J.M.Weston 300ストレートチップのサイズ感【ラスト11】

最近ちょっとだけストレートチップの更新を考えています。

ノーサンプトンで購入したコンサルを愛用していたのですが、同じラストで5足も所有していることもあって履き味がほとんど一緒。

それが良いんだ!って人もいると思いますが、私はどちらかというと靴は見た目も履き味も違うほうが好みです。(ある程度揃えてから気が付いた)

ここ最近は所有する革靴の数も増えて、自分の好みのサイズ感も段々とわかってきました。

そうなると試してみたいのがJMウェストンのクラシックラインです。

ウェストンならではの4mm刻みのレングス展開に加え、6種類ものウィズからマイサイズを選ぶ悦び・・・!経験を積んだ今の自分で是非試してみたい・・・!!

と思っていたら、たまたま別件で東京に向かう用事が。

そうなると予定は決定です。前からちょっと気になっていたフィッティングポイントの件もあったりでワクワクしながら東京に向かいました。

 


JMウェストン青山店

店名J.M.Weston 青山店
住所東京都港区南青山5丁目11−5
電話番号03-5485-0306
開店時間11:00~20:00

着きました!

ウェストンラバーの聖地、J.M.Weston店です。

これまで過去何十年も万力締めという洗礼を与え続け、数々の信者を生み出した張本人(!?)がこちらの店舗です。

 

ストレートチップ300 8.5E

ということで早速ストレートチップを探している旨を伝え試着させてもらいます。

ストレートチップの展開は2種類。

クラシカルなシェイプが特徴のクラシックラインと、クラシックラインを長めにしたサヴィルコレクションがあります。

クラシックライン 300ストレートチップ  (Last11)

サヴィルコレクション ストレートチップ

画像出典:https://www.jmweston.com/jp/

もちろんクラシックラインをチョイス!

現在履いているローファーやゴルフ、そして他メーカーのUKサイズなどを伝えて相談すると「おそらく8.5のEウィズが合いそうですね」とのこと。

 

8.5Eの履き心地は?

このとき履いていたのはチャーチのコンサル(UK8.0G)です。

出発前にガッチリ磨いておいたのですが小雨が降ったことにより残念な状態に…。

それはさておき気になるフィット感ですが、かなり良いです。

土踏まず部分は明らかにサポートされており、甲からシューレースにかけてもフィット感は強くなっています。

しかし親指はしっかりと真っすぐに伸び、踵のフィット感も良好です。

これはジャストサイズを見つけてしまったか?

 

ボールジョイントの位置がちょっと気になる

ですが唯一気になるポイントがありました。

それがボールジョイント位置のズレです。

オレンジが私の小指の付け根、ブルーが300ストレートチップのもっとも広いところです。

実は私が所有する革靴ではチャーチの173ラストを除くほとんどの靴がこの状態となっています。今回気になっていたフィッティングポイントとはまさにここでした。

様々な靴に関する書籍で

「足の一番広いところとボールジョイントを合わせなければならない」と記述があります。

しかし私は大抵の靴で合うことはありません。

なので今回はサイズ展開が豊富なウェストンでボールジョイントの位置がピタリと合うストレートチップを探したかった訳なんです。

そんな事情があるものですから店員さんに8.0Fの在庫を聞くと残念ながら他店舗にしかないとのこと。取り寄せもできるそうですが、スケジュールの都合上、自分で向かうことにしました。

 

JMウェストン日本橋店

店名J.M.Weston 日本橋店
住所東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越 2F
電話番号03-3241-3311
開店時間10:30~19:30

次に向かったのはJMウェストン日本橋店です。

期待していってみると全然見つからず。と思ったら非常にコンパクトな店構えなだけでした。

 

ストレートチップ300 8.0F

ついに足を入れることができました。

JMウェストンの300ストレートチップの8.0Fです。ラスト11はUKサイズと=のためUK換算だとUK8.0F(幅広)となります。

8.5Eとはたったハーフサイズしか違いませんがあきらかに見た目がコンパクトになりました。

 

ボールジョイント部はピッタリ

気になるボールジョイント部はどうでしょうか?

画像の通り、ほぼ完ぺきに一致!既製品なのでこれ以上合わせることは難しいでしょうね。

そしてボールジョイントから甲周りの一体感がスゴイ!

 

しかし、1点だけ気になる点が…。

 

ショートノーズ過ぎる

もう一度上から見るとわかるのですが、ウェストンの300ストレートチップのフォルムはクラシカルなセミスクエアでさらにショートノーズです。

(青山店で履き比べた8.5EとチャーチのUK8.0は同じ長さでした。)

 

そうなると何が起こるのか?

完全なエジプト型の私の親指は中央に寄せられて結構キツイ。

(エジプト型の足:足の親指が最も長いタイプを指します)

ボールジョイントの位置があってもこれじゃあなぁ・・・。

なるほどなぁ、こうなったか。

 

ということで今回の購入は見送り!

 


JMウェストン ラスト11のサイズ選びのまとめ

クラシックライン 300ストレートチップ  (Last11)

画像出典:https://www.jmweston.com/jp/

今回の試着結果をまとめると下記となります。

Last118.5E8.0F
靴の長さ(見た目)普通短め
ボールジョイントの位置ややずれぴったり
締め付けややタイトややタイト
親指外側の感触問題無しやや寄せ感有

2店舗を周ってる間はグルグルと色々なことを考えて答えが出ませんでした。

しかし、こう改めてまとめると答えはひとつ。

 

300ストレートチップを買うならば8.5Eですね。

※私の足についてはこちらの記事をどうぞ。

 

そんな訳でさっそく通販で買ってしまうか!?

とも思いましたがやっぱりもう一度試着してから決めようかな…。

タイトルとURLをコピーしました