Church’s(チャーチ)の名作革靴まとめ【メンズ編】

Church’sと言えば英国革靴界で数多くの名作を生み出しているまさに英国靴界の巨人。

今回はこのChurch’s(チャーチ)の名作と呼ばれている革靴達をまとめてみました。

※メンズモデルに限っています。


Church’sの名作シューズ一覧と価格

Consul(コンサル)内羽根ストレートチップ

品名 Consul(コンサル)
ラスト 173(ややロングノーズ)
スタイル ストレートチップ
羽根 内羽根
オススメシーン ビジネス
定価 84,240円(税込)
チャーチ コンサル(Church's Consul)の魅力に迫る。英国が誇る名作革靴の履き心地は?
Church's Consul(チャーチ コンサル)について 英国が誇る1873年創業の超老舗シューメーカーChurch's(チャーチ)の...

Church’sを語る上で決して外せないのが代表作となるConsul(コンサル)です。

ヨーロッパから調達できる最良のカーフを使ったシンプルなストレートチップ。冠婚葬祭からビジネスまで幅広く使うことができますし、何よりその耐久性にも定評があり十年近くは足元を支えてくれます。

チャーチの定番ラスト173を採用しており、新しすぎずかつ古すぎずの絶妙なフォルムとなっており、まさに男なら一足は持っておいて決して損はしない永遠の定番です。

Shannon(シャノン)外羽根プレーントゥ

品名 Shannon(シャノン)
ラスト 103(どっしりノーマルノーズ)
スタイル プレーントゥ(一枚革)
羽根 外羽根
オススメシーン カジュアル/ややビジネス
定価 99,360円(税込)
チャーチのシャノンに履き下ろし前のプレメンテをしました。【Church's Shannon】
チャーチ(Church's)のシャノン(Shannon)を履き下ろす前にやりたいこと。 チャーチのシャノン。 ドレスシューズ...

Church’sのもう1つの代表作がこのShannon(シャノン)です。

ラスト103を使ったコンフォータブルな履き心地、そして雨雪を侵入させずほぼケアフリーのポリッシュドバインダーカーフを採用したまさにカジュアルシューズの決定版として名高い一足です。羽根部分のスキンステッチや、大きく横に張り出したソールも見どころの1つ。

ミウラ家でもミウラ妻が2足も所有するほど大活躍している名作ですし、なにより007/慰めの報酬でジェームズ・ボンドが着用したモデルとしても有名です。

Diplomat(ディプロマット)内羽根セミブローグ

品名 Diplomat(ディプロマット)
ラスト 173(ややロングノーズ)
スタイル セミブローグ
羽根 内羽根
オススメシーン ビジネス/カジュアル
定価 89,640円(税込)
Church’s Diplomat(チャーチ ディプロマット)MTO完成!
ロンドンでMTOしたあいつがやってきた。 昨年、大変楽しんだイギリス旅行。大好きなチャーチのフラッグシップショップ「Church'...

あまりのカッコ良さに私自身もMTOしてしまったのが、セミブローグのディプロマット。

Diplomat=外交官の名の通り、ラスト173が持つエレガントな雰囲気と各ブローギングのバランス感がとても高いレベルでまとまっているのが特徴です。ブラックカーフのモデルも非常に人気が高く、オンオフ両方で活躍できる素晴らしいシューズです。

Chetwynd(チェットウインド)内羽根フルブローグ

品名 Chetwynd(チェットウインド)
ラスト 173(ややロングノーズ)
スタイル フルブローグ
羽根 内羽根
オススメシーン ビジネス/カジュアル
定価 89,640円(税込)
Church's Chetwynd(チャーチ チェットウインド) MTO完成!
とある冬の日…大きな国際便がミウラ家に届けられました。 かなりハードな長旅を感じさせる段ボール。 一体どこから・・・? ...

