Paraboot(パラブーツ)パリ グルネル通り本店で純正ブラシを購入する。

つい昨年2016年にフランス国内で新たな生産拠点が誕生したばかりのパラブーツ。1908年から続く超老舗のこのシューメーカー、メードインフランスにこだわり続け、使用する革の7割りはフランス国内から供給。年間20万足を世に送り出してフランス国民を中心に全世界の人々の足元を支え続けながら、決してラグジュアリーではなくハイクオリティをモットーに靴を創り続ける。そんなブランドです。

ミウラ自身もボルドーカラーのウィリアムを愛用しており、その堅牢性には高い信頼を置いています。

Paraboot William Bordeaux

関連記事:Paraboot William(パラブーツ ウィリアム)を購入。


パラブーツ、パリグルネル通り本店

さて、そんなパラブーツグルネル通り本店はパリの中心部から南へ行ったサンジェルマン通りのさらに南にあります。ちょっと狭い路地にお店はあります。

暑い7月のパリ。買ったばかりのラコステのポロシャツと短パンで入店!(笑)

車の路上駐車がいつでも多いエリアのようですね。まさかのレンタカーで行く方はいないと思いますが相当縦列駐車のテクニックが無いと難しいと思います。(笑)

店内ではソルド中とあってすでにお客さんが!しかも結構なおじいちゃん。パラブーツはやっぱりフランス国民に愛されているんだなあ。

どれどれ、店内をまわってみます。広さはパラブーツ青山店をもう少しだけ広くしたくらいでしょうか。

関連記事:東京旅行3日目(ハワイ最強バーガーとパラブーツ青山店編)

本店なだけあってすさまじい種類のパラブーツが。

メンズ定番品コーナー

見たことあるやつばかりですが、真っ青なシューズがとっても美しくて目を奪われました。

気になる本国価格とメンズ名作+ソルドコーナー

こちらはシャンボード、アヴィニョン、ミカエルなどの名作達+ソルド対象のコーナー

定番品はやっぱりソルド対象にはならないそうでしたが、さすが本国そもそも超安い。(笑)

  • シャンボードが360€(約4万円)
  • ウィリアムが380€(約4.3万円)

たぶん日本価格の2/3くらいでしょうか?いずれにせよ安い!

ちなみに左奥にある真黒のミカエルはオール猪毛のレザーを使っている限定品だそうです。でもソルド対象でした。

レディース定番コーナー

レディースシューズコーナーでは定番品がずらり。

ソルド対象ではなかったですが、価格はメンズコーナーに準ずる形なのでやっぱり安い!

レディースソルド+革製品コーナー

レディースのソルドコーナーに革製品コーナー。いやー画面右側にあるオールレザーのトートバッグ、買えば良かった~!と今でも思っています。確か70€ほどでした。

その隣にはレオンフラムとのコラボバッグがありました。

さて、さっきまでおじいちゃんがいた方にも行ってみよう。

こっちにも素敵な靴がたくさんあるなあ~。

・・・!?

もしかして、あの奥にあるのは!!

パラブーツのホーウィン製コードバンコレクション

Paraboot Horween Shell Cordovan Collection

やっぱりそうでした。

パラブーツのコードバンコレクションです。これ日本では期間限定で展開されてましたが、本店では普通に売っているんですねえ。上からウイングチップブーツ、パンチドキャップトウ、ローファー、キャップトウブーツの4種類でした。

もちろんアッパーはオールデンと同じホーウィンのカラー8です。

気になる価格は何と770€(約8.7万円)結構安くないですか?

店員さんも激PUSHの逸品でした!

日本でもシャンボードで展開が始まりました。

女性はパラブーツといったらこちらのモデルのほうが有名かもしれませんね。

ミカエルフォックシリーズ。ウサギの毛でした。

ちなみにアザラシ毛バージョンの生産について聞いてみると現状としては生産停止ではなく、生産中止のようです。見込みゼロ。なので現在出回っているアザラシ毛は今後ドンドン価値が上がっていくかもしれませんね。

どうもパリの靴屋には靴の分解モデルが置いてある傾向があるような・・・(笑)

関連記事:エドワードグリーン フランスのパリ店にてDoverを買う。

左からリスレザーのアッパー、先芯、インナー、インソール、ウェルト、ミッドソール、アウトソールですね。よく見るとこのリスレザー真っ赤ですけどこんなのありましたっけ。さすが本店。

とまあ、いいだけウィンドウショッピングをして退散。

ウェストンとグリーンで私の予算は尽きてしまいました・・・。

しかし、入店=買うが基本のフランスで何も買わない訳にはいきません(ミウラは郷に従う傾向がかなり強いのです)

ということで実は欲しかったパラブーツ用のブラシをGET!

12ユーロでした(約1500円くらい)

Paraboot純正ブラシを購入。

このブラシ、結構固めの豚毛を使っていて弾力性に富んでいます。

ミウラはボルドーカラーのウィリアムを所有しているので、これまではバーガンディ用の豚毛ブラシを使いまわしていたのですが、どうも純正グリースがブラシに付いてちょっとブラシの質感が変わりそうだったんですよね。おそらくオイルドレザーのブラシって本来は別にするべきなんでしょう。

そんなこともあってちょうどパラブーツ用のブラシを探していたわけです。

パラブーツをパラブーツのブラシで磨く。こういうのいいですよねえ。

ただワタクシパラブーツの純正シューツリーを所有してませんで、というのも雨雪に強いパラブーツなのにポリッシュ仕上げの吸湿性が悪いツリーしか定番では売ってないんです。

どうもたまーに期間限定でレッドシダーのツリーが販売されるらしいのでそれを待っています。

話はだいぶ反れましたが、パラブーツのグルネル通り本店。アイテムの数もさることながら店員さんも素晴らしい方なので是非行ってみてください!楽しいですよ。

楽天市場でParaboot(パラブーツ)のセールを見てみる!

Paraboot関連記事

パリ旅行記の記事はこちら!

パリ旅行記 1日目(パリに到着編)
花の都パリ。 美食の街パリ。 死ぬまで一度は行きたい街、パリ。 パリを修飾する魅惑的な言葉は数多くありますが、私自身はそれ...