Church’s 103ラスト Ketsbyのサイズ感(チャーチ ケッツビー)

チャーチのフルブローグチェルシーブーツ。ケッツビー(Ketsby)

非常に高品質なダークブラウンのカーフスエードに雨雪に強いダイナイトソールとストームウェルトを装備した秋冬に頼れるナイスなやつです。

レディースモデルとして非常に有名なモデルのメンズバージョンでもあります。


1.各部分の寸法を測る

アウトソールの全長は32cm

 

アウトソールの最大幅は12cm

 

ボールジョイント部は17cm

 

第一関節部分は13.5cm

 

足首横の高さは14cm

 

2.実際に履いてみる

 


3.他のチャーチと比較

チャーチのプレーントゥの名作”シャノン(Shannon)”と同じ103ラストを使用していることから、他のチャーチと比較してみました。

103ラストKetsbyと173ラスト内羽根を比較

Church’s Ketsby(Last103 85F),Chetwynd(Last173 80G)

ラスト173の内羽根を用いたチェットウインド(Chetwynd)と並べてみました。

ややロングノーズかつ細目の木型となる173ですが、幅広のGウィズを選んでいます。

比べてみるとラスト103の85Fと80Gはほとんど同じ大きさなのがわかります。

ただトゥボックス部分はラスト173のほうがシャープですね。

【サイズ感】Church's(チャーチ) Chetwynd(チェットウインド) Last173 80F
チャーチが誇るフルブローグ、チェットウィンド チャーチのフルブローグといえばこのチェットウインド。英国紳士靴界で長い歴史を持つチャーチが誇る名作の一つとして数えられており、実際に手にするとブローグのバランス等が上品な一方で力強い面も見える...

 

103ラストKetsbyと173ラスト外羽根を比較

Church’s Ketsby(Last103 85F),Grafton(Last173 80G)

外羽根のラスト173とラスト103を比較。

ラスト173は内羽根と外羽根では大きさが違うことは有名です。

大きめと呼ばれる外羽根のラスト173ですが、上から見るとあまり変わりません。

Church's(チャーチ)の外羽根と内羽根の大きさ比較
英国靴チャーチ(Church's)にハマってはや数年。 ときには直輸入、ときには表参道、ときには本国イギリスでと色々な場所でこの素晴らしいシューズ達を購入してきました。 英国老舗ブランドとして名高いチャーチ(Church's)で...

 

しかし、トゥからバンプ部分を接写するとこの通り。

そのボリュームは103に匹敵するほどです。

もちろんトゥ部分のシャープさに差があるものの、バンプ部分のボリューム感はほぼ同じです。

【サイズ感】Church's(チャーチ) Grafton(グラフトン) Last173 80G
英国外羽根ブローグの超名作。チャーチグラフトンのサイズ感 チャーチには名作ドレスシューズが数多くありますが、根強い人気を持つのがこのグラフトンではないでしょうか。別名Golosh brogueとも呼ばれるこの靴はアメリカ靴のような...

 

103ラストとParaboot Williamを比較

Church’s Ketsby(Last103 85F),Paraboot William(85)

同じUKサイズとなるパラブーツのダブルモンク”ウィリアム”と比較。

・・・なんとほとんど同じレングス、同じ横幅でした!

なのでこのKetsbyと同じラスト(木型)を用いるシャノン(Shannon)の購入を考えている場合は、一つの指標になるかもしれませんね!

パラブーツ ウィリアム(Paraboot William) 8.5のサイズ感
最強の雨の日用革靴Paraboot(パラブーツ)のサイズ感 革靴LOVER達が右へ倣えをしながら愛用する雨の日用革靴、パラブーツ。 もちろん私も興味がない訳もなく、紆余曲折を得て無事?に入手することができました。 Paraboot...

 


4.Church’s(チャーチ)Ketsby103ラストのサイズ感まとめ

足の実寸が26.5cmで幅広の私にとって85F(last103)のチャーチ ケッツビーはややリラックスフィッティング。全体的にほど良いフィット感があります。指回りも問題ありません。

踵の食いつきが若干甘い感じがありますが、これはサイドゴアブーツの宿命のようなものなのであまり気になりません。(紐靴ではないので締め付けには限度があります)

捨て寸は他のドレスシューズ同様1.5-2cm程度、見た目的にも身長に合った靴を履いている。といった感じです。ただ、ストームウェルトが360度付いているためアウトソールは多少大き目です。

  • ビジネスソックスでリラックスフィット
  • 普通の靴下だとややリラックスフィット
  • 厚手の靴下だとジャストフィット

参考情報(普段のサイジング)

  • チャーチ173ラスト 80G
  • チャーチ103ラスト 85F
  • ジョンロブ7000ラスト 80EE
  • パラブーツ 85
  • ALDEN モディファイドラスト 8.5E
  • ALDEN バリーラスト 9D
本格靴の共通サイズガイドライン
本格靴の共通サイズガイドライン Johnlobb、EdwardGreen、J.M.WESTON、Church's、Aldenなどなど、様々な素晴らしい本格靴を愛する際に毎回頭を悩ませるのがサイズ問題だと思います。 本格靴にハマり始め...

総評

購入して1年くらいですが、スエードの質が良いためかあまり型崩れもしておらず、ゴムもまだまだ劣化していないため足に程よくフィットしています。

長期に保存しているとスエードが固くなってくるときもありますが、スエードスプレーをかけるとすぐに復活することもあり、まだまだ秋冬に活躍してくれそうです。


スエード靴を履き下ろす前の記事はこちらから!

スエード靴を履き下ろす前のプレメンテ手順。(履く前のお手入れ)
先日、ついに手に入れたスエードチャッカブーツ。 悩みに悩んで私が選んだのは高品質な靴作りで有名な英国靴の超老舗Crockett&Jones(クロケットジョーンズ)のChiltern(チルターン)です。 クロケット...

コロニルのスエードスプレーの記事はこちらから!

https://miura-na-hibi.com/collonil-supreme-1909-spray/
タイトルとURLをコピーしました