【サイズ感】Church’s Diplomat(チャーチ ディプロマット) 80G 173last


 ナイスな英国セミブローグ。チャーチ ディプロマットのサイズ感

黒いディプロマットと言ったら英国靴大好きおじさん達の憧れの一つではないでしょうか。もちろんわたしもその一人ですが今回は茶色のディプロマット。Church’s Diplomat Walnuts Nevada Calfのサイズ感をご紹介します。

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

メーカー Church’s (チャーチ)
製品名 Diplomat (ディプロマット)
木型(last) last 173
素材 Nevada Calf (アンティーク調むら染革)
カラー Walnuts  (茶)
サイズ 80G (26.5cm幅広)

普通幅のFフィッティングが気になる方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事:【サイズ感】Church’s(チャーチ) Diplomat Last173 85F

関連記事:チャーチ(Church’s) FとGの違いとサイズ調査(173ラスト)

1.各部分の計測

ラストおよびサイズは現行チャーチの定番173ラストに80G(26.5の幅広)

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

全長は31cm

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

幅は10.5cm

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

くるぶしまでの高さは5.8cm

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

ボールジョイント部は17cm

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

第一関節部は13.5cm


2.着用図

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

やはり明るい色となるライトブラウンの屈はグレーのスラックスと相性抜群ですね。春や夏のジャケパンスタイルにはピッタリ。

Church’s Diplomat Walnuts Nevada 173last 80G

ベルトやネクタイとも色を合わせても楽しい!


3.レビュー

足の実寸が26.5cmで幅広の私にとってディプロマット80Gはジャストフィッティングです。
ボールジョイント部分の位置も合っており、指回りが痛くなることもありません。
捨て寸もちょうど良く、一日中使用していても特に違和感を感じることもありません。


4.Church’s(チャーチ)Diplomat(ディプロマット)173ラストのおすすめサイズ感

足の実寸が26cmだったとした場合

普通幅の人(普段E~EE)
75Fがオススメです。
幅広の人(普段EEE)
75Gがオススメです。

※miura_hの経験に基づくサイズ感ですが、購入前の試着をオススメします。

この靴については下記リンクから。

関連記事:【MTO完成】Church’s(チャーチ) Diplomat(ディプロマット)

革靴の試着のポイントとサイズチャート

本格革靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 革靴にハマるまではリーガル2足(しかも中古)をただ履きまわしてい...
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々...