【サイズ感】Church’s Chetwynd(チャーチ チェットウインド) 80G 173last


英国内羽根ブローグの最高傑作。チャーチ チェットウインドのサイズ感

名作シューズを多数持つチャーチ。その中でも特に有名なのがこのチェットウインドではないでしょうか。あのイギリス元首相ブレア氏もこのチェットウインドのブラックを愛用していたことで有名です。

私が英国旅行に行った際はティーンの男の子ですら黒いフルブローグシューズを履きこなしていました。それだけ英国人にとって身近な選択肢の一つだと言えるのがこのフルブローグシューズだと思います。

メーカーChurch’s (チャーチ)
製品名Chetwynd (チェットウインド)
木型(last)last 173
素材Nevada Calf (アンティーク調むら染革)
カラーBurgundy  (濃赤紫)
サイズ80G (26.5cm幅広)

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

普通幅のFフィッティングが気になる方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事:【サイズ感】Church’s(チャーチ) Chetwynd(チェットウインド) Last173 80F

関連記事:チャーチ(Church’s) FとGの違いとサイズ調査(173ラスト)

 

1.各部分の計測

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

ラストおよびサイズは現行チャーチの定番173ラストに80G(26.5の幅広)

 

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

全長は31.5cm

 

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

幅は11cm

 

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

くるぶしまでの高さは5.8cm

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

ボールジョイント部は16.5cm

 

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

第一関節部は14cm

 


2.着用図

Church’s Chetwynd Nevada Calf Burgundy

予想通りネイビーのスーツと良く合います!足元を見るたびに嬉しい!履いたその日からビッシリ馴染んでくれています。どこも痛いところはなく適度なフィット感が歩くたび喜びを感じさせてくれます。(下ばっかり見てますが)

 

 


3.レビュー

足の実寸が26.5cmで幅広の私にとってチェットウインド80Gはジャストフィッティングです。
ボールジョイント部分の位置も合っており、指回りが痛くなることもありません。
捨て寸もちょうど良く、一日中使用していても特に違和感を感じることもありません。

 


4.Church’s(チャーチ)Chetwynd(チェットウインド)173ラストのおすすめサイズ感

足の実寸が26cmだったとした場合

  • 普通幅の人(普段E~EE)→75Fがオススメです。
  • 幅広の人(普段EEE)  →75Gがオススメです。

※miura_hの経験に基づくサイズ感ですが、購入前の試着をオススメします。

この靴を入手した流れについては下記リンクから。

関連記事:【MTO完成】Church’s(チャーチ) Chetwynd(チェットウインド)

(終わり)

革靴の試着のポイントとサイズチャート

本格革靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 革靴にハマるまではリーガル2足(しかも中古)をただ履きまわしていたのに、一体なぜこんなことに・・・。 後悔はまったくしていませんが、今の知識があればかなり遠回...
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々な素晴らしい本格靴を愛する際に毎回頭を悩ませるのがサイズ問題だと思います。 本格靴にハマり始め...
Church's サイズ感
この記事をシェアする
SNSで「ミウラな日々」をフォローする!

この記事も読まれています

この記事も読まれています

ミウラな日々
タイトルとURLをコピーしました