靴磨きで使うシューケア専用の布(クロス)は自作するべし!

昨今の世の中では色々な靴磨きの道具が揃っています。

クリーム、ワックス、汚れ落とし、ブラシなどなど・・・。

しかし意外と高くついてしまうのがシューケア専用の靴磨き布ではないでしょうか?

1枚300円や400円などで販売されている定番のシューケアクロスのひとつ。

確かにしっかりと裁断された靴磨きクロスで靴を磨くのは気持ちが良いものです。

私のように普段は着古したTシャツを使っているならなおさら。

・・・しかし

ちょっと自作すればめちゃくちゃ安く大量に手に入れることができることをご存知でしょうか?


靴磨き用クロスは絶妙な起毛が重要!?

先日、札幌のオシャレセレクトショップMAWで開催された靴磨きワークショップ。

そこで非常に素晴らしい時間を過ごした私と友人はラーメンを食べながら色々と感想を話し合っていました。

関連記事:THE LOUNGE by Brift Hの靴磨き教室 2回目(コードバン編)

そこで一番のトピックになったのが靴磨きに普段使う布は

「本当に着古したTシャツで良いのだろうか?」という点です。

様々な雑誌には着古したTシャツでOK!的なことが記載されていますが、どうも過去2回のワークショップの経験を踏まえると、ネル生地のあの絶妙な起毛部分が上手く作用している気がしてならないのです。

実際に私は仕上げ用としてムートングローブを愛用していますが、これも磨き面はまさに起毛しています。

img_9001

ペダック ムートングローブで磨き中。

靴磨き用クロスはカナリヤのネル生地がオススメ!

善は急げ!思い立ったが吉日!

我々はすぐ近くにあった大手手芸店「カナリヤ」さんに向かうことにしました。

すぐさま店員さんにネル生地を探してもらうと白がラスト1m!薄い水色とレモン色もあるけど、白でしょうここは!

触ってみるとまさについ先ほどまで使っていたネル生地に非常に近しい!これに違いない!

ということで友人と仲良く50cmずつ購入しました。(滞在時間約5分)

生地・洋裁手芸・クラフトの専門店 カナリヤ

画像出典:http://www.kanariya.co.jp/


ネル生地を靴磨き布にDIY!

白く輝く未来のシューケアクロス。(笑)

広げてみた図。

大体70cm×50cmといったところでしょうか?

布を裁断するときは専用の布切りハサミを使うことをオススメします!

普通のハサミでも切れないことはないですが快適度が全然違います。


靴磨き用のネル生地は手のひらサイズで裁断がベスト!

幅は大体ですが手のひらくらいがちょうど良いかと思います。

The Lounge Brift Hさんの靴磨き教室で使用していた赤い布もこのくらいでした。

ブリフトアッシュ The Loungeの靴磨き教室(カーフ編)
ついにあの最強最高の靴磨き集団 Brift Hを間近で体験! 今回、参加するのはBrift Hの札幌支店 The Loungeの靴...

ちょうど良い長さと大きさになりました!

ワークショップで指に巻き付けたBriftH特製ネル生地

何でもいいから早く靴を磨かせろーーー!!って気持ちになりますね(笑)


ネル生地には表裏があります。

こちらが

少しだけ起毛しているのがわかりますか?

指を滑らすとフワッとした手触りなのですぐわかると思います。

こちらは裏側

表面に比べてほぼ起毛面がなくなっており、少しだけざらっとした手触りです。

実際に指に巻いてみた自作靴磨きクロスのアップ。

この起毛面がいい仕事してくれるんですよね~!やっぱりTシャツとは布が全然違います。

ネル生地に比べたらTシャツは固すぎですね。

今回は7枚ほどを作成することができました!

ちなみに気になる価格は50cm*70cmで300円程度です。

とにかく安い!(笑)

自作シューケアクロスのまとめ!

  • カナリヤでネル生地は1m=600円程度で販売中!
  • 荒めの裁断跡が気にならないのであれば自作靴磨き布は断然お得!
  • 浮いたお金でほかのシューケアグッズが買える!?

ということで、またひとつ靴磨きの楽しみが増えたミウラでした~。

(終わり)

ネル生地はこちらから!

切るのが面倒くさい人はこちらがオススメ

  • ミウラはこちらを愛用しています。
  • 30cm×30cmのネル生地が10枚も入っている!(1枚あたり140円程度)
  • シューケアブランド品だと30cm×30cm 1枚400円とかなのでかなりお得!

革靴の磨き方はこちらをご覧ください。

革靴の磨き方・お手入れ方法【靴磨きの全工程解説写真付き!】
革靴のお手入れ、磨き方はどうすればいいのか。 色々な靴の磨き方がウェブ上にすでに溢れていますが、今回は靴磨き教室で習ったやり方をベース...