エドワードグリーンが海外通販できるお店リストまとめ【革靴の個人輸入】

英国靴の最高峰のひとつ、EDWARD GREEN(エドワードグリーン)

できる限りの最高を求める。がモットーのこのシューメーカーは数多くの革靴愛好家を虜にしてきました。

その卓越した靴づくりの技術はもちろん誰もが認めるところですし、マーケティングという意味でも代表のヒラリー社長が各地に足を運び、ときにはイベントを開催したりすることで革靴業界を盛り上げ、引っ張り続けています。

そして現在、日本において百貨店やセレクトショップでエドワードグリーンの靴を気軽に購入できる環境が整っているのは一愛好家としてたいへん嬉しいところです。

 

しかし、残念ながら日本で手に入るモデルには限界があるという現実もあります。

本国に比べてラインナップは少ないですし、ウィズの取り扱いはD(狭め)もしくはE(標準)のみ。幅広用のFウィズがないんですね。

またそもそも自分がほしいモデルがないこともあります。

 

でも輸入靴だから仕方ない・・・。

いえ、諦めるのはまだ早いんです。

 

エドワードグリーンは全世界に靴を卸しています。例えば、思い描いたあのモデルがイタリアで販売されている!なんてこともある訳です。

先日、私自身も日本で未展開のモデルを入手したことでこの事に気が付きました。

そんな訳で今回は、私と同じように困っている人がいるかもしれないと思い、

エドワードグリーンを海外通販できるウェブサイトをまとめてみました。

 


イギリス

Mr. Porter

  • 世界的に有名な海外通販ショップ(アマゾンのファッション版)
  • 夏と冬にセール有!
  • 日本語対応が嬉しい!

https://www.mrporter.com/

 

The Rake

  • クラシックスタイルを中心にしたセレクトショップ
  • ちょっと大人なラインナップが特徴

https://therake.com/brands/edward-green.html

 

Trunk

  • 大人カジュアルがメインのセレクトショップ
  • EGの数は少ないものの稀に半額セールなどアリ!
  • セール時は一気に在庫が減っていきます。笑

https://www.trunkclothiers.com/

 

ベルギー

Frans Boone

  • ユニークな別注品が光るセレクトショップ
  • オールデンの別注でも有名(アンラインド系)

https://www.fransboonestore.com/

 

Degand

  • ブリュッセルにある紳士服をメインにしたセレクトショップ
  • エドワードグリーンのみならずジョンロブの取り扱いアリ

https://degand.shop/shoes/?lang=en

 


ドイツ

Lodenfrey

  • バーバリーなども扱うユニセックスなセレクトショップ
  • EGの取り扱いはやや少なめ

https://www.lodenfrey.com/

 


イタリア

Borghini

  • 幅広足に嬉しいFウィズが豊富
  • ジョンロブも豊富な取り扱いアリ

https://www.borghiniclassic.com/eshop/en/

 

Giuseppe Bartoli

  • Fウィズのラインナップが豊富
  • チャーチやクロケットジョーンズの取り扱いアリ

http://www.giuseppebartoli.com

 


ノルウェー

Skomaker Dagestad

  • 日本の宮城興業の取り扱いアリ(!)さらに日本語対応スタッフ有で安心!
  • フォスターサンやオールデン、パラブーツなど幅広いラインナップ
  • オリジナルシューツリ―がこれまたカッコイイ!
  • EGは日本ではなかなか手に入らないFウィズ展開が嬉しい。

https://skomakerdagestad.no/

この投稿をInstagramで見る

Edward Green’s Chelsea in black calf on 202 Last. The most accomplished cap-toe oxford going?

Skomaker Dagestadさん(@skomakerdagestad)がシェアした投稿 –

 

スウェーデン

Care of Carl

  • 他のショップとは異なるユニークなラインナップが特徴的
  • 北欧4か国にしか配送できないので・・・

https://www.careofcarl.com/

 

オランダ

The Hand

  • 数は少ないもののユニークなラインナップ
  • ガジアーノガーリングの取り扱いアリ

https://meetthehand.com/

 

Hermans

  • エドワードグリーン公式サイトに準じたラインナップ
  • セールで半額商品アリ

https://www.hermansschoenen.nl/

 

Shoes & Shirts

  • 取り扱い数はやや少な目だがおもしろいモデルアリ
  • クロケットジョーンズ、チャーチなども取り扱いアリ

https://www.shoesandshirts.nl/

 

アメリカ合衆国

AXEL’S

  • ミドル世代をターゲットにしたセレクトショップ
  • EGはブーツを中心としたラインナップ

https://axelsltd.com/

 

Gentlemens Footwear

  • アメリカの紳士靴専門セレクトショップ
  • EG別注のバリエーションがとても豊富!
  • サイズが欠けてても次回オーダー分で注文可能

https://gentlemensfootwear.com/

 

Khakis of Carmel

  • メンズトラディショナルウェアがメインのセレクトショップ
  • 別注品のラインナップが豊富

https://khakisofcarmel.com/

 

Leffot

  • EGに限らずサンクリスピンやオールデンも豊富に取り扱う
  • プレオウンド(中古靴)も充実

https://leffot.com/

 

オーストラリア

Double Monk

  • 少しユニークなラインナップが特徴
  • オールデンやクロケットジョーンズも取り扱いアリ
  • ※注 値段表記がオーストラリアドル

https://www.doublemonk.com/

 

本国公式ウェブサイト

  • 最新モデルも確認可能!
  • 夏と冬にセールあり!

https://www.edwardgreen.com/

 

エドワードグリーンの海外通販まとめ

ということで今回はエドワードグリーンを海外通販できるウェブサイトをまとめてみました。

主要通貨別の印象は下記。

  • £(ポンド)イギリスのショップ
    円に比べてもっとも高いことが多いものの、本国ということもあり結果的に一番安価になることが多い。
    通貨がやや不安定なので円高とセールが被ったらすごいことに!
  • €(ユーロ)EUのショップ
    円に比べると£より安く、$より高い。セール時期にはもちろん安い。
    Fウィズを探すならEUショップはマスト!
  • $(ドル)アメリカのショップ
    定価だと国内価格より少し安い程度か同じくらいか。セール以外はそこまでお買い得ではないかも。欲しい別注モデルがあれば選択肢に入る。

タイミングによっては国内では考えられないほどお買い得にGETできるので気になる方は是非ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

※とは言うものの、海外通販では日本では考えられないトラブル(配送業者で紛失など)が発生するリスクや、輸入時の関税支払いなどがある点をお忘れなく。

EdwardGreen(エドワードグリーン) Shoe Tree(シューツリー) 202/606 E/F

 

エドワードグリーンの関連記事はこちら

エドワードグリーン バークレー202【ダークオークが奏でる至高のパンチドキャップトゥ】

EDWARD GREEN EウィズとFウィズの違い【ダークオークの色違いも】

エドワードグリーン LAST202と606を比較する【木型の違いを検証】

エドワードグリーンのラスト202と32を比較してみた【ドーバーラストの細さと違い】

エドワードグリーンの純正シューツリー【サイズの選び方】

エドワードグリーン フランスのパリ店にてDoverを買う。

 

個人輸入の関連記事はこちら

革靴を個人輸入したときの関税額などのまとめ【実体験レポート】

DHLエクスプレスを使った国際返品の仕方【関税はかかる?】

タイトルとURLをコピーしました