【サイズ感】Church’s Houston 80G


チャーチのオフィスワーカー向けシリーズ「Office Collection」

雨や雪の日でもチャーチを履きたい!との思いで今回購入したのは「Houston(ヒューストン)」です。伝統的なチェルシーブーツのスタイルです。

ノーサンプトンのチャーチファクトリーストアで購入したのですが、同じようなプレーンサイドゴアモデルが3つありました。1つは173ラストを使用しダイアモンドソールのAmberley。2つ目は同じく173ラストを使用し大ナイトソールかつストームウェルトを使用したGoodward、そして最後に残ったのがこのHoustonです。

すべてブラックのプレーンサイドゴアブーツなので、決め手はただ一つ。ポリッシュドバインダーカーフであること。このブーツは雨もしくは雪の日のみの使用を想定しているので、むしろ普通のカーフだと意味がないと判断しました。173ラストかつストームウェルトのGoodwardとはかなり悩みましたがこちらはマイサイズがなく、ヒューストンに決定となりました。

【旅行記】靴の聖地ノーサンプトン巡礼の旅

1.スタイル

img_8756

メーカーChurch’s(チャーチ)
製品名Houston
カラーPolished Binder Calf
サイズ&ウィズ80G

img_8755

ポリッシュドバインダーカーフを使用したつややかな表情。

img_8757

ソールはチャーチオリジナルのダイアモンドソール

img_8759

チェルシーブーツならではのプルタブ付き。

img_8781

173ラストに比べてシャープなシルエット。つま先も173ラストよりとがっています。


2.各部分の寸法を測る

img_8731

ソールの全長は32cm

img_8736

ソールの幅は11cm

img_8746

ボールジョイント部は173より広めの17cm

img_8747

第一関節部は13.5cm


3.実際に履いてみる

img_9016


4.レビュー

足の実寸が26.5cmで幅広の私にとって80GのHoustonはややリラックスフィッティングです。ボールジョイント部分の位置はしっかりと合っており、指回りは問題なし。捨て寸は長めとなります。

Church’s(チャーチ)Houston(ヒューストン)のフィット感(実寸26.5cm:サイズ80G)

  • タイツだとかなりリラックスフィット
  • 薄手の靴下だとリラックスフィット
  • 厚手の靴下だとジャストフィット

参考情報(普段のサイジング)

  • 173ラストは80G
  • 103ラストは85F
  • NIKEなどのスニーカーは27.5cm

総評

見た目的にはややロングノーズの靴を履いている。といった感じです。違和感があるほどではありません。思った以上にフィット感は強く、しっかりと甲を固定し、前に足がずれることもないです。173ラストに比べ、カカトのホールド感が強いため、履き始めはカカト側に負担がかかりやすいかもしれません。

ただし、明らかにラスト173より捨て寸が長いため、足の幅が狭い人は173よりハーフサイズ下げることになるかもしれません。普段Eウィズを選んでいる方は要注意ですね。

関連記事「チャーチのポリッシュドバインダーのプレメンテ」

(終わり)

革靴の試着のポイントとサイズチャート

本格革靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 革靴にハマるまではリーガル2足(しかも中古)をただ履きまわしていたのに、一体なぜこんなことに・・・。 後悔はまったくしていませんが、今の知識があればかなり遠回...
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々な素晴らしい本格靴を愛する際に毎回頭を悩ませるのがサイズ問題だと思います。 本格靴にハマり始め...
タイトルとURLをコピーしました