ALDENのVANラストのハーフサイズ違いを履き比べてみたよ。|バンラストを比較する。

日本の気候に最適化されたビジネスソックスはTabioだけ。

「ミウラさん、もし良かったら私ので足入れしてみますか?」

 

 

 

 

オールデン バンラスト ハーフサイズ違い

……靴好きの縁、ここに爆誕。

 

 

 

 

事の発端

私はインスタ(miura_na_hibi)をよく使っています。

自分の足元などを投稿したり、他の方の投稿を見たりして日々楽しんでいるんですが、その中でも特に仲良くしてくださる方のひとりがTさんです。

始まりはとある靴についての問い合わせだったのですが、その後はお互いに好みのシューメーカーが一緒だったり、同じくらいの年齢(たぶん)やサイズ感ということもあってよく情報交換をしていました。

アメリカンなオールデンフィッティングに沼ったTさん

オールデンはブランノックデバイスで採寸する

ですが、オールデン(ALDEN)に関してはちょっとだけ方向性が違っていました。

私は英国靴だろうがフランス靴だろうが、もちろんオールデンについても「できるだけ足にピッタリと収めるフィッティングが好み」なんですが、

Tさんは「アメリカ靴に関して、いわゆる全くノンストレスで履くアメリカンフィッティングの世界に突入し抜けられなくなってしまった!」というのです。

オールデンの日本総代理店のラコタハウスさんやアナトミカさんでは、確かにブランノックデバイス通りのフィッティングをまずはオススメされるのは有名ですが、私のようにピッタリと履きたい人にはちょっとリラックス過ぎるきらいがあったりするんですよね。

Tさんはそれが良いとずっと言ってまして。笑

実際にモディファイドラストは8.5D⇨9D⇨9.5D⇨10Dと遷移しているそうな。(すごい)

「ミウラさんもぜひアメリカフィッティングを!」

と、何度か言われて少し興味が出てきていた流されやすい私。

Tさんは全長に対しアーチレングスが長めの方なので、アーチでサイジングするフィッティングが抜群に相性が良いみたいで。

そういう話を聞いていると「靴好きの一人として、アーチでバチバチに決めたサイズ感が1足あっても良いような…」なんて思い始める訳です。笑

アメリカンフィッティングのバンラストを試してみませんか!?

こちらは私が以前ALDENのVAN LAST US9.0Dの新品を試着した際の様子。

日本仕様のロングヴァンプモデルということもあって甲に少しキツさを感じていました。

またコードバンのローファーが履き慣れたときの感じも想像できず、結局スルーし、バンラストのマイサイズを確定するには至らなかったのです。

 

そこから紆余曲折あり、マイサイズのシガーコードバンローファーがほしくなった私ですが、肝心のサイズにあと一歩自信が無い……。

オールデンのレアカラーは一期一会ですから、万が一サイズミスでも使用ものなら交換等もできない代物ですから、モデルがほぼ決まっているのであれば確実なマイサイズを押さえておきたい!となるのは靴好きのしょうがないところ。

そんなことを考えながらグダグダしていたところ、Tさんからとある驚きの申し出をいただいたのです。

 

 

 

「以前もちらっとお伺いしましたが、もしよかったらぜひ9.5Dを一回足入れしてみてください。私が所有するブルックスのローファーをお送りしますので!」

「何回か履いてみていただいて、返り具合等判断いただければ♪」

「私の想像では、9Dは履けるけどちょいタイト、9.5Dはどこも当たらなくて快適になると思いますよ」

「ぜひ外でたくさん歩いてもらって、感覚を把握いただければ!」

「本当に気にしないので、ぜひお子さんとのお散歩などで外も歩かれてみてください。」

「オールデン沼にもっと浸かりましょう!」

 

 

……!!!

(あまりに強烈な善意とコソッと隠れた誘導にガッチリやられるワタクシ)

 

 

実は以前にもお申し出いただいたのですが、流石に人様の宝物をこんな理由でお借りなどできないと思い、お気持ちだけ受け取らせていただいていました。

しかし今回に限ってある意味切羽詰まっていた私は…。

 

 

 

「そのお申し出、ぜひ甘えたいです!」(崩れる美学)

そんな訳で、自分史上初のSNSフレンズから靴をお借りするという流れになったのでした。

 

 

お借りしたオールデンは超絶レアモデル!

ということで数日後我が家に届いた段ボール。

US9.5Dのアンラインドローファーを送っていただいたやつですね。

中を開けてみると、おや、箱が二つあるけどなんだろう……?

 

 

 

パカッ!

こ、これは……ウ、ウィスキーコードバン!!!!!!

どどどどど、どういうことだ!?!?

 

alden van last loafer sizing

 

 

いやぁ、マジでビビりましたね。笑

ただでさえ廃盤品として超絶レアなオールアンラインド仕様のブルックスブラザーズ別注のローファー(US9.5D)に加えて、オールデン好きなら誰もが欲しいマイサイズのウィスキーコードバンローファーが突然目の前に現れたんですから……。

サイズを見ると、なるほど!9.0Dです。要するに私がまだ未体験の「履き慣れたUS9.0Dのバンラスト」を比較用として送ってくださった訳です。

Tさん、もう完全にお仕事めちゃめちゃできる男に違いありません。笑

確かにそれなりにインスタでやりとりはしてましたが、一度もお会いしてないのに、ここまでしていただけるなんてすごいことになったなあと自分ごとながらしみじみと思ったりもして。

 

ブルックスブラザーズ別注のオールアンラインド仕上げローファー

オールデン ブルックスブラザーズ別注 アンラインドローファー バンラスト

さて、それではお借りしたローファー2足を見ていきたいと思います。

まずはブルックスブラザーズ別注の総アンラインド仕様のヴァンラストローファーです。

  • オールデン(ALDEN)
  • ブルックスブラザーズ別注
  • カラー8のオールアンラインド仕様
  • ショートヴァンプ
  • バンラスト(VAN LAST)
  • US9.5D(27.5cm相当)
  • 超希少価値の高い廃盤品モデル

ウィスキーコードバンのローファー

オールデン ウィスキーコードバン ローファー バンラスト

次にオマケ?として送っていただいたこちらもオールデンのヴァンローファーです。

  • オールデン(ALDEN)
  • ウィスキーコードバンのレザーライニング仕様
  • ショートバンプ
  • バンラスト(VAN LAST)
  • US9.0D(27.0cm相当)
  • 世界中で大人気のスーパーレアカラーモデル

これらハーフサイズ違いの2足は、一体全体どういった違いがあるのでしょうか?

ブログ内を検索する!

タイトルとURLをコピーしました