チャーチ シャノン(Church’s Shannon)のサイズ感


レディースプレーントゥの決定版!Church’s Shannon(シャノン)

チャーチのレディース向けプレーントゥがこのShannon(シャノン) 2 wrとなります。もともと紳士靴として展開されており、主に悪天候用として絶大な評価を得ている靴です。

Church’s Shannon Ladies

雨に強いポリッシングバインダーカーフ、ソールへの水の侵入を拒むストームウェルト。そして、安心のラバーソール(ダイアモンドソール)を装備しています。

・メーカー Church’s
・製品名 Shannon
・カラー Black Polished Binder
・サイズ 35
・アッパー ポリッシュドバインダーカーフ
・ソール ラバーソール

シャノンのみに許されたスキンステッチ

チャーチシャノンのスキンステッチ

レーススティ(靴紐を通す部分)アッパーの接続部分の縫い目が見えないのがわかりますか?これはスキンステッチと呼ばれる高等技術で、縫い糸を革の中だけで通すことにより縫い目を外に見せない意匠なんです。

【MTO完成】Church's(チャーチ) Stratton(ストラットン)
人生初MTO第二段! そう、あの大きさの段ボールにたった一足の靴だけが入っているわけがありません・・・。 実...

一般的な革靴だとこのように上から縫われています。

このスキンステッチのおかげでプレーントゥがさらに上品な印象に仕上がっています。

ソールにはチャーチ独自のラバーソール

ダイアモンドソール

レディースのシャノンにはチャーチオリジナルのソールとなるダイアモンドソールが採用されています。このソールは非常に耐久性に優れているかつドレッシーな薄さを併せ持っていることが特徴で、パッと見ると靴底全体がラバーに見えるのですがカカト部分にはレザーが使用されており、レザーならではのコツッコツッとした歩行音も楽しむことができます。

1.各部分の寸法を測る

アウトソール全長

アウトソール全長は約25.5cm

アウトソール最大幅

アウトソール最大幅は約9cm

ボールジョイント部

ボールジョイント部は約14.5cm

第一関節部

足指の第一関節付近は約11cm

くるぶしまでの高さ

くるぶしまでの高さは約5.1cm


2.実際に履いてみる

img_6908

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

デニムスタイルにもよく合うチャーチのシャノン

Church’s(チャーチ)Shannon(シャノン)のコーディネート

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

カジュアルなコーデを引き締めてくれるチャーチシャノン(プレーントゥ)


3.レビュー

Church’s Shannon WR2

足の実寸が22cmで普通幅の妻にとって35のShannon(シャノン) 2 w rはタイツの場合はジャストフィッティング。ボールジョイント部分も完璧にフィットしており、指回りは問題ありません。捨て寸もほどよく、見た目的にも身長に合った靴を履いている。といった感じです。

Church’s(チャーチ)Shannon(シャノン)のフィット感(実寸22cm:サイズ35)

  • タイツだとジャストフィット
  • 薄手の靴下だとタイトフィット
  • 厚手の靴下だとかなりタイトフィット

参考情報(普段のサイジング)

  • パンプスはS
  • NIKEなどのスニーカーは22.5cm

総評

チャーチ シャノン ポリッシュドバインダーカーフ

とにかく最初は革が固いようで難儀していたようですが、ストッキングからスタートし、今は薄手の靴下で使用しています。(靴下だとタイト気味になるようですが、まったく問題ないそうです)

このままいけばさらに革が伸び、インソール下のコルクが沈み最高のフィッティングになりそうとのこと。今までの靴と比べかなり歩きやすいようで靴が360℃足の形状にピタッとフィットしているそうです。

バーウッドに比べて、やや横幅がありますが、全長は若干短くなっています。そのため、足の形によっては35.5を選ぶと35のバーウッドと同じ感覚で履けるかもしれません。

関連記事

革靴の試着のポイントとサイズチャート

本格革靴を試着するときの注意点とポイント。
昨年から始まった靴戦争を制し、見事な靴パラノイアと化したミウラです。 革靴にハマるまではリーガル2足(しかも中古)をただ履きまわしてい...
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々...