ラ・スリーズ・シュルルシャポーでは頭を計測してくれて欲しいボディの在庫をすぐに確認してくれます。

2.帽子の素材と色を選ぶ

la cerise sur le chapeauでセミオーダー

次に選ぶのが帽子の素材と色。

素材は3つの素材があります。一般的なウール、防水加工されたウール、そして夏にピッタリなストロー素材です。

色に関してはとってもパリらしいハッキリとした発色が特徴で、もちろんストローハットも例外ではありません!写真のようにグレーだけでも3種類もあります。

気になる価格はボディで決まる

ここで選ぶボディによって価格が変わってきます。100€から190€くらいですね。

基本的には面積が大きいモノが高めです。

3.帽子のリボンの色を選ぶ

次に帽子の周りをグルッと飾るリボンを選びます。

30-40種類の好きなリボンを1つ選ぶことができます。イマジネーション溢れる人ならこのあたりでその組み合わせ可能な数に頭が痛くなってくるはずです。(笑)

もし決まらない場合は?

そんなときは店員さんに相談すればキュートな笑顔と共に色々なパターンを提案してくれますよ♪そのときのファッションやスタイルで選んでくれるので本当に助けになります。

4.リボンのアクセントカラーを選ぶ

最後は帽子に巻かれたリボンのアクセントとなる小さいリボンを選びます。

これでまたさらに絶妙な色合いが多数用意されていて、同じような紫でも3種類あったりと大変です。帽子に占める面積は本当にちょびっとなのですが、これがまた全体にとっても大きな影響を与えるワンポイントなんですよね。

ミウラ妻はここでパンクしかけていました。(笑)

出来上がり時間は?

選び終わったら組み合わせを伝えると大体の出来上がり時間を教えてくれます。

平日なら1-2時間、休日なら2-3時間程度で完成するのでその間にショッピングにいったりカフェでホッと一息つくのがオススメです。

5.帽子を取りに行く。

数時間後・・・さあ、いよいよ自分だけのオリジナルハットとの対面です!

自然と足取りも軽くなりますね。(笑)

超キュートな店員さんが出来上がった帽子を手渡ししてくれます。

自分で選んだ組み合わせがこんな短時間で形になっているなんてスゴイ!

鏡で最終チェックも忘れずに。

今回、ミウラ妻はこのとき着ていたラコステのポロシャツに合うように作ったみたいです。

頭へのフィット感もバッチリ!とてもテンションが上がっています。(笑)

私は右奥にある水色のストローハットが気になりました。

もしまた来れるのであればあのボディで何かセミオーダーしてみたいなあ。


完成品がこちら!

実際に作ったのがこのハットです。

少し暗めのグレーのフェルトボディにネイビーのリボン、そして明るめのパープルのアクセントをチョイス。アクセントカラーは帽子の内リボンにも使われているのがオシャレ!

ちなみに右下のはフェルト用のケアグッズです。


La cerise sur le chapeauの場所

ラ・スリーズ・シュルルシャポーはセーヌ川の南側となるパリ6区にあります。

近くにはボンマルシェやサントシャペル、オルセー美術館などが近いスポット。

ファッションであればAPCのウィメンズ店舗とメンズ店舗がすぐ近くですよ。

パリに行った際にはぜひぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

思い出に素敵な帽子をオーダーしちゃいましょう!


ミウラ夫婦のパリ訪問記

パリ旅行記 1日目(パリに到着編)
花の都パリ。 美食の街パリ。 死ぬまで一度は行きたい街、パリ。 パリを修飾する魅惑的な言葉は数多くありますが、私自身はそれ...