数ある英国製フルブローグで一番ブローギングやウィングチップの配列などのデザインが良いと思うのがチャーチのチェットウィンドです。ラストは173。

私を靴パラノイアに引き込むきっかけとなった靴でもあります。(笑)

あの英国ブレア首相もブラックカーフのチェットウィンドを愛用していたことでも有名な一度履けば足元が一気にBritishな雰囲気に変わってしまう魔法の靴です。

Burwood(バーウッド)内羽根フルブローグ

品名 Burwood(バーウッド)
ラスト 81(ややショートノーズ)
スタイル フルブローグ
羽根 内羽根
オススメシーン カジュアル/ややビジネス
定価 89,640円(税込)

チャーチには内羽根フルブローグの名作がなんと2つもあります。

それがこのバーウッドで、チェットウィンドとの違いはラストとアウトソールにあります。

まず使われているラストは81と呼ばれるものでチャーチのコレクションの中ではカントリーシューズに採用されています。短めのノーズにやや甲が高く丸っこい雰囲気が特徴のラストです。アウトソールはヒール部分が全てラバーの特殊なものを採用しています。

またアッパーの特徴として、雨雪に強いポリッシュドバインダーカーフを採用していることが多いモデルで、画像のサンダルウッドカラーのモデルはカントリーシューズの大定番といっても過言ではありません。

Fairfield(フェアフィールド)スエードの内羽根フルブローグ

品名 Fairfield(フェアフィールド)
ラスト 81(ややショートノーズ)
スタイル フルブローグ
羽根 内羽根
オススメシーン カジュアル/ややビジネス
定価 89,640円(税込)

チャーチでスエードの革靴を楽しみたいならこのフェアフィールドがオススメです。

英国製の素晴らしい品質のスエードを使用し、アウトソールは柔らかな履き心地が特徴のクレープソール。そしてラストはバーウッド同様の81とまさにコンフォータブルの結集といったところ。

Ryder(ライダー)チャッカブーツ

品名 Ryder(ライダー)
ラスト 81(ややショートノーズ)
スタイル チャッカブーツ
羽根 外羽根
オススメシーン カジュアル/ビジネス
定価 89,640円(税込)

チャーチはブーツでも死角はありません。

チャーチのブーツといえばこちらライダーシリーズです。様々なモデルが発売されているライダーシリーズですが、一番有名なのはこのスエードを採用したモデルではないでしょうか。アウトソールはクレープソールだったりダイナイトソールだったりと選択の幅が広いのが嬉しいポイントです。

ラストはバーウッド同様の81ですが、甲周りが高く設定されているため、よりリラックスフィットになります。チャッカブーツならではの優しい履き味も見逃せません。

Grafton(グラフトン)外羽根フルブローグ

品名 Grafton(グラフトン)
ラスト 173(ややロングノーズかつ大きめ)
スタイル フルブローグ
羽根 外羽根
オススメシーン カジュアル/ビジネス
定価 99,360円(税込)
シボ革グレインレザーの靴のお手入れ(シボ革靴磨き)
シボ革の靴はどうやってお手入れすればいいのか。 悪天候や悪路でもガンガン履けるような使い方を想定されたカントリーシューズに良く用い...
Church's(チャーチ)の外羽根と内羽根の大きさ比較
英国靴チャーチ(Church's)にハマってはや数年。 ときには直輸入、ときには表参道、ときには本国イギリスでと色々な場所でこの素晴ら...

そして最後に紹介するのがGrafton(グラフトン)です。

これはもう英国革靴の外羽根フルブローグを代表する一足と言っても全く過言ではないほどメジャーな一足です。分厚いダブルのアウトソールにストームウェルト。ヒールはデカクてゴツクてどんなところも走破できそう。

採用されるアッパーもポリッシュドバインダーカーフだったり、シボ革(ハイランドグレイン)だったりと雨雪に強いものが採用されることが多く、その迫力ある佇まいは重戦車と呼ばれることも。

私自身もシボ革のグラフトンを愛用しておりますが、少しでも天気が気になったり、草むらを歩きそうな場合は迷わずこの靴を手に取っています。お手入れも楽ちんですしね。

まとめ

ということで今回は英国の良心Church’sの名作(メンズライン)をまとめてみました。

質実剛健と呼ばれるチャーチの革靴は履いてこそ使ってこそナンボの逸品ばかり。

どのシューズも一度手に入れれば十数年は持つ耐久性に加え、決して時代遅れとはならない不変のデザインを持つ永遠の定番ばかりです。

是非お気に入りの1足を見つけて足元を英国風に彩ってみてはいかがでしょうか